【2021年最新】ゲーム化した小説のおすすめ人気ランキング5選

小説,ゲーム化,おすすめ メディアミックス作品
スポンサーリンク

ゲーム化した小説のおすすめ人気比較ランキングトップ5です。各ゲーム化した小説のあらすじや価格情報からクチコミやレビューまでを徹底的にランキング形式でご紹介!みんなが選んだおすすめのゲーム化した小説をあなたにお届けします。

スポンサーリンク

おすすめのゲーム化した小説の魅力とは!?

小説,ゲーム化,おすすめ

小説の中にはゲーム化された作品が多々あります。ゲームをプレイした後に小説を読むのも、小説を読んだ後にゲームをプレイするのもおすすめです。活字と映像の2つの視点からストーリーを見ることで理解が深まったり、新たな発見があるでしょう。そこでゲーム化した小説のおすすめ人気比較ランキングを徹底紹介します!

ゲーム化した小説のおすすめ人気比較ランキング

5位:司政官


~内容~

星々に進出した地球人類。だが連邦軍による植民惑星の統治が軋轢を生じさせるに及び、連邦経営機構が新たに発足させたのが司政官制度である。官僚ロボットSQ1を従えて、人類の理解を超えた原住者種族を相手に単身挑む若き司政官たちの群像。著者を代表する、遠大な本格SF未来史の短編全7作を年代順に配し、初の一巻本として贈る。巻末には詳細な作品世界ガイドを収録した。

(「BOOK」データベースより)

価格 908円
ジャンル SF小説
出版社 東京創元社
著者 眉村 卓
ページ数 727ページ
口コミ
口コミ

"この短編集に掲載されている短編は既に他の短編集でも掲載されいている。しまも私はその短編集2冊を既に持っていたが、あえてこの本も購入した。それは、著者がこの本に向けたあとがきを収録しているからだ。司政官シリーズの大のファンとして、これは見逃せなかった。
しかし、この本の魅力は、あとがきだけではない。今までの短編集は、短編の発表順であったが、この本では司政官制度の年度順で収録されている。何度も読み返した短編をあらためて年度順に読んでみると、著者の構想力の素晴らしさに驚嘆した。私のように既に発表順でまとめられた短編集を持っている司政官ファンにもお勧めである。
司政官シリーズの世界観とロボット組織は意外に理解が難しいが、これに対する詳しくわかりやすい解説がついている、そのことにより、本短編集を初めて読む人にとって、すぐにこの世界へ没頭できる知識を簡単に得られる。この本で初めて司政官シリーズを知ることになる人たちにもお勧めである。
"amazon.co.jpより

4位:指輪物語


~内容~

恐ろしい闇の力を秘める黄金の指輪をめぐり、小さいホビット族や魔法使い、妖精族たちの果てしない冒険と遍歴が始まる。数々の出会いと別れ、愛と裏切り、哀切な死。全てを呑み込み、空前の指輪大戦争へ。―世界中のヤングを熱狂させた、不滅の傑作ファンタジー。旧版の訳にさらに推敲を加え、新たに『追補編』を収録した「新版」です。トールキン生誕100年記念出版。

(「BOOK」データベースより)

価格 2420円
ジャンル 文芸作品
出版社 評論社
著者 トルーキン
ページ数 404ページ
口コミ
口コミ

"映画をみて虜になって原作も読んでみようかという人へ書きます。結論から言うと是非読むべきです。私は映画を見てからシリーズを読みましたが凄く気に入りました。映画はスピード感満点でよかったですが、原作は物凄く濃厚で本当にのめりこめます。恐らくこの濃厚さは原作を読まないと味わえませんよ。
"amazon.co.jpより

3位:すべてがFになる


~内容~

孤島のハイテク研究所で、少女時代から完全に隔離された生活を送る天才工学博士・真賀田四季。彼女の部屋からウエディング・ドレスをまとい両手両足を切断された死体が現れた。偶然、島を訪れていたN大助教授・犀川創平と女子学生・西之園萌絵が、この不可思議な密室殺人に挑む。新しい形の本格ミステリィ登場。

(「BOOK」データベースより)

価格 869円
ジャンル ミステリー小説
出版社 講談社
著者 森 博嗣
ページ数 524ページ
口コミ
口コミ

"森博嗣さんの作品が好きで今までヴォイドシェイパシリーズ、スカイクロラシリーズを読んできました。その後にこの作品を読みましたが、森博嗣さんの得意分野?が全面に出た比類なきミステリィ作品でした。大変満足です。"amazon.co.jpより

2位:銀河英雄伝説


~内容~

遠未来の宇宙。専制君主が支配する帝国と、独裁に抵抗する自由惑星同盟、そして帝国領でありながら陰で権力を操るフェザーン自治領という銀河の盤面で繰り広げられる英雄たちの闘争と栄光を描いた宇宙叙事詩は、刊行から現在に至るまで日本SFの金字塔として永らく読者を魅了し続けている。『銀河英雄伝説』を愛してやまぬ作家たちが捧げる六編を収録する公式トリビュート短編集。

(「BOOK」データベースより)

価格 1700円
ジャンル SF小説
出版社 東京創元社
著者 石持 浅海/太田 忠司/小川 一水/小前 亮/高島 雄哉/藤井 太洋
ページ数 400ページ
口コミ
口コミ

"読み始め数ページをめくった時には涙がこみ上げていました、特に悲しい場面でも歓喜のシーンでもなくただ、ただ銀英伝の世界が目前に広がっていることの喜びに鼻をすすり目をこする自分がいました。銀英伝の歴史がまた1頁
すばらしい作品を紡いでいただいた作家のみなさま本当にありがとう。
"amazon.co.jpより

1位:魔女たちの長い眠り


~内容~

人間って、本当に馬鹿だわ。見当外れのことでわざわざ、私たちを駆り立てて…。人間が私たちに勝てるわけがないのに―。夜が降りてきた。暗がりが町を大きな翼で包みこむ。静かで平和に見える町の背後で起こる動機不明の連続殺人事件。誰が敵で誰が味方か。狂気と憎悪と混乱が渦巻く中で、人間の想像を超えた恐るべき何かが動き始めた!闇と血が支配する「谷」の秘密とは?戦慄のサスペンス・ホラー。

(「BOOK」データベースより)

価格 704円
ジャンル ホラー小説
出版社 KADOKAWA
著者 赤川 次郎
ページ数 320ページ
口コミ
口コミ

"赤川次郎さんの本はかなり読んだけど、これはいつものユーモアミステリーとは違いました。ラブホテルで起きた人違い殺人から、連続殺人、警察内に犯人がいるとにらんだ刑事は孫が誘拐されてしまう。吸血鬼が巣食う街との対決に向かって刑事、その娘、その街出身の女性、その恋人の旅が始まります。孫が持つ超能力、吸血鬼など、いつもの赤川次郎さんの作品とはことなりホラーの雰囲気です。でも最後に刑事らの話から、一番怖いのは「人間」だという当たり前の答えに気付く。
犠牲者が多すぎて後味は良くはなく、またキレイに解決したわけでもない。でもスリリングで引き込まれた作品でした。
"amazon.co.jpより

ゲーム化した小説のおすすめまとめ 

小説,ゲーム化,おすすめ,まとめ

ここまでゲーム化した小説の魅力とおすすめ人気比較ランキングを紹介してきましたがいかがでしたか。この記事がみなさんの小説選びの一助になっていれば幸いです。みなさんの読書生活がよりよいものになることを切にねがっております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました