【2021年最新】マネジメントの本のおすすめランキング20選

マネジメント,本,おすすめ ビジネス書
スポンサーリンク

仕事をする上で部下を持ちチームを動かしていく難しさを困難に思い悩まれている方も多いでしょう。そのような悩みを持たれている方はマネジメントの本を読む事をおすすめします。マネジメントの本を読む事で悩み解消のヒントを得られるでしょう。今回はマネジメントのおすすめの本とその選び方について紹介していきます。

スポンサーリンク

マネジメント本を読むおすすめポイント

マネジメント,本,おすすめ

一言で、マネジメントと言っても様々な意味を含みます。マネジメント理論の第一人者であるドラッカーはマネジメントを、「組織に結果を出させるための道具、機能、期間」と定義しています。マネジメントの本を読む事でも目標、成果の管理方法や人材、組織のコミュニケーションの仕方、組織のリスク管理などを学べます。理論を体系的に学べるものもあれば、実践に活かせる一冊もあります。マネジメントに関して知識を得たい方、悩みを解決するヒントがほしい方など自分の目的に合わせて本を選ぶといいでしょう。

マネジメントが学べる本のおすすめ人気比較ランキング

20位:究極のリーダーシップ 最大の成果をあげるための10の極意


~内容~

テクノロジーの進化は、会社組織や業界を変える力を持っています。世の中をもっと便利に、効率的にすると同時に、生産性の低いものを淘汰します。例えば、管理能力が人間より圧倒的に優れているAIが導入されれば、管理職の仕事は奪われてしまうでしょう。本書では、テクノロジーの発展に飲み込まれずに、部下の心を動かすにリーダーになる具体的な方法をご紹介します。本書が最高のチーム作りの一助になることを願っています。

(「BOOK」データベースより)

価格 1540円
ジャンル マネジメント
出版社 サンクチュアリ出版
著者 鴨頭 嘉人
ページ数 232ページ
口コミ
口コミ

“リーダーの方もちろんのこと、これからリーダーになる若い方にも読んでほしい一冊です‼️読んでいて、涙が出てきました‼️そして、こんなリーダーに、なりたいと熱い想いにさせてくれる一冊です‼️✨この本を読んで、カッコいいリーダー、イケてるリーダーになりましょう‼️👍
amazon.co.jpより

19位:ほめるのをやめよう リーダーシップの誤解


~内容~

叱らない、ほめない、カリスマはいらない。『嫌われる勇気』著者、初のリーダー論。上司であるのがつらい人に送る、部下と向き合う処方箋。

(「BOOK」データベースより)

価格 1760円
ジャンル マネジメント
出版社 日経BP
著者 岸見 一郎
ページ数 224ページ
口コミ
口コミ

“実践して現状が好転するとは思えないが、納得して仕事が出来そうです。幸せになるために仕事をする、しかし、仕事と幸せが直結しない人が多い。そんなとき、この本が拠り所になるかもしれません。”amazon.co.jpより

18位:How Google Works ―私たちの働き方とマネジメント


~内容~

テクノロジーの進歩は消費者と企業のパワーバランスを激変させた。いま企業が成功するためには、考え方を全部変える必要がある。グーグル会長が、戦略、企業文化、人材、意思決定、イノベーション、破壊的な変化への対応といったマネジネントの重要トピックを網羅。新時代のビジネス成功法を伝授する。

(「BOOK」データベースより)

価格 990円
ジャンル マネジメント
出版社 日本経済新聞出版
著者 エリック・シュミット, ジョナサン・ローゼンバーグ, アラン・イーグル, ラリー・ペイジ
ページ数 464ページ
口コミ
口コミ

“本書を勧めている人がいたので読んだ.Googleの働き方が理解できる本.現代においては,プロダクトの優位性のみが企業の成否を分けるとしており,そのようなプロダクトを生み出すためのノウハウや考え方を具体例を交えながら紹介する.例えば,同社は全従業員が試行錯誤してボトムアップにプロダクトが湧き起こるような仕組みを作っており,そのためには,傑出した人間を雇い,放置せよ―との事だった.また,傑出したプロダクトの必要条件として,高度に技術的な核が要る―というのは面白い.使われる事に疑問を感じるエンジニアに勧める.”amazon.co.jpより

17位:結果を出しながら人を育てる上司の魔法


~内容~

TSUTAYA1280店の最優秀店舗に2度選ばれたマネージャーが実践したこと

1度目は、とにかく厳しく叱ることで周りを動かし、1位という結果を得ました。とにかく恐い上司になることが結果に結びつくと思っていました。しかし、得られたのは一時の結果だけでした。そこに人の成長はなく、自分がいないと結局まわらないのです。2度目の1位は違いました。スタッフみんなが笑顔で積極的に仕事をする中での1位でした。その結果、得られたものは人の成長と組織の成長です。

今の学生は入社してきても、厳しいことを言えばすぐに辞める、指導をしても「のれんに腕押し」「ぬかに釘」状態です。出世も望んでいません。もちろん、なかには優秀な新入社員も大勢いますが、どんなに優秀な人でもはじめは教育が必要になります。

しかし、経済環境の厳しい昨今、マネージャーには今まで以上に結果が求められるため、部下の育成に時間をかけている余裕がありません。そして、マネージャー自身でやったほうが早いと自ら仕事を抱えてしまい、結果、部下が仕事を覚えず、いつまでも成果を上げられないという負のスパイラルに陥りがちです。

採用枠も予算も限られているなか、せっかく採用した社員を大事に育てたいと思うと同時に、売上目標などの結果も常に出し続けることを求められるあなたに向けた1冊がこちら。

(「BOOK」データベースより)

価格 1232円
ジャンル マネジメント
出版社 クロスメディア・パブリッシング
著者 黒岩 禅
ページ数 192ページ
口コミ
口コミ

“著者が実践されてきたことなので説得力があります。以前、失敗してきていることも書かれていて、こういう言い方をしてしまうなぁと身につまされることもしばしばあります。とても参考になる良い本だと思います。
amazon.co.jpより

16位:HIGH OUTPUT MANAGEMENT


~内容~

シリコンバレーのトップ経営者、マネジャーに読み継がれる不朽の名著、待望の復刊! !

インテル元CEOのアンディ・グローブが、後進の起業家、経営者、マネジャーに向けて、一字一句書き下した傑作。『HARD THINGS』著者のベン・ホロウィッツ、フェイスブックCEOのマーク・ザッカーバーグなど、シリコンバレーの経営者や幹部たちに読み継がれ、大きな影響を与えてきた。

アウトプットを最大化するための仕事の基本原理とは、マネジャーが最も注力すべき仕事はなにか、タイムマネジメントの方法、意思決定のときにしてはいけないこととは、ミーティングはどう進めるべきか、1対1の面談(ワン・オン・ワン)ではなにを話すのか、
人事評価はどう判断すべきか――。マネジャーなら誰もが悩むことに答えてくれる、実践的で役に立つアンディ・グローブのアドバイスが満載の経営書である。

(「BOOK」データベースより)

価格 1980円
ジャンル マネジメント
出版社 日経BP
著者 アンドリュー・S・グローブ
ページ数 336ページ
口コミ
口コミ

“これまで読んだビジネス書の中でも最も印象に残った本のうちの一つ。30年以上前に書かれたものでありながら今日読んでもその内容は色褪せない。本書に書かれていることは、いつの時代にも心に留めておかなければならないマネンジメントの原則だと思う。

「マネージャーの重要な仕事は部下の教育である。」という点が特に心に響いた。
日本的なジョブローテーションの中では現場の仕事内容を全く知らない(そもそも知る必要がないと思っている)人がマネージャーになっている。
私個人的にはそのような会社組織に疑問を覚えて転職したが、
まだ多く残っているこのような日本的組織が今後どのようになっていくのだろうかと思う。

また既に30年前に、技術の進歩が早くマネージャーの専門知識が陳腐化してしまう事象が述べられている。現在においてはその速度は一層加速しており、業務外での知識のキャッチアップはビジネスマンにとってもはや必須となっているが、改めてマネージャーに限らず個人の自己研鑽は必要だと感じた。
amazon.co.jpより

15位:ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則


~内容~

企業の使命として株主への利益還元がさけばれて久しい。しかし、ジョンソン・エンド・ジョンソンのように企業が奉仕する優先順位として1に顧客、2に社員、3に地域社会、最後にようやく株主という基本理念を掲げる企業がアメリカの経営者から尊敬を集めているのも事実だ。 本書は、アメリカの主要企業のCEOから採ったアンケートによって選び出された18社の歴史に対する6年間の調査から生み出されたレポート。企業を組織する人間が企業内に活力を生み出すのは、カネでは計れない動機づけにあるというシンプルな「真理」が、ライバル企業と比較された各社の資料、エピソードから浮き彫りにされる。著者の1人であるコリンズはコンサルティングも手がける大学教授であるためか、随所に抽象化された概念と企業が取るべき方策が図を合わせて示される。しかし、経営指南よりも、世界を代表する大企業の決断の歴史が斜め読みできる魅力の方が大きいだろう。

(Amazonより)

価格 2136円
ジャンル マネジメント
出版社 日経BP社
著者 ジム・コリンズ
ページ数 475ページ
口コミ
口コミ

“40代、管理職です。原著を読むほどの英語力はないので、正確な比較はできませんが、翻訳がすばらしいと思います。訳者の強い想いが伝わってきて、気持ちを奮い起たせてもらっています。
私の勤めている会社は、幸せなことに本書のように明確な理念を持った企業ですが、それでも迷うことなど日常的な話で、本書含めたビジョナリーカンパニーシリーズには企業の理念を信じる、信じきるための後押しをしてもらっている気分です。
amazon.co.jpより

14位:他者と働く-「わかりあえなさ」から始める組織論


~内容~

すべての厄介な問題は、関係性のなかで起きている。現場で起きる「わかりあえなさ」から始まる諸問題は、ノウハウで一方的に解決できるものではありません。その「適応課題」と呼ばれる複雑で厄介な組織の問題をいかに解くか。それが本書でお伝えする「対話」です。忖度する・論破するでもなく、相手の「ナラティヴ」に入り込み、新しい関係性を構築すること。それこそが、立場や権限を問わず、新たな次元のリソースを掘り出して、組織を動かす現実的で効果的な方法なのです。組織論とナラティヴ・アプローチの超実践的融合。いま最も注目の経営学者、待望のデビュー作!

(「BOOK」データベースより)

価格 1980円
ジャンル マネジメント
出版社 NewsPicksパブリッシング
著者 宇田川 元一
ページ数 200ページ
口コミ
口コミ

“タイトルやデザインの割にスルスルと読めてしまいます。。
私とソレ、ではなく、私とあなた、という世界を作ることが、相容れない、分かり合えない人との理解をし合うベースの考え方、、、、読み進めるほどに深いです。。

人間は基本的に中庸な人はいない、自分の育ってきた環境や価値観で、相手の正義を否定することは違うのである。準備、観察、解釈、介入の4ステップで、相手の置かれた状況立場を把握し、自分の思いや正義との橋を渡す。
なるほど、うまくいく仕事は、意識せずこれが出来た時であると納得。。ぜひビジネスパーソンになったら手に取ってほしい一冊です。
amazon.co.jpより

13位:これ以上やさしく書けない プロジェクトマネジメントのトリセツ


~内容~

巨大国際企業から官公庁まで、プロジェクトを100%成功させてきたカリスマ経営コンサルタントが教える、「プロジェクトマネジメント入門」の決定版!!

■単なる知識ではなく、実際に使えるツールを解説
いかに事細かく知識だけを覚えても、それらをどのように使えばよいかが分からなければムダです。
そこで本書は、プロジェクトマネジメントを単なる知識ではなく、実際に使えるツール(道具)として身につく本として企画しました。

■ストーリー&講義形式で初心者でもわかりやすい
しかも、知識がない人にも読みやすく分かりやすいように、小説仕立ての具体例を用意しました。
ストーリー部分で、プロジェクトの大まかな流れを紹介。 次のレクチャー部分で、「実際はどのように進行させればいいのか」をなるべく具体的に解説します。

■この本を読めば、知識ゼロでも、この1冊で「失敗しないプロジェクトの進め方」がわかる
プロジェクトマネジメントとは、一言で言えば、「先読み技術」です。いかに先読みして、手戻りが発生しない最善の手を打っていくかが重要です。
といっても難しいことはありません。たとえば、WBSやガントチャート、PERT、リスクマネジメントなどのフレームワークを使うことで誰にでもきっちりと管理できるようになります。
本書は、何億円ものコンサルタント料を支払わなくても、読むだけでプロジェクトマネジメントのノウハウが身につく本です。
ノウハウがわかれば、見よう見まねでも、プロジェクトを遠回りすることなく推進することができるでしょう。

(Amazonより)

価格 1650円
ジャンル マネジメント
出版社 パンダ・パブリッシング
著者 西村 克己
ページ数 208ページ
口コミ
口コミ

“丁度プロジェクトを立ち上げる必要があり、関係各部に声をかけてプレスタートしていたのですが、オーナーが不在状態でプロジェクトとして話を進めることが難しく、焦って週次会議までもがく中でこの本を読みました。まさにオーナー不在や計画段階が最も重要であること等が述べられており、説得力MAXの内容で、その中でWBS等の代表的なツールの使い方の要点やフェーズの切り方等、実践的でタメになる内容に溢れていました。
amazon.co.jpより

12位:行動分析学マネジメント 人と組織を変える方法論


~内容~

一人ひとりが活き活きと働き、全体としてはどこにも負けない競争力を持つそんな理想の組織はどうすればできるのか。
その答えは、行動分析学に裏打ちされた人と組織のマネジメントにある。組織変革や人材マネジメントで注目を集める行動マネジメントを、基礎からビジネスへの落とし込みまでをコンサルタントと行動分析学の専門家が実例に基づくストーリーを通じて具体的に解説。行動分析学を用いた個人の成長、組織活性化の具体的手法を解説。

*行動分析学マネジメントの実践例
・前向きな意見の出る職場作り
・成長に繋がる褒め方、無意味な褒め方
・セルフマネジメント
・短期間で即戦力を育てる方法
・苦手な顧客の克服法
・コンプライアンスの意識づけ ……など

(Amazonより)

価格 1980円
ジャンル マネジメント
出版社 日本経済新聞出版
著者 舞田 竜宣,杉山 尚子
ページ数 338ページ
口コミ
口コミ

“基本モデルは単純。その組み合わせや連鎖で全体への影響が色々出てくる、という自分が好きなパターンの内容でした。こういう基本モデルさえ知らないままの組織が多いのに、それでも一応成果を出して経済活動が成立しているのも不思議な感じです。
amazon.co.jpより

11位:もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら


~内容~

ある日突然、女子マネージャーになった主人公の川島みなみは、都立程久保高校の野球部を「甲子園に連れていく」と決めた。でもいったい、どうやって?世界で一番読まれた経営学書『マネジメント』の理論を頼りに、みなみは野球部を変革して行く。「真摯さ」とは何か、顧客は誰か、組織の成長とは…。ドラッカーの教えを実践し、甲子園出場をめざして奮闘する高校生の青春物語!

(「BOOK」データベースより)

価格 649円
ジャンル 青春小説
出版社 新潮社
著者 岩崎 夏海
ページ数 320ページ
口コミ
口コミ

“”もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら”を参考にして、この度、改めて障がい者支援施設の運営に生かすことなりました。利用者とその家族、地域の関係者・関係機関の皆さん、そして施設の職員を「顧客」と位置づけて、その思いや願いなどをマーケティングして、現状を分析しし、問題点と課題を整理して、改善策を検討実施していくための、新しい組織の形成としてのイノベーションにも取り組んでいくことになりました。”amazon.co.jpより

10位:両利きの経営-「二兎を追う」戦略が未来を切り拓く


~内容~

「両利きの経営」とは?
知の探索……自身・自社の既存の認知の範囲を超えて、遠くに認知を広げていこうとする行為
+
知の深化……自身・自社の持つ一定分野の知を継続して深掘りし、磨き込んでいく行為

両利きの経営が行えている企業ほど、イノベーションが起き、パフォーマンスが高くなる傾向は、多くの経営学の実証研究で示されている。

世界のイノベーション研究の最重要理論「両利きの経営」に関する初の体系的な解説書。日本では、クリステンセン教授のベストセラー『イノベーターのジレンマ』がよく知られているが、世界の経営学は、こちらが主流である。本書は、世界の経営学をリードするオライリー教授とタッシュマン教授による実践的な経営書である。豊富な事例を挙げて、成功の罠にはまった企業・リーダーと、変化に適応して成長できたそれとを対比させながら、イノベーションで既存事業を強化しつつ(深化)、従来とは異なるケイパビリティが求められる新規事業を開拓し(探索)、変化に適応する両利きの経営のコンセプトや実践のポイントを解説する。これは、多くの成熟企業にとって陥りがちな罠であり、イノベーション実現に必要な処方箋が、この理論の中にある。日本語版として、気鋭の経営学者である入山章栄氏による理論の背景、冨山和彦氏による実務の最前線からの日本企業への示唆という「W解説」を収録する。

(Amazonより)

価格 2640円
ジャンル マネジメント
出版社 東洋経済新報社
著者 チャールズ・A. オライリー, マイケル・L. タッシュマン
ページ数 411ページ
口コミ
口コミ

“経営環境の変化のスピードが速く、既存のビジネスモデルだけでは立ち行かなくなっている。そんな時代の状況をとらえながら、既存事業の深化と新規事業の探索という「二兎を追う戦略」を提唱した良書。

アメリカのビジネス書はケーススタディが多くて冗長な面があるのは否めないが、両利きの経営戦略を説いている導入と後半の実践部分は参考になるところが多かった。実践面はかなり泥臭いやりかた(戦略的意図を伝えるリーダーシップや経営陣の巻き込み、アイデンティティやビジョンの共有等)も多かったが、そのぶん現実的なものでもあった。現代の経営戦略では欠かせない視点を提供しているため、今こそ読むべき本だといえる。
amazon.co.jpより

9位:マネジメントはがんばらないほどうまくいく


~内容~

迷走しているリーダーへ!
年間1500人以上と面談する産業医が明かす! 部下と自分のモチベーションを高め、いきいきと結果を出すリーダーの「逆転の法則」
この本には、「うつうつと元気がなく、モチベーションの低下した部下」を「いきいきと主体的に働き、成果を上げる部下」に変える方法を世界一シンプルに書いてあります。
デリケートな問題にされがちな「心の管理」について、専門家の立場から、シンプルで手間のかからない“超合理的解決策”を提示。

『なぜ心が折れるのか?を考えない』『モチベーション低下の3大原因は「不平等感」「孤立感」「裁量権の不在」』『自分7割・部下3割でちょうどいい』『部下に教えるのではなく、教わりに行く』etc…

本書で紹介するマネジメント術を知っておけば、悩めるリーダーの肩の荷も下りるはずです。

(Amazonより)

価格 1518円
ジャンル マネジメント
出版社 クロスメディア・パブリッシング
著者 三宅 琢
ページ数 208ページ
口コミ
口コミ

“この本には働く人が、いつもより少しでもご機嫌に過ごすヒントが散りばめられていると感じました。『環境を変えるには自分の行動を変える』ということはハードルが高いと思いがちでしたが、小さな一歩である『言葉』からでも変われるということ。先ずは自らの一歩で変わろうと思える本でした。
作者の体験からの学びが、心に染みる内容でした。全ての働く人へ、おすすめです!
amazon.co.jpより

8位:最高のリーダー、マネジャーがいつも考えているたったひとつのこと


~内容~

成功する人は、いつも、どこに注目しているか?トップクラスの人たちの「どんな行動のなかにリーダーシップやマネジメントが存在するのか」「そうした行動は、どんな欲求や欲望によって生み出されるのか」―彼らだけが知っている、たったひとつのことを明らかにする。

(「BOOK」データベースより)

価格 2090円
ジャンル マネジメント
出版社 日本経済新聞出版
著者 マーカス バッキンガム
ページ数 315ページ
口コミ
口コミ

“ビジネスの成功には、リーダーやマネジメントの存在が重要であることは疑いようがない。リーダーシップやマネジメントについては数多くの書籍が出版され、様々な定義がなされているが、本書はリーダーシップやマネジメントの「本質的な違いは何か?」を追求し、調査と科学の知見を踏まえながら核心部分を提示してくれているベストセラー書籍だ。

特筆すべき点は、抽象論にとどまらず具体的にどういう行動を起こせばよいかまでを指南している点だ。心の構え方次第で、見える景色は変わる。もしリーダーシップやマネジメントを理解し、局面に応じて使い分けたいなら、ぜひ手にとっておきたい一冊だ。
amazon.co.jpより

7位:ありえないレベルで人を大切にしたら23年連続黒字になった仕組み


~内容~

10年以上離職率ほぼゼロ!「2‐6‐2」の下位20%は宝!社員のモチベーションが10割!「7度の崖っぷち」に遭いながらも、ひたすら前進して運をたぐり寄せた秘密!

(「BOOK」データベースより)

価格 1358円
ジャンル マネジメント
出版社 ダイヤモンド社
著者 近藤 宣之
ページ数 268ページ
口コミ
口コミ

“企業の使命はそれぞれなので、ここにあることが全て正しいという訳ではないですが、極めて具体的で目的も明確であり、経営者や人事責任者にとって、最高級の参考図書になるかと思います。

願わくば、この方にNPOとか、社会的課題解決を主軸とする組織を運営いただきたかった。

ただ、各方面で講演、講義をされているし、この方を参考にしたいい会社が生まれているだろうと考えると、社会的意義は大きいのだろうと思われます。
amazon.co.jpより

6位:コーチング・マネジメント―人と組織のハイパフォーマンスをつくる


~内容~

「なぜ頭でわかっていることが行動に移せないのか?」「なぜ決めたことが実行されないのか?」「なぜ戦略が社内に徹底されないのか?」「なぜ組織は変わらないのか?」
それら組織の最大課題に、コーチングが突破口を開きます。
理論から実践までわが国によるコーチングの第一人者による、5万部突破のベストセラーが、図解となって登場しました。
入門書として、要点整理ノートとして最適の1冊です。

(Amazonより)

価格 1100円
ジャンル マネジメント
出版社 ディスカヴァー・トゥエンティワン
著者 伊藤 守
ページ数 93ページ
口コミ
口コミ

“コーチを目指したい、興味があるという方にオススメです。この著書を読んで、興味がそこまで湧かない様なら、コーチには縁がなかったと思って下さい。と言い切れる程の内容です。
amazon.co.jpより

5位:3分間コーチ ひとりでも部下のいる人のための世界一シンプルなマネジメント術


~内容~

わが国のコーチング界をリードする第一人者による、誰にでも、今すぐできて、自然に続く、究極の人材マネジメント・メソッド。それが、この「3分間コーチ」です。

骨子は、著者がニューヨーク大学での講演でも話し、世界中から集まったコーチ達の喝采を浴びました。もともとは、アメリカで生まれ、著者は、はじめてそれを本格的に日本に導入したことで知られますが、それを、日本ならではの人材マネジメント手法として進化させ、それが、欧米からも注目されているのです。

その基本は、コーチングのスキルではなく、まず、部下のために3分の時間をとること、部下のことを考える時間をとることです。マニュアル通りの質問技術を覚えることではなくて、部下を理解し、部下に話させ、部下を成長させることを目的とします。

では、具体的に、どんなときに、部下は、上司との会話を求めているのか<? br>本書では、その「場面」をあげることに重点が置かれています。なぜなら、さまざまなマネジメント法はあっても、実際に、いつ、どんな場面で、どんなふうにつかったらいいのかがわからず、結局はつかわれないのがほとんどだからです。

さらに、今すぐにでも可能で、部下にも上司にも負担がかからず、かつ、効果が高い。そんな方法があるの? と思われるかもしれませんが、あるのです。まずは、お読みになってみてください。二人きりのお店から、部下が何百人もいるような大企業まで、部下がひとりでもいる人なら、必ず役立ちます。

もし、みんなが「3分間コーチ」になったら、仕事は、会社は、日本は、どんなにか、毎日が生き生きと、右肩上がりの成長となることでしょう。なお、おまけとして、随所につけた、マネジメントの小さなチップス、「3秒間ナレッジ」も、これは、いい!

(Amazonより)

価格 1650円
ジャンル マネジメント
出版社 ディスカヴァー・トゥエンティワン
著者 伊藤 守
ページ数 206ページ
口コミ
口コミ

“「仕事の成果」と「部下の育成」をどう両立するか。
近年では管理職といえどもプレイングマネージャーが増え「成果」と「部下育成」の両立は、多くの管理職にとって切実なテーマとなっているはずだ。
本書は、このような「成果」と「部下育成」の両立に切り込んだビジネス書籍だ。

「部下を育成する」ことは、所属する企業や組織の未来を創ることだ。しかし、いざ部下育成やマネジメントを行おうとすると、限られた時間の中で「どのような局面を利用し」「どのように部下と接するのか」に戸惑う管理職は多い。

そんな状況の中、本書は「1日3分」の時間を活かして部下を育成していく方法論を解説してくれている。本書の特筆すべき点は、時間がない管理職を想定している点だ。プレイングマネージャーとして忙しい中、日々の「部下とかかわる局面」を想定し、その局面(3分間)を有効に生かたコーチング手法を指南してくれている。

「部下育成のためにコーチングを実践したいが、まとまった時間が取れない」もしそんな悩みを抱えているのなら、本書はその特効薬となるビジネス書籍だ。
amazon.co.jpより

4位:ディズニーCEOが実践する10の原則


~内容~

ウォルト・ディズニー・カンパニー会長・前CEOのロバート・アイガーが、自身の半生と成功哲学を語りつくす。ABCテレビの雑用係は、いかにしてビジネスに目覚め、ディズニーのトップに上りつめたのか?ピクサー、マーベル、ルーカスフィルム、21世紀フォックス…総額9兆円に及ぶ買収劇は、いかにして成し遂げられたのか?そして、それらの経験から導かれる、優れたリーダーシップのための「10の原則」とは?

(「BOOK」データベースより)

価格 2310円
ジャンル マネジメント
出版社 早川書房
著者 ロバート・アイガー
ページ数 360ページ
口コミ
口コミ

“ディズニーのCEOとして、スティーブジョブズからピクサーを買収、ジョージルーカスからルーカスフィルムを買収してディズニーを大きくした経営者の回想録だが、付箋でいっぱいになった。スティーブジョブズやジョージルーカスなど超個性的と思える人からの企業買収、それを成し遂げたのは、一言で言えば、誠実だと思う。スティーブジョブズが「ああ、すごくいい奴だ」と。

有名大学のMBAでなく、正直、聞いたことないような大学を出て、テレビ会社の下っ端からディズニーのCEOまで上り詰めたが、その姿勢は、もっと良いものを作るために必要なことをする、ほどほどは所詮ほどほどでしかない。失敗を正直に認めて嘘をつかない、誰かに罪をなすりつけない。自分が何を知らないか知っている。知ったかぶりをせず、必要なことは聞き、学ぶ。リーダーは何が一番大切なのかを誰にでも分かるように何度も伝える。相手に敬意を払う。未来は変えられる。最初の一歩を踏み出す前に、うまくいきっこないと自分に言い聞かせてはいけない、到底できっこないと思えることが以外に現実になる。人を解雇するときは、直接言い渡すこと、電話やメールではいけない。人として正しいことをする。品格と誠実さを大切にする。

まとめると、前向きで誠実、謙虚に辛抱強く目の前の仕事につからを注ぐ、責任転嫁をしない、過去より未来を見据える。
amazon.co.jpより

3位:人を動かす


~内容~

人づきあいの根本原則を実例豊かに説き起こし、時代を超えて読み継がれる不朽の名著。あらゆる自己啓発書の原点となったデール・カーネギー不朽の名著。
人が生きていく上で身につけるべき人間関係の原則を、長年にわたり丹念に集めた実話と、実践で磨き上げた事例を交え説得力豊かに説き起こす。
深い人間洞察とヒューマニズムを根底に据え、人に好かれて人の心を突き動かすための行動と自己変革を促す感動の書。
1936年の初版刊行以来、時代に合わなくなった部分を改良するなど、折々に改訂が施されてきた現行の公式版。

(Amazonより)

価格 715円
ジャンル マネジメント
出版社 創元社
著者 D・カーネギー
ページ数 320ページ
口コミ
口コミ

“特に難しいことは書かれてありません。人と関わる際に大切なこととして、当たり前のことと言われれば当たり前のことかもしれませんが、実際に自分ができているかと考えるとできてないよなあと思わされる内容が多くあります。
人を動かす原則、人に好かれる原則、人を説得する原則、人を変える原則、という内容で構成されていますが、どの原則にも共通して一貫した筋が通っていて説得力があります。
とにかく、「まず相手を理解しようとすること」「相手に重要感を持たせること」「穏やかに共感しながら相手が自ら気付けるように誤りを指摘すること」を意識して人と関わって行きたいと思います。
amazon.co.jpより

2位:7つの習慣


~内容~

●激動の時代だからこそ「原理原則」

変化の速い時代だからこそ、ブレない「人生の軸」として『7つの習慣』を皆さまの毎日に、そして人生に活かしてほしい。そう私たちは考えています。
副題にもある「人格主義」の土台となるのが、時代を通して変わらない軸となる原理原則です。

コヴィー博士は、今回の『完訳 7つの習慣 人格主義の回復』に収録した「はじめに」の中で、時代が変われば「7つの習慣」も変わるのかという問いに対して、いや、これは原理原則なので、時代が変わるからこそ、逆に変わらない軸となり支えとなっていくと答えられています。

むしろ今日の激動の時代だからこそ、多くの人たちが変わらない軸を必要としており、1996年に発行されて24年が経つこの令和の時代にも、多くの方が読み語り継ぎ、220万部のベストセラーとなったのではないでしょうか。

(Amazonより)

価格 2140円
ジャンル ビジネス書
出版社 キングベアー出版
著者 スティーブン・R・コヴィー
ページ数 704ページ
口コミ
口コミ

“『7つの習慣』は、何度読んだか分かりませんが、これまで数十冊読んだ人生論の本の中でも、最高の本だと思っています。この本のおかげで、自分の『物の見方』を変えて、自分の『あり方』を前向きに改めることが出来ました。それまでとは世界が違うものに見えるようになり、「人生とはなんと素晴らしいものなんだろう!」と、心から思えるようになりました。

以前は家族には、本当に申し訳ないことばかりしてきました。しかし自分が変わることで、家庭の雰囲気もまったく変わりました。冷えきって口論が絶えなかった妻との関係も修復できて、互いを思いやれるようになり、以前とは見違えるほど仲良くやっていけています。以前は私や妻の顔色を伺うことの多かった子供も、伸び伸びと自分の才能を伸ばして明るく生きてくれています。ぎくしゃくしていた親戚との関係も、現在は良好です。楽しめず転職すら考えることのあった仕事も、充実しています。

ただしここに至るまでには、何度も何度も本書を読み込みましたし、自分の精神生活や言動を「原則」に則したものにできるよう、コントロールし続けるのにも根気は要りました。4、5回しか読んでいなかった頃は、「自分はもう大丈夫かも。」などと安心して、いつの間にか過信して読まなくなってしまっていました。そうしてある日、妻に八つ当たりなどされると、「反応を選択する」ことができずカッとなって言い返したり、お説教じみたことを言ってしまったりして、また落ち込む。それで、やっぱり読まなきゃ!と本書を開く、などということの繰返しでした。

しかしそういう失敗をたくさんしてきたことで、少しは謙虚になれたと思いますし、お客様や周りの方から相談を受けたりする際にも、そういった経験が大変役に立っています。5回目に読み終えた頃から、本書と並行して「7つの習慣 ファミリー」や「原則中心リーダーシップ」、「7つの習慣 最優先事項」なども読み始めました。これらの本を読むことでずいぶんと理解が深まりましたし、「7つの習慣」を実生活に落とし込み、実践するにあたって大変助けられました。

コヴィー博士の著作からは、本当に、どれだけ恩恵を受けたか分かりません。

『7つの習慣』は、ベンジャミン・フランクリンの『フランクリン自伝』やサミュエル・スマイルズの『自助論』『向上心』、 新渡戸稲造 の 『修養』 『世渡りの道』 『自警録』などの人生論の名著にあるような、人格形成と良い人間関係を築くために欠かせない『原則』の、本質を教えてくれた本です。

また、ピーター・ドラッカーのマネジメントや、(意外に思われる方もおられるかも知れませんが) デール・カーネギーの著作『人を動かす』などにも、根底には本書に云う『原則』や『習慣』に基づいた自分のあり方や人間関係のあり方を見出だすことができると思います。

残念なことに、ちまたに流布しているいわゆる「成功本」には、その場しのぎのテクニックや、気休めに終始するような内容のものも多いように思われます。しかしこの『7つの習慣』は違います。インスタントなテクニックに走ることなく、自分が主体的に生きることで世界観が大きく変わるということを教えてくれました。『真に自立』した人間とはどういうひとかを、『自分の人生の主人になる』にはどうしたら良いのかを、そして人間関係の根本を教えてくれた、人生最大の恩書です。
amazon.co.jpより

1位:マネジメント 基本と原則


~内容~

ドラッカーが自らのマネジメント論を体系化した大著『マネジメント――課題、責任、実践』のエッセンスを、初心者向けに一冊にまとめた本格的入門書。本書は、マネジメントの仕事とは実践であり、成果を出すことであると明確に規定する。そして、そのためにマネジメントが果たすべき使命と役割、取り組むべき仕事、さらには中長期的に考えるべき戦略について、具体的に解説する。組織で働く人に、新しい目的意識と勇気を与える書。

(Amazonより)

価格 2200円
ジャンル マネジメント
出版社 ダイヤモンド社
著者 ピーター・F・ドラッカー
ページ数 301ページ
口コミ
口コミ

“ピーター・ドラッカーの本を初めて読みました。「もしドラ」などが流行っていて名前は知っていましたが難しそうだしそもそも自分には必要なさそうな分野だなと思っていました。読めば多くを学べるんだろうなとは思いつつも手を出さず、今回ようやく初めて手にした感じです。ざっくり言うと「リーダーシップ、使命、目的があって、初めてマネジメントの効率性を高めることに着手しよう」ということかなと思いました。「7つの習慣」でもそうでしたが、リーダーシップがなければどんなに効率的なマネジメントも意味をなさないです。

今のところは一通り読んで「なるほどな」という程度ですが、これからの人生で読み返すうちにさらに多くの学びがあるんじゃないかと思います。昨今はお手軽な手法ばかりもてはやされていて、こんな時代だからこそこういった本質や原則を学ぶ人だけが淡々と大きな成果を出し続けられるんじゃないかなと思いました。
amazon.co.jpより

マネジメントが学べる本のおすすめの選び方

タイプで選ぶ

理論本

マネジメント理論を学びたいのならマネジメント理論で定評のある著者や高い評価を得ている本を選ぶといいでしょう。マネジメントを学ぶ上で必須ともいえるドラッカーの本やマネジメントで結果を出している経営者の著書がおすすめです。マネジメントの本は高度で難しい本も多いので軽く目を通して自分に読める本を選ぶといいでしょう。また、入門書や漫画で描かれている本も読みやすくておすすめです。

実践本

マネジメントの理論本が難しいと感じたりイメージがしにくいと感じた方は実践本を手に取って見る事をおすすめします。新事業の起動の乗せ方、失敗からの学び方など具体的な実例を通してマネジメントを学ぶ事ができますのでイメージしながらマネジメントを学べるのが魅力です。実践的な本を読む事で重要なヒントを得る事も多いでしょう。

人や組織の動かし方で選ぶ

マネジメント,本,おすすめ,人を動かす

リーダーのあり方本

頼りがいの上司になりたい、部下を思い通りに動かしたいと思われている方は、リーダーのあり方が書かれているマネジメントの本を読むのをおすすめします。リーダーの思想や習慣を身につけるだけでなく、部下のコミュニケーションのとり方やチームの管理、統率の仕方などを学ぶ事ができるでしょう。

コーチング本

チーム内での活気のなさを感じたり、モチベーションの低下を感じた時はコーチングの本を読むのがおすすめです。作業効率が悪くなったり、注意力が散漫になったりするのはモチベーションの低下が原因の一つであることが多いです。逆にモチベーションの向上が作業効率が格段に良くなります。チーム全体の士気を上げる事はチームリーダーにとって重要なスキルであり、コーチング本を読む事で、そのノウハウやヒントを学ぶ事ができるでしょう。

有名作品を選ぶ

人を動かす


「人を動かす」の著者デールカーネギーは様々な自己啓発本を執筆しており、その著書は世界中で読まれています。その中で「人を動かす」はデールカーネギーの代表作で出版され80年経った今でも世界中の人々が手に取っています。部下育成やチームの構築を学習するには必須の著書と言え、何度読んでも学ぶ事が多い名書と言えるでしょう。

マネジメント-基本と原則


「マネジメント基本と原則」の著者であるドラッカーは世界的に有名でマネジメントに関する書物を何冊も執筆しています。ドラッカーの代表的な作品である「マネジメント基本と原則」は2001年に出版されて以来、マネジメントの入門書の代表作として今でも世界中で読まれている名著です。マネジメントの基礎的な理論を学びたい方はドラッカーの「マネジメント基本と原則」は非常におすすめできる名著と言えるでしょう・

HIGH OUTPUT MANAGEMENT


インテル元CEOのアンディ・グローブが後進の経営者やマネージャのために書かれた名著です。アウトプットを最大化するために何をするか、仕事の基礎原理を説いておりマネジメントの実践的な方法などが分かりやすく書いていあります。シリコンバレーの起業家など有名な経営者が影響を受けている著書でマネジメントの実践に役立つ本を探している方に是非手に取って欲しい一冊です。

マネジメントが学べる本のおすすめまとめ

マネジメント,本,おすすめ,まとめ

今回はマネジメントを学べる本を紹介してきました。チームの統率力を高めるマネジメント能力が近年求められています。実際に部下の動かし方などマネジメントの本をヒントにし、それを現場で実践する事をおすすめします。今回の紹介でマネジメントの一助になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました