【2021年最新】日本ファンタジーノベル大賞のおすすめランキング10選

日本ファンタジーノベル大賞,おすすめ 小説
スポンサーリンク

『日本ファンタジーノベル大賞』受賞作品のおすすめ人気比較ランキングトップ10です。各日本ファンタジーノベル大賞受賞作品のあらすじから特徴、価格までを徹底的にご紹介!みんなが選んだおすすめの『日本ファンタジーノベル大賞』受賞作品をあなたにお届けします。

スポンサーリンク

おすすめの作品がいっぱい!日本ファンタジーノベル大賞とは!? 

日本ファンタジーノベル大賞,おすすめ

『日本ファンタジーノベル大賞』は1989年に創設された、未発表の創作ファンタジー小説を対象とした、プロ・アマを問わない公募型の文学賞です。 日本ファンタジーノベル大賞を受賞した作品は、新潮社から刊行されるのが特徴で、受賞作の中にはアニメ化された作品もあります。

2021年最新の日本ファンタジーノベル大賞受賞作品

日本ファンタジーノベル大賞:『約束の果て: 黒と紫の国』


~内容~

父が託した二つの遺物、それが全ての始まりだった。偽史と小説、大国・伍州で生まれ、その奇抜を極めた内容から遠古より虚構とされてきた二書には、伝説の国、壙と〓南(じなん)の王を巡る、ある“悲劇”が記されていた。数奇なる運命のもと、時代、国境を越え読み解かれていった、物語の結末とは。そして、書に導かれるかのごとく約束の地を訪れた「私」が目撃した光景とは―。二つの虚構が交わる時、世界の果てに絢爛たる真実が顕れる。5000と70年の時を繋ぐ、空前絶後のボーイ・ミーツ・ガール。「日本ファンタジーノベル大賞2019」受賞者による破格のデビュー作。

(「BOOK」データベースより)

価格 1760円
受賞年度 2019年
著者 高丘哲次
ページ数 304ページ

日本ファンタジーノベル大賞受賞作品のおすすめ人気比較ランキング

10位:クロニカ 太陽と死者の記録


~内容~

インカ帝国を滅ぼしたスペイン最強の武器は「文字」だった!文明の衝突に挑むマジックリアリズムの超新人デビュー。第13回日本ファンタジー大賞『太陽と死者の記録』を改題し刊行。

(「BOOK」データベースより)

価格 800円
ジャンル ファンタジー小説
出版社 新潮社
著者 粕谷 知世
ページ数 365ページ
口コミ
口コミ

"たまたま購入したのですが、読み終わった後、何とも言えない優しい気持ちになれました。話自体はインカが征服されていく過程を背景に持っているため、決して明るい内容ではないはずなのですが、ミイラの何とも言えない温かい語りや少年とのやり取りを通して、人々は何を大事にすべきか、何を誇りとして生きていくべきかを考えさせられる本でした。征服される側で書かれた話しでありながら、ただ一方的にどちらかを非難したり賞賛するような偏った部分がなく、とても公平に客観的な歴史的事実を踏まえており、その部分にも大変好感が持てました。インカや中南米を知りたい人はもちろん、歴史に全然関心のない方でもお話として楽しめる小説だと思います。最近、あまり良い小説に出会えずドキュメント系に走っていたのですが、久しぶりに良い小説に出会えてとても嬉しかったです。"amazon.co.jpより

9位:さざなみの国


~内容~

このままでは愛する村が滅亡する。未来を悟ったとき、少年さざなみは旅立った。一匹の猫と共に…執拗に続く謎の襲撃、馬を愛する王女・甘橘との遭遇、剣の使い手の美少女・桑折との奇縁。やがて巷に死病が流行した時、さざなみの身体に潜む不思議な力が、人びとの運命を一変させていく。古代中国を舞台に、癒しの極致を描く志怪ファンタジー。第23回日本ファンタジーノベル大賞大賞受賞作。

(「BOOK」データベースより)

価格 2450円
ジャンル ファンタジー小説
出版社 新潮社
著者 勝山 海百合
ページ数 222ページ
口コミ
口コミ

"〈このままでは愛する村が滅亡する。未来を悟ったとき、少年さざなみは旅立った。一匹の猫とともに・・・ 執拗に続く謎の襲撃、馬を愛する王女・甘橘との遭遇、剣の使い手の美少女・桑折との奇縁。やがて巷に死病が流行した時、さざなみの身体に潜む不思議な力が、人びとの運命を一変させていく。 古代中国を舞台に、癒しの極地を描く志怪ファンタジー!〉
・・・という帯のストーリーダイジェストを読んで「強い使命感を持ったヒーローが、力強く運命を切り開き、大活躍の末に人びとを救ってハッピーエンド!」というようなハラハラドキドキの冒険物語を期待した人は、たぶんがっかりしたと思います。
残念ながらこの作品は、そういう話ではありません。
さざなみという平凡で地味な男が、ただ運命のままに生きて死んだその人生が、巡り巡って故郷の湖の再生という奇跡を起こす、そんな巡り合わせの摩訶不思議を描いた物語です。
人間は、無力でちっぽけで、でも巨大な世界にとって必要な存在なのだなと、そんな気持ちにさせてくれる心癒される不思議の物語。
"amazon.co.jpより

8位:月桃夜


~内容~

奄美の海を漂う少女の元に、隻眼の大鷲が舞い降り、語り始めたある兄妹の物語。親を亡くし、一生を下働きで終える宿命の少年フィエクサと少女サネン。二人は「兄妹」を誓い、寄り添い合って成長したが、いつしかフィエクサはサネンを妹以上に深く愛し始める。人の道と熱い想いの間に苦しむ二人の結末は―。南島の濃密な空気と甘美な狂おしさに満ちた禁断の恋物語、待望の文庫化。日本ファンタジーノベル大賞大賞受賞作。

(「BOOK」データベースより)

価格 2170円
ジャンル ファンタジー小説
出版社 新潮社
著者 遠田 潤子
ページ数 343ページ
口コミ
口コミ

"日本ファンタジーノベル大賞の大賞受賞作である。一気に読んだ。この賞の受賞作は読むのに苦労する作品が結構ある。良く言えば枠にとらわれることがない、悪く言えば一般受けしないマニアックな作品が多いからだ。ごく普通の読書人にはちょっとハードルが高い。相当の読書家でないと作品の面白さがわからないことがある。が、この作品は一気に読めた。けれんのない、物語性の豊かな作品である。舞台は200年前の奄美大島。そこに現代の奄美の海上を漂う少女と鷲の語りが交わる。琉球は歴史の授業に出てきても、奄美については習ったことがない。こんな過酷な歴史があったのだ。その時代に生きた兄妹の愛。理不尽な世の中を生きる人々の生。人の弱さ、狡さ、悲しみを見事に描いている。
物語の最後で語られる言葉は、そこまで読み進んできた者の胸に深く刺さる。「おまえも一粒の椎だ」この本を手に取り、この言葉の意味をぜひ知って貰いたい。この言葉を必要としている人が、現代にも多くいるはずだ。読書の喜びを存分に味わわせてくれる物語だと思う。
"amazon.co.jpより

7位:ラス・マンチャス通信


~内容~

姉の体の上に息荒くのしかかる「アレ」に手を下した瞬間から、僕の人生の歯車は大きく狂い始めた。施設に収容され、理不尽な仕事でこき使われ、刻印された黒い染みに翻弄される、切なくも数奇な運命。ついに流れ着いた山荘で見た衝撃のものとは…。無垢な魂がさまようカフカ的幻想世界を、圧倒的なマジックリアリズムで描く異形のビルドゥングスロマン。第16回日本ファンタジーノベル大賞、大賞受賞作、待望の文庫化。

(「BOOK」データベースより)

価格 607円
ジャンル ファンタジー小説
出版社 角川グループパブリッシング
著者 平山 瑞穂
ページ数 319ページ
口コミ
口コミ

"ラス・マンチャスとは、作品中の架空映画に出てくる呪われた一族のことだという。これが最後までうまく小説世界のイメージを統一している。第一章だけ、少し異質だ。これは知的障害者の兄がいる家庭をグロテスクに描いたともとれ、テーマがこの章だけでも小さく独立しているからだ。
全体的に少ない登場人物ながら、各章に新しいキャラクターを登場させ、物語を淀ませることなく進めていく。はじめは少しだけ現実から遊離していた世界が、徐々に加速度を上げて遠ざかっていく。「僕」が最後に帰ろうとしている本来所属していた場所とは、決して現実世界ではない。それはおそらく、更に遠く呪われた世界に違いなかろう。 合掌。
"amazon.co.jpより

6位:オルガニスト


~内容~

ドイツの音楽大学で教鞭をとるぼくに、一枚のディスクが持ち込まれた。ブエノスアイレスで活動するというそのオルガニストの演奏は、超絶的な技巧に溢れ、天才の出現を予感させたのだが…。最上の音楽を奏でつづけるために神に叛いた青年、そして哀切な終焉。バッハのオルガン曲の旋律とともに、音楽に魅入られし者の悦びと悲しみを描出する第10回ファンタジーノベル大賞受賞作。

(「BOOK」データベースより)

価格 264円
ジャンル ファンタジー小説
出版社 新潮社
著者 山之口 洋
ページ数 381ページ
口コミ
口コミ

"ファンタジーノベル大賞というのは本当に底の知れない文学賞だ。これをファンタジーというか?と思うが、ほかに分類の仕方は思いつかない。どちらかといえば怖い話だ。その怖さに妙に惹かれて、年に数回は読み返す。音楽は門外漢だが、少しでもクラシックをかじった方なら、なお怖いかもしれない。医学物が好きな方にもお勧めする。そっち方面の怖さだからだ。文章は達者で、ほとんど引っかかりなく読める。"amazon.co.jpより

5位:隣のずこずこ


~内容~

「村を壊します。あなたたちは丸呑みです。ごめんね」二足歩行の巨大な狸とともにやってきたあかりさんはそう告げた。村を焼き、村人を呑み込む“権三郎狸”の伝説は、古くからこの地に語り継がれている。あれはただの昔話ではなかったのか。中学3年生の住谷はじめは、戸惑いながらも抗おうとするが―。恩田陸、萩尾望都、森見登美彦が絶賛した、日本ファンタジーノベル大賞2017受賞作!

(「BOOK」データベースより)

価格 693円
ジャンル ファンタジー小説
出版社 新潮社
著者 柿村 将彦
ページ数 336ページ
口コミ
口コミ

"デタラメな話が始まったかと思ったが違いました。震えるような読了感でギャップにびっくりです。後半の主人公の容赦ない描写に目を背けたくなりました。人生80年と言いますが、いつ終わるのかもわからないものです。色々な生き方がありますね。人生はエゴの塊です。自分の生きる理由には自分の考えが採択されれば良いと思います。死んでしまえば誰かの記憶になるだけ。それが奪われたら生きる意味なんてあるのかしら。それこそエゴしか残らないですね。権三郎狸の不条理さは「変身」を思い出させます。現実には起こり得ないことをどう解釈するか、あるいは解釈しないか。ファンタジーの読み方は自由です。大賞に相応しい良作だと感じました。
"amazon.co.jpより

4位:バガージマヌパナス


~内容~

19歳の綾乃は島での楽園生活を満喫し、大親友のオバァ、オージャーガンマーと遊び暮らす日日。しかしある日夢の中に神様が現れ、ユタ(巫女)になれと命じる。「あーっワジワジーッ」徹底抗戦の構えの綾乃だったが、怒った神様の罰もあり、やがてユタへの道を歩むことに…。溢れる方言と三線の音、抜けるような空に映える極彩色、豊かな伝承と横溢する感情。沖縄が生んだ不世出の才能の記念碑的デビュー作。

(「BOOK」データベースより)

価格 589円
ジャンル ファンタジー小説
出版社 KADOKAWA
著者 池上 永一
ページ数 320ページ
口コミ
口コミ

"40代のウチナーンチュの私にとっては身近過ぎる内容でした。私自身、沖縄を離れて客観的に沖縄を見たら、やはり異国だと思う。作り話の様だけど、真実も多く含まれてる。沖縄ってそういう場所なんです。猫のまじない、懐かしい。鼻ヤーチューはされた事は無いけど、普通のヤーチューはそっちゅうだった(汗)。沖縄を知れば、単なるファンタジーではなく、実話といっても過言じゃないのがわかるはず。沖縄って、ホント面白い。"amazon.co.jpより

3位:後宮小説


~内容~

時は槐暦元年、腹上死した先帝の後を継いで素乾国の帝王となった槐宗の後宮に田舎娘の銀河が入宮することにあいなった。物おじしないこの銀河、女大学での奇抜な講義を修めるや、みごと正妃の座を射止めた。ところが折り悪しく、反乱軍の蜂起が勃発し、銀河は後宮軍隊を組織して反乱軍に立ち向かうはめに…。さて、銀河の運命やいかに。第一回ファンタジーノベル大賞受賞作。

(「BOOK」データベースより)

価格 649円
ジャンル ファンタジー小説
出版社 新潮社
著者 酒見 賢一
ページ数 303ページ
口コミ
口コミ

"読み物として大変に面白く、かつ読みやすい。色々な考証を重ねて突っ込みたい方々もいらっしゃると想像に易いが、そもそもこれは中国王朝をモデルとしたファンタジーなので、そのへんはあまり突っ込まずに読むのがよろしい。
読みやすい。人物がみなふくよかに、しかし淡々と描かれている。歴史はあまりある記録のどれが取捨選択されるかで決まるのである、という前置きの元に進む銀河の易い成り行きはメタ構造っぽく語られており、筆者は常に読者の場所まで下りてきている。子供っぽくて変わり者の銀河が後宮に入るところから始まる物語は後宮の消滅によって唐突に終わるが、その去り際も鮮やかだ。後宮小説なのだから、後宮が無くなれば書くことはないと作者はあっさりと話を結する。
蛇足もなんだかほっこりする。
"amazon.co.jpより

2位:太陽の塔


~内容~

私の大学生活には華がない。特に女性とは絶望的に縁がない。三回生の時、水尾さんという恋人ができた。毎日が愉快だった。しかし水尾さんはあろうことか、この私を振ったのであった!クリスマスの嵐が吹き荒れる京の都、巨大な妄想力の他に何も持たぬ男が無闇に疾走する。失恋を経験したすべての男たちとこれから失恋する予定の人に捧ぐ、日本ファンタジーノベル大賞受賞作。

(「BOOK」データベースより)

価格 539円
ジャンル 青春小説
出版社 新潮社
著者 森見 登美彦
ページ数 237ページ
口コミ
口コミ

"森見登美彦さんの「四畳半神話大系」を読んで、こちらも評判がよかったので購入しました。「京都へよく行く人は頭の中ですぐ情景が浮かんできます」と書きましたが知らない人でも容易に想像出来るでしょう。それほど小さな世界の中で繰り広げられる物語なんです。サラッと読めるので一度読んでみては?"amazon.co.jpより

1位:僕僕先生


~内容~

舞台は中国唐代。元エリート県令である父親の財に寄りかかり、ぐうたら息子の王弁は安逸を貪っていた。ある日地元の黄土山へ出かけた王弁は、ひとりの美少女と出会う。自らを僕僕と名乗るその少女、実は何千何万年も生き続ける仙人で…不老不死にも飽きた辛辣な美少女仙人と、まだ生きる意味を知らない弱気な道楽青年が、天地陰陽を旅する大ヒット僕僕シリーズ第一弾!「日本ファンタジーノベル大賞」受賞作。

(「BOOK」データベースより)

価格 649円
ジャンル ファンタジー小説
出版社 新潮社
著者 仁木 英之
ページ数 348ページ
口コミ
口コミ

"美少女仙人の僕僕とその弟子王弁との距離感がなんとも云えず良い。王弁は僕僕を師と慕いながらも、魅力的な女性として感じ、思慕と恋心の狭間で懊悩し、一方僕僕は弟子の気持ちもやぶさかではなく思っているところは上質な恋愛小説を読んだ気分です。勿論、神仙の世界に旅をしたりなど冒険ファンタジーも楽しめるのですが、無限に等しい時を生きる僕僕と人間の時間しか生きられない弟子との邂逅が切なく哀しくまた愛しく思いました。ファンタジー要素も面白いのですが、人が確り描けているのがこの小説が受け入れられた要因かと思います。"amazon.co.jpより

日本ファンタジーノベル大賞以外のおすすめの作品賞は?

直木賞

直木賞は、大衆文学に贈られる賞で日本で有名な賞の一つと言えるでしょう。娯楽性の高い面白い本が受賞される傾向があります。娯楽性の高い小説や本当に面白い小説を読みたい方はこの賞の受賞作を手に取ってみると良いでしょう。

【2021年最新】直木賞受賞作品のおすすめランキング15選!芥川賞との違いや特徴まで!
【最新版】直木賞受賞作品のおすすめ人気比較ランキングトップ15です。各直木賞受賞作品のあらすじから芥川賞との違いや特徴までを徹底的にご紹介!みんなが選んだおすすめの直木賞受賞作品をあなたにお届けします。

芥川賞 

芥川賞は純文学を対象にした文学賞で、直木賞と並び日本で最も有名な賞といえるでしょう。

芸術性や文章の美しさなどが審査の対象になります。純文学が好きな方や小説に芸術性を求める方は芥川賞受賞作品を読むのをおすすめします。

【2021年最新】芥川賞受賞作品のおすすめランキング20選!直木賞との違いや特徴まで!
【最新版】芥川賞受賞作品のおすすめ人気比較ランキングトップ20です。各芥川賞受賞作品のあらすじから直木賞との違いや特徴までを徹底的にご紹介!みんなが選んだおすすめの芥川賞受賞作品をあなたにお届けします。

江戸川乱歩賞 

江戸川乱歩賞はミステリー小説や推理小説などを対象とした賞です。ミステリー好きな方や意外性を求める方におすすめです。また、受賞後のサポートがしっかりしているのもこの賞の特徴と言えるので、気に入った作品があったら、その作家さんの他の作品を取って見るのもいいでしょう。

【2021年最新】江戸川乱歩賞受賞作品のおすすめランキング25選!特徴や歴史まで!
【最新版】江戸川乱歩賞受賞作品のおすすめ人気比較ランキングトップ25です。各江戸川乱歩賞受賞作品のあらすじや価格情報からクチコミやレビューまでを徹底的にランキング形式でご紹介!みんなが選んだおすすめの江戸川乱歩賞受賞作品をあなたにお届けします。

本屋大賞 

本屋さんの書店員だけが投票して選ばれる賞です。本屋さんが選ぶ作品ですので有名無名にかかわらず、本当に面白い小説が選ばれることが多いです。作品選びに失敗したくない方や作品世界に引き込まれたい方におすすめです。

【2021年最新】本屋大賞受賞作品のおすすめランキング15選!特徴や歴史まで!
【最新版】本屋大賞受賞作品のおすすめ人気比較ランキングトップ15です。各本屋大賞受賞作品のあらすじや価格情報からクチコミやレビューまでを徹底的にランキング形式でご紹介!みんなが選んだおすすめの本屋大賞受賞作品をあなたにお届けします。

星新一賞 

SFなどの「理系文学」を対象にした賞です。星新一さんがショートショートの名手だったこともあり、短編やショートショートが対象になります。SF小説が好きな方はもちろんですが、短編で読みやすいので読書慣れしていない方や読書の時間があまり取れない方におすすめです。

日本SF大賞

日本SF大賞は、1980年に日本SF作家クラブが設立した文学賞です。SFジャンルの中で、プロの作家がプロの作品を選ぶ形式の賞では初めてで、小説以外にも漫画やノンフィクションなども受賞しているのが特徴です。

【2021年最新】日本SF大賞受賞作品のおすすめランキング10選
【最新版】日本SF大賞受賞作品のおすすめ人気比較ランキングトップ10です。各日本SF大賞受賞作品のあらすじから特徴、価格までを徹底的にご紹介!みんなが選んだおすすめの日本SF大賞受賞作品をあなたにお届けします。

すばる文学賞

「すばる文学賞」とは集英社主催の純文学の公募新人文学賞で、エンターテメイト性を兼ね備えた作品が選ばれることが多いのが特徴です。芥川賞の候補にも挙がる文学賞でもあり、注目度の高い文学賞の一つと言えるでしょう。ストーリー重視の純文学を読みたい方におすすめの賞です。

【2021年最新】すばる文学賞受賞作品のおすすめランキング10選
【最新版】すばる文学賞受賞作品のおすすめ人気比較ランキングトップ10です。各すばる文学賞受賞作品のあらすじから特徴、価格までを徹底的にご紹介!みんなが選んだおすすめのすばる文学賞受賞作品をあなたにお届けします。

山本周五郎賞

「山本周五郎賞」は三島由紀夫賞と同時に1988年に創設されました。昭和期に大衆文学や時代歴史小説で有名な山本周五郎にちなんで、目を見張るような物語性を有する小説に贈られる文学賞です。一般には「山本賞」や「山周賞」などと呼ばれています。

【2021年最新】山本周五郎賞受賞作品のおすすめランキング10選
【最新版】山本周五郎賞受賞作品のおすすめ人気比較ランキングトップ10です。各山本周五郎賞受賞作品のあらすじから特徴、価格までを徹底的にご紹介!みんなが選んだおすすめの山本周五郎賞受賞作品をあなたにお届けします。

日本ファンタジーノベル大賞受賞作品のおすすめまとめ 

日本ファンタジーノベル大賞,おすすめ,まとめ

ここまでおすすめの日本ファンタジーノベル大賞受賞作品やその他の文学賞を紹介してきましたがいかがでしたか。この記事がみなさんの小説選びの一助になっていれば幸いです。みなさんの読書生活がよりよいものになることを切にねがっております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました