【2021年最新】川端康成文学賞受賞作品のおすすめランキング10選

川端康成文学賞,おすすめ 小説
スポンサーリンク

川端康成文学賞受賞作品のおすすめ人気比較ランキングトップ10です。各川端康成文学賞受賞作品のあらすじや価格情報からクチコミやレビューまでを徹底的にランキング形式でご紹介!みんなが選んだおすすめの川端康成文学賞受賞作品をあなたにお届けします。

スポンサーリンク

おすすめの作品がいっぱい!川端康成文学賞とは!? 

川端康成文学賞,おすすめ

川端康成文学賞とは、川端康成のノーベル文学賞賞金を基金とする公益財団法人川端康成記念会が主催する文学賞です。対象は「前年度の最も完成度の高い短篇小説」で、2019年に一時休止されたが、2021年から選考が再開された。

川端康成文学賞受賞作品のおすすめランキング

10位:セミの追憶


~内容~

第21回川端康成文学賞受賞作。今よみがえるあの戦争の日々、あの人たち…出会いと運命を綴る珠玉の八篇。

(「BOOK」データベースより)

価格 420円
ジャンル 短編集
出版社 新潮社
著者 古山 高麗雄
ページ数 213ページ
口コミ
口コミ

“第21回川端康成文学賞受賞作。作者は戦争中、東南アジアを転戦。「戦死者」のほとんどが「餓死者」だったという「フーコンの戦い」にも参加。九死に一生を得て終戦を迎えました。

この短編集は、その過酷な戦争体験と老いを迎えた静かな現在を往還する、不思議な戦争小説です。「運で死に、運で助かる。」「戦争は、いいか、わるいかで考えるべきものではない。そのどこに美があるのか、どこが醜く、どこが汚いのか、を小説にかくものは求めなければならない。」

作者は戦争を、実際の戦場体験者らしく実感を込めて描いています。その書きぶりは、声高な「戦争責任」やら「戦争犯罪」やら観念的に戦争を裁こうとする物言いを超えたところに届いているようです。そういえば、最近の橋本大阪市長の発言で物議を醸している「慰安婦」もこの小説に出てきます。作者の筆づかいは、やはり善悪を超えて、そういう生業をせざるを得なかった彼女たちを優しく描いています。

ちなみに、「セミの追憶」という題名は巨躯の春子という慰安婦を抱くと、「大木にとまったセミになったような気がする」という戦友の発言から取られています。この手のほほえましいユーモアも随所に見られる良質な私小説です。
amazon.co.jpより

9位:吾妹子哀し


~内容~

アルツハイマー型認知症で、妻の杏子は記憶を喪いつつあった。失禁や徘徊を繰り返し、介護にあたる夫の圭介を当惑させるのだが、齢九十を前にした夫は、老いた妻の姿に、若い日の愛の想いを甦らせていた。…おれは何とこの女を愛していたことだろう。今も愛は生きている。自分の愛に責任を持たなければ―。実体験に基づく究極の夫婦愛を謳って、川端康成文学賞を受賞した名篇。

(「BOOK」データベースより)

価格 1600円
ジャンル 文芸作品
出版社 新潮社
著者 青山 光二
ページ数 269ページ
口コミ
口コミ

“父親の母親への対応を詰ることができなくなりました。避けては通れない、老化、その只中にいます。プライベートでも、ビジネスでも。
救いは、自分自身が、少しだけいろんな方々のことを拝見できているということです。明日からも「このひとたちを世の光に」でいこうと思います。
amazon.co.jpより

8位:海松


~内容~

舞台は、志摩半島の一角、小さな湾近くの傾斜地。そこに土地を買い、家を建て、改めて、自分と現実のすべてについて、新しい生の感覚を見出そうとして暮らす。場処を決めたのは、オスの雉。見知らぬ道をタクシーで通りかかったとき、ふと、歩いている雉を見て、奇跡に出遭ったように、心がふるえた。家の棟上式で一本ずつ立つ柱に、主である木を私は持つのだ、と感動する。生死のはざまで自分の皮を脱ぐ、ヘビの抜け殻を拾ってうける暗示…。そんな、ある生活事始めといった光景が、弾みと生彩ある言葉で展開される、川端康成文学賞受賞作。

(「BOOK」データベースより)

価格 1092円
ジャンル 文芸作品
出版社 新潮社
著者 稲葉 真弓
ページ数 169ページ
口コミ
口コミ

“「海松」、「光の沼」、「桟橋」、「指の上の深海」の4篇が入っている。「私」は、雉との出会いから、志摩半島の入り江の傾斜地にセカンドハウスを建てる。都心に自宅を持つ「私」は、この緑の濃い土地に魅せられてゆく。「光の沼」では、著者の筆力によって、泥土のにおい、草いきれ、水のかがやき、風の音、スゲやヤゴが眼前に迫ってくる。これは単なる身辺雑記ではなく、ある種の冒険談である。草刈り鎌を持ってスゲと格闘する「私」は、ある日、ミツケル。人は「持っている」のではなく、「ミツケル」のだろう。 のどかな歌謡的な詩風の中に鬼気迫るものを感じさせる中原中也のファンならば、きっと好きになるでしょう。 「光の沼」は、何度でも読みたい。”amazon.co.jpより

7位:枯葉の中の青い炎


~内容~

三百勝目前のマウンドで、無死満塁のピンチに苦しむ老投手スタルヒンを救うため、南洋の秘術の封印を解いた男の物語。川端賞受賞作「枯れ葉の中の青い炎」をはじめ、唐突な夫の申し出に、妖しく変化する妻の日常を描く「ちょっと歪んだわたしのブローチ」、消えたラピスラズリをめぐる雪山小屋の対話劇「水いらず」など、虚実自在の語りで小説の愉しみを存分に味わえる名品六編。

(「BOOK」データベースより)

価格 605円
ジャンル 短編集
出版社 新潮社
著者 辻原 登
ページ数 242ページ
口コミ
口コミ

“理解しがたいシチュエーションや、現実とファンタジーがないまぜになったような展開の全6編の短編集。

もっとも、本の題にもなっている「枯葉の中の青い炎」は現実とファンタジーがないまぜになったような展開に全く違和感がない。倒置的な手法も見事にはまっていて、スタルヒンの伝記を既読であったとしても感動すら覚える。

ミクロネシア生まれのススム・アイザワも登場しているので、(作風は全く異なるが)山際淳司の「異邦人たちの天覧試合」を思い出した(こちらも名作)。
amazon.co.jpより

6位:権現の踊り子


~内容~

川端康成賞受賞作を含む、短篇集が文庫化。文学で踊れ! 町田節が炸裂する表題作や、人格が破綻した黄門さまが” 世直し” して民衆をパニックに陥れる「逆水戸」など、著者初の短篇集となった全六篇。

(「BOOK」データベースより)

価格 607円
ジャンル 短編集
出版社 講談社
著者 町田 康
ページ数 256ページ
口コミ
口コミ

“以前読んだ、本著収録の『工夫の減さん』がどうしてももう一度読みたくなり、購入した。本著には川端康成文学賞を受賞した表題作のほか、全6編の短編が収録されているが、読み終えて数年後、どうしてももう一度読みたくなったのが『工夫の減さん』だった。
この話は、工夫をしすぎて人生を破滅させていく男の物語なのだが、そんなおかしなことがあるはずなさげで、「めっちゃあるじゃん。こういう人っているじゃん。なんか俺も心当たりがあるぞ」と思わされる作品。個人的には町田康さんの短編の中で一番好きだ。町田さんにして、世の理不尽を哀愁いっぱいに描ききった名作だと思う。
amazon.co.jpより

5位:かけら


~内容~

家族全員で出かけるはずだった日帰りのさくらんぼ狩りツアーに、ふとしたことから父と二人で行くことになった桐子。口数が少なく、「ただのお父さん」と思っていた父の、意外な顔を目にする(表題作)。結婚を前に、元彼女との思い出にとらわれる男を描く「欅の部屋」、新婚家庭に泊まりに来た高校生のいとこに翻弄される女性の生活を俯瞰した「山猫」。川端賞受賞の表題作を含む短編集。

(「BOOK」データベースより)

価格 506円
ジャンル 短編集
出版社 新潮社
著者 青山 七恵
ページ数 177ページ
口コミ
口コミ

“「かけら」と言うタイトルを目にした時、非常に抽象的なタイトルで何を表しているのだろうと、興味を惹かれました。どうもこの「かけら」と言う言葉で作者は、人間の持っている複雑な心象風景を表現しようとしているように思いました。親子であろうと、夫婦であろうと、相手を完全に理解している訳ではなく、「かけら」(それぞれの人間の持っている記憶や想いの断片)の集大成としての人間を、ある「かけら」の集合として理解しているが、それはその人間の完全な姿ではありえないと言うことでしょう。
過去の記憶は、写真に写されたそれとは違うだろうし、そこにあるそれぞれの記憶は、それぞれの人間のものであって他人がなかなか入り込めるものではないのでしょう。
又、向かい合って話をしている時も、「言葉」で聞いている相手とその相手が思っている事とは別物であるということでしょう。でも、そうした曖昧な関係でありながら、人間は毎日の生活をし支障なく暮らして行けます。そこにこそ、人間の不可思議さがあると言えるのかも知れません。この短編集を読んで、ふとそんなことを感じました。
amazon.co.jpより

4位:袋小路の男


~内容~

高校の先輩、小田切孝に出会ったその時から、大谷日向子の思いは募っていった。大学に進学して、社会人になっても、指さえ触れることもなく、ただ思い続けた12年。それでも日向子の気持ちが、離れることはなかった。川端康成文学賞を受賞した表題作の他、「小田切孝の言い分」「アーリオ オーリオ」を収録。

(「BOOK」データベースより)

価格 440円
ジャンル 恋愛小説
出版社 講談社
著者 絲山 秋子
ページ数 184ページ
口コミ
口コミ

“初めて絲山さんの小説を読みましたが、この本ですっかりファンになりました。
無駄のない清々しい文体で書かれた、ある女性の長く切ない恋のお話です。
不思議なタイトルだなと思いましたが、本編を読むと、その意味がとてもよくわかります。(「袋小路の男」)
amazon.co.jpより

3位:すっぽん心中


~内容~

変化を求めず、目の前のことをやり過ごしてきた田野と痛い目に遭いつづけながらあっけらかんとしたモモ。不忍池で出会ったふたりは上野から霞ヶ浦をめざす。どんづまりを描きもはや笑うしかないのか「すっぽん心中」。スイッチの入った男の狂騒「植木鉢」、屋上の狂人のバトルと本心「鳩居野郎」を併録。おかしさと哀愁は他の追随を許さぬ現代小説。

(「BOOK」データベースより)

価格 1540円
ジャンル 短編集
出版社 新潮社
著者 戌井 昭人
ページ数 128ページ
口コミ
口コミ

“芥川賞とってほしかった。描かれている人物は滑稽でコミカル。言葉や行動の隙間からどうしようもない人の欲と優しさが溢れでてる。読了して「ばかだな~」と呟かずにはおれないが、その後じんわりと自分自身にかえってくる。
amazon.co.jpより

2位:レールの向こう


~内容~

沖縄に生きて、その風土を呼吸しながら「沖縄の私小説」を書いてきた89歳の作家の新境地―初めての私小説。川端康成文学賞を受賞した表題作と新作「病棟の窓」を収録する最新作品集。

(「BOOK」データベースより)

価格 704円
ジャンル 短編集
出版社 新潮社
著者 大城 立裕
ページ数 234ページ
口コミ
口コミ

“毎日新聞では年末、書評委員全員が「この1年の3冊」を発表しています。2015年12月、書評委員の一人がこの本を選んでいました。その書評が心にとまり購入しました。表題作は30ページほどの短篇です。非才な者が、説明を加えれば加えるほど、この物語の本質から遠ざかってしまう気がしますので、「とても大切にしたいと思える作品にであえた幸福感に満たされました」というにとどめたいと思います。大城さん、ありがとうございました。”amazon.co.jpより

1位:文字渦


~内容~

「昔、文字は本当に生きていたのじゃないかと思わないかい」――。始皇帝の陵墓づくりに始まり、道教、仏教、分子生物学、情報科学を縦横に、変化を続ける「文字」を主役として繰り広げられる異色の連作集。文字を闘わせる遊戯に隠された謎、連続殺「字」事件の奇妙な結末、本文から脱出し短編間を渡り歩くルビの旅……。雑誌「新潮」連載中からあまりの常識破りにSNS騒然、「電子化は無理なやつ」の声多数(しかし電子書籍化に成功しました)、中国語版翻訳者の丁丁虫氏は「翻訳不能! 」と困惑顔。小説の地平を拓く12編、川端康成文学賞・日本SF大賞W受賞の話題作。

(Amazonより)

価格 781円
ジャンル 短編集
出版社 新潮社
著者 円城 塔
ページ数 432ページ
口コミ
口コミ

“冒頭の表題作の他、「緑字」、「闘字」、「梅枝」、「新字」、「微字」、「種字」、「誤字」、「天書」、「金字」、「幻字」及び「かな」と言う「文字」を多角的に探究した全12の短編を収録した傑作短編集。注意深く読むと、ある「文字」(表記出来ない)や登場人物の繋がりによって、連作短編集となっている点も洒落ている。また、上で、多角的に探究、と書いたが、作者が考えている時間・空間スケールが壮大かつ緻密であって、これにも圧倒された。物語を紡ぐために「文字」が存在するのではなく、「文字」自身が物語を持っているという作者らしい斬新な発想が光っており、全編に艶めかしい雰囲気が漂っている。

特に、「梅枝」の掉尾の一文、「昔、文字は本当に生きていたのじゃないかと思わないかい」、がそのまま読者の感想となる様な楽しみと企みに満ちている点が印象に残る。人類史ならぬ「文字」進化史という雄大な構想なのである。作者のファンなら、作者が「小説自動生成プログラム」を開発していて(「シャッフル航法」というアウトプットもある)、作品「プロローグ」ではその開発のために、記紀などの古典を研究している様子が書かれている事は周知だが、その開発努力が本作で花開いている事も感じられた。日本や中国の古典は勿論、梵語や楔形文字などについても作品背景が拡がっているのである。仏典などの写経がファイル(あるいは遺伝子)のコピー、その際の誤りが異伝(あるいは突然変異)に対応している辺りも如何にも作者らしい。やに言及する等の遊び心も満載である(「幻字」は「犬神家の一族」の「文字」版パロディ)。

「小説自動生成プログラム」の開発と「文字」自身の徹底的探究という両方向から文学を切り開こうとする作者の決意が窺える傑作だと思った。
amazon.co.jpより

川端康成文学賞以外のおすすめの作品賞は?

直木賞

直木賞は、大衆文学に贈られる賞で日本で有名な賞の一つと言えるでしょう。娯楽性の高い面白い本が受賞される傾向があります。娯楽性の高い小説や本当に面白い小説を読みたい方はこの賞の受賞作を手に取ってみると良いでしょう。

【2021年最新】直木賞受賞作品のおすすめランキング15選!芥川賞との違いや特徴まで!
【最新版】直木賞受賞作品のおすすめ人気比較ランキングトップ15です。各直木賞受賞作品のあらすじから芥川賞との違いや特徴までを徹底的にご紹介!みんなが選んだおすすめの直木賞受賞作品をあなたにお届けします。

芥川賞 

芥川賞は純文学を対象にした文学賞で、直木賞と並び日本で最も有名な賞といえるでしょう。

芸術性や文章の美しさなどが審査の対象になります。純文学が好きな方や小説に芸術性を求める方は芥川賞受賞作品を読むのをおすすめします。

【2021年最新】芥川賞受賞作品のおすすめランキング20選!直木賞との違いや特徴まで!
【最新版】芥川賞受賞作品のおすすめ人気比較ランキングトップ20です。各芥川賞受賞作品のあらすじから直木賞との違いや特徴までを徹底的にご紹介!みんなが選んだおすすめの芥川賞受賞作品をあなたにお届けします。

江戸川乱歩賞 

江戸川乱歩賞はミステリー小説や推理小説などを対象とした賞です。ミステリー好きな方や意外性を求める方におすすめです。また、受賞後のサポートがしっかりしているのもこの賞の特徴と言えるので、気に入った作品があったら、その作家さんの他の作品を取って見るのもいいでしょう。

【2021年最新】江戸川乱歩賞受賞作品のおすすめランキング25選!特徴や歴史まで!
【最新版】江戸川乱歩賞受賞作品のおすすめ人気比較ランキングトップ25です。各江戸川乱歩賞受賞作品のあらすじや価格情報からクチコミやレビューまでを徹底的にランキング形式でご紹介!みんなが選んだおすすめの江戸川乱歩賞受賞作品をあなたにお届けします。

本屋大賞 

本屋さんの書店員だけが投票して選ばれる賞です。本屋さんが選ぶ作品ですので有名無名にかかわらず、本当に面白い小説が選ばれることが多いです。作品選びに失敗したくない方や作品世界に引き込まれたい方におすすめです。

【2021年最新】本屋大賞受賞作品のおすすめランキング15選!特徴や歴史まで!
【最新版】本屋大賞受賞作品のおすすめ人気比較ランキングトップ15です。各本屋大賞受賞作品のあらすじや価格情報からクチコミやレビューまでを徹底的にランキング形式でご紹介!みんなが選んだおすすめの本屋大賞受賞作品をあなたにお届けします。

星新一賞 

SFなどの「理系文学」を対象にした賞です。星新一さんがショートショートの名手だったこともあり、短編やショートショートが対象になります。SF小説が好きな方はもちろんですが、短編で読みやすいので読書慣れしていない方や読書の時間があまり取れない方におすすめです。

【2021年最新】本屋大賞受賞作品のおすすめランキング15選!特徴や歴史まで!
【最新版】本屋大賞受賞作品のおすすめ人気比較ランキングトップ15です。各本屋大賞受賞作品のあらすじや価格情報からクチコミやレビューまでを徹底的にランキング形式でご紹介!みんなが選んだおすすめの本屋大賞受賞作品をあなたにお届けします。

日本SF大賞

日本SF大賞は、1980年に日本SF作家クラブが設立した文学賞です。SFジャンルの中で、プロの作家がプロの作品を選ぶ形式の賞では初めてで、小説以外にも漫画やノンフィクションなども受賞しているのが特徴です。

【2021年最新】日本SF大賞受賞作品のおすすめランキング10選
【最新版】日本SF大賞受賞作品のおすすめ人気比較ランキングトップ10です。各日本SF大賞受賞作品のあらすじから特徴、価格までを徹底的にご紹介!みんなが選んだおすすめの日本SF大賞受賞作品をあなたにお届けします。

すばる文学賞

「すばる文学賞」とは集英社主催の純文学の公募新人文学賞で、エンターテメイト性を兼ね備えた作品が選ばれることが多いのが特徴です。芥川賞の候補にも挙がる文学賞でもあり、注目度の高い文学賞の一つと言えるでしょう。ストーリー重視の純文学を読みたい方におすすめの賞です。

【2021年最新】すばる文学賞受賞作品のおすすめランキング10選
【最新版】すばる文学賞受賞作品のおすすめ人気比較ランキングトップ10です。各すばる文学賞受賞作品のあらすじから特徴、価格までを徹底的にご紹介!みんなが選んだおすすめのすばる文学賞受賞作品をあなたにお届けします。

山本周五郎賞

「山本周五郎賞」は三島由紀夫賞と同時に1988年に創設されました。昭和期に大衆文学や時代歴史小説で有名な山本周五郎にちなんで、目を見張るような物語性を有する小説に贈られる文学賞です。一般には「山本賞」や「山周賞」などと呼ばれています。

【2021年最新】山本周五郎賞受賞作品のおすすめランキング10選
【最新版】山本周五郎賞受賞作品のおすすめ人気比較ランキングトップ10です。各山本周五郎賞受賞作品のあらすじから特徴、価格までを徹底的にご紹介!みんなが選んだおすすめの山本周五郎賞受賞作品をあなたにお届けします。

日本ファンタジーノベル大賞

日本ファンタジーノベル大賞は1989年に創設された、未発表の創作ファンタジー小説を対象とした、プロ・アマを問わない公募型の文学賞です。 日本ファンタジーノベル大賞を受賞した作品は、新潮社から刊行されるのが特徴で、受賞作の中にはアニメ化された作品もあります。

【2021年最新】日本ファンタジーノベル大賞のおすすめランキング10選
【最新版】日本ファンタジーノベル大賞受賞作品のおすすめ人気比較ランキングトップ10です。各日本ファンタジーノベル大賞受賞作品のあらすじから特徴、価格までを徹底的にご紹介!みんなが選んだおすすめの日本ファンタジーノベル大賞受賞作品をあなたにお届けします。

日本ホラー小説大賞

日本ホラー小説大賞とは、株式会社KADOKAWAと一般財団法人角川文化振興財団が主催していた日本の公募新人文学賞です。1994年から2018年まで続いた文学賞で、『同じ時代を生きている全ての読者と、恐怖を通して人間の闇と光を描こうとする才能豊かな書き手のために』をコンセプトとしているのが特徴です。

【2021年最新】日本ホラー小説大賞受賞作品のおすすめランキング10選
【最新版】日本ホラー小説大賞受賞作品のおすすめ人気比較ランキングトップ10です。各日本ホラー小説大賞受賞作品のあらすじから特徴、価格までを徹底的にご紹介!みんなが選んだおすすめの日本ホラー小説大賞受賞作品をあなたにお届けします。

川端康成文学賞のおすすめまとめ

川端康成文学賞,おすすめ,まとめ

ここまでおすすめの川端康成文学賞受賞作品やその他の文学賞を紹介してきましたがいかがでしたか。この記事がみなさんの小説選びの一助になっていれば幸いです。みなさんの読書生活がよりよいものになることを切に願っております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました