【2021年最新】泉鏡花文学賞受賞作品のおすすめランキング10選

泉鏡花文学賞,おすすめ 小説
スポンサーリンク

泉鏡花文学賞受賞作品のおすすめ人気比較ランキングトップ10です。各泉鏡花文学賞受賞作品のあらすじや価格情報からクチコミやレビューまでを徹底的にランキング形式でご紹介!みんなが選んだおすすめの泉鏡花文学賞受賞作品をあなたにお届けします。

スポンサーリンク

おすすめの作品がいっぱい!泉鏡花文学賞とは!? 

泉鏡花文学賞,おすすめ

泉鏡花文学賞とは1973年に泉鏡花生誕100年を記念して設けられた文学賞のことです。主催は金沢市で、年に1回発表されます。「ロマンの薫り高い作品」が対象で、小説や戯曲などの単行本が選ばれるのが特徴です。受賞者層は新人からベテランまで幅広いです。

2021年最新の泉鏡花文学賞受賞作品

『小説伊勢物語業平』


~内容~

美麗な容貌と色好みで知られる在原業平の一代記。千年前から読み継がれる歌物語の沃野に分け入り、小説に紡ぐことで、日本の美の源流が立ち現れた。これは文学史上の事件である!

(Amazonより)

価格 2420円
ジャンル 時代小説
著者 髙樹 のぶ子
ページ数 464ページ

泉鏡花文学賞受賞作品のおすすめランキング

10位:誘惑者


~内容~

噴煙吹き上げる春まだ浅い三原山に、女子大生がふたり登っていった。だが、その後、夜更けに下山してきたのは、なぜかひとりだけ―。遡ること一ヶ月前、同様の光景があり、ひとり下山した女子大生は同一人物だった。自殺願望の若い女性ふたりに、三原山まで同行して、底知れぬ火口に向かって投身させた自殺幇助者の京大生・鳥居哲代。生きていることに倦んだ高学歴の女学生たちの心理を精緻に描き、自殺者と自殺幇助者になっていく軌跡をミステリー風に仕立てた悽絶な魂のドラマ。高橋たか子の初期長編代表作で第4回泉鏡花賞を受賞。

(「BOOK」データベースより)

価格 660円
ジャンル 文芸作品
出版社 小学館
著者 高橋 たか子
ページ数 347ページ
口コミ
口コミ

“高橋たか子で一冊といわれれば、間違いなく、本書をあげる。<死>を媒介とした<悪>の問題。モーリアック「テレーズ・デスケレウ」以来の孤独な女性犯罪者の内面に迫った作品といってよいかもしれない。
しかし、この問題を臆することなく、著者は凝視しつづける。自殺幇助という問題を扱う中、<悪>の問題は、主人公鳥居哲代を通じて、私たちの中に棘のように刺さることだろう。
amazon.co.jpより

9位:嗤う伊右衛門


~内容~

幽晦との境界が、破れている。内部の薄明が昏黒に洩れている。ならばそこから夜が染みて来る…。生まれてこのかた笑ったこともない生真面目な浪人、伊右衛門。疱瘡を病み顔崩れても凛として正しさを失わない女、岩―「四谷怪談」は今、極限の愛の物語へと昇華する!第二十五回泉鏡花文学賞受賞作。

(「BOOK」データベースより)

価格 607円
ジャンル 恋愛小説
出版社 中央公論新社
著者 京極 夏彦
ページ数 381ページ
口コミ
口コミ

“非常に難解な作品です。京極夏彦氏の作品は大好きでほとんど読んでますが、この作品ほど読み直した作品はない。でも読む度にズルズルと深淵に引き摺り込まれます。私のなかでは鬱小説ランキング断トツ一位です…気分が落ちているときは読んじゃダメ。でも好きなんですよね。特にお岩様が。まっすぐに生きすぎてて不器用なとことか。離別されて貧しくても提灯を作って生き生き自活してるとことか。しかし、敢えてお岩様に話さなくていいことを話して怒涛のような悲劇が。又市さんが「奴の舌先三寸で生死に決まっちまうこともあるんです」と別の作品で言ってたけど、言葉って本当に怖いと思いました。何気なく発した言葉で人は壊れる。迷う。死ぬ。もちろん、その逆もあるんだろうけれど…。気持ちがすれ違うのに大したきっかけなんて要らないんでしょう。いろんな意味で恐い物語なのです。余談ですが、葛飾北斎の表紙でジャケット買いしちゃいました!中公文庫さん、センスいい〜。”amazon.co.jpより

8位:道頓堀の雨に別れて以来なり 川柳作家・岸本水府とその時代

~内容~

大阪の川柳結社「番傘」を率いた岸本水府と、川柳に生涯を賭けた盟友たち…。川柳への深い造詣と敬愛で、その豊穣、肥沃な文学的魅力を描き尽す伝記巨篇。川柳を通して描く、明治・大正・昭和の人びとの足跡。著者渾身のライフワーク完結。泉鏡花文学賞・読売文学賞受賞作。

(「BOOK」データベースより)

価格 1210円
ジャンル 時代小説
出版社 中央公論新社
著者 田辺 聖子
ページ数 465ページ
口コミ
口コミ

“この3冊の大作を残さずには死ねないと言うような意気込みが集約されていた。作家としての全てを注ぎ込まれたのではないかと思う。言い替えれば、この著作の為に作家であろうとしたと言っても良いほどだ。
川柳が巷の人情を短い言葉で表現する物であるだけに、時代の息づかいや世情をもっとも反映出来る。けれど、言い替えれば、世の中の移り変わりと共に消えていく運命も持っている。人の世の営みには普遍性があるのに、捨てられる、時代と共に流れて消える、しかし真実の言葉。
それが川柳なのだと田辺聖子さんは言いたいのだと思う。だから、もっと大切にしてほしい。短い叫びのような、人の影のような、生活と切っても切れない言葉の吐露を大事にして、守り、更に高めて作り出して、紡いできた人々が居たことを忘れないで欲しいと!
これは本当に貴重な近代川柳史だと思う。
amazon.co.jpより

7位:骨風


~内容~

十七歳、家出少年の人生は、挫折、家族解散、借金返済の自転車操業。老いてなお逃げ続ける脚力で描き切った、崖っぷちの連作集!

(「BOOK」データベースより)

価格 1426円
ジャンル 短編集
出版社 文藝春秋
著者 篠原 勝之
ページ数 227ページ
口コミ
口コミ

“室蘭から東京に出て、東京近郊の工場で鉄くずを相手に、ゲージツ作品を作るようになるまでの日々と、その後に、甲斐駒ヶ岳の麓の村に作業場を構えて、作品を作り続けるようになってからの日々とを背景に、人生のそれぞれの時点で触れ合った人々を描いた短編集です。
初めは、なぜクマさんが泉鏡花賞を、と思いましたが、読んでみて分かりました。山を見上げながらの暮らしや、親しくなった人の死等、描かれる風景や空気感が、南木佳士さんの「草すべり」に近いのです。
家族と長く疎遠にしている方は、読んで感じるところが多い作品だと思います。
amazon.co.jpより

6位:悪党芭蕉


~内容~

ならず者と遊び人が集った蕉門、美男弟子との衆道関係、あの句にこめられた危険な秘密…いつしか神格化され「求道の人」のアイドルとなった松尾芭蕉。しかしその素顔は、芥川龍之介に「日本の生んだ三百年前の大山師」と言わしめるほど、凄腕の不良だった!「俳聖」を敢えて俗人と同じレベルで再考し、犯罪すれすれのところに成立した俳諧の真の凄味に迫る、画期的芭蕉論。第34回泉鏡花文学賞&第58回読売文学賞W受賞。

(「BOOK」データベースより)

価格 671円
ジャンル 時代小説
出版社 嵐山 光三郎
著者 新潮社
ページ数 350ページ
口コミ
口コミ

“嵐山光三郎による芭蕉二部作のうちの一つ(も一つ頑張って書いて三部作としてほしいところだが)。前作『芭蕉紀行』が芭蕉の生涯と旅に焦点をあてたものであるならば、こちらは芭蕉を取り巻く弟子たちの人間像、人間模様を浮かび上がらせた作品。また、『紀行』がおくのほそ道をはじめとする紀行文の紹介であるのに対し、こちらは猿蓑をはじめとした七部集が中心となっている。岩波『蕉門名家句選』などで蕉門の弟子たちとその句についてそこそこは知っているつもりだったが、改めて指摘されると、なるほど芭蕉の弟子たちには一癖もふた癖もある問題人物がやたら多いことに気づかされる。そういった悪党どもを取りまとめていた芭蕉はさらに輪をかけた大悪党だった、というところか。蕉門に集った出自も階級もさまざまな弟子たちの句からは芭蕉だけではない元禄期の俳諧の隆盛ぶりがひしひしと伝わってきて、個人的には『芭蕉紀行』より面白く読めた。”amazon.co.jpより

5位:ブラフマンの埋葬


~内容~

ある出版社の社長の遺言によって、あらゆる種類の創作活動に励む芸術家に仕事場を提供している“創作者の家”。その家の世話をする僕の元にブラフマンはやってきた―。サンスクリット語で「謎」を意味する名前を与えられた、愛すべき生き物と触れ合い、見守りつづけたひと夏の物語。第32回泉鏡花賞受賞作。

(「BOOK」データベースより)

価格 440円
ジャンル 文芸作品
出版社 講談社
著者 小川 洋子
ページ数 192ページ
口コミ
口コミ

“童話みたいで、カフカみたいで、暖かく、そして知的で隅々まで作者の気配りが届いているしっかりした文章のすばらしさ。本を読み楽しさを教えてくれる優しさに包まれた一冊です。チェコとか、中央ヨーロッパかな、と思わせる田園地帯の小さな街。太古に亡くなった人達が墓地に住んでいる雰囲気。でも、日本と違って湿気がないから、周りの死者たち(本には直接出てきませんが)の雰囲気も明るいですね。
ブラフマンって誰でしょう。私は、ハイドパークやセントラルパークにいる大きなリスたちと、カナダや北欧のビーバーを思い浮かべました。可愛いよね。ブラフマンの最後で示されるように、生と死って本当に隣り合わせ。何だか、絶対的な障壁があるのではなくて、ごく自然に行き来しているような。「僕」を見つめる写真の家族も、そんな感じですよね。8.の最初、「秋を運ぶ最初の季節風が吹いた。」からの季節の変化の描写は好きでした。「季節風が止んだあとに、素晴らしい朝が訪れるのもまた、毎年のことだった。」の後の季節描写も素晴らしいですね。この本を読む機会を得ることができて、とても幸せです。
amazon.co.jpより

4位:大きな鳥にさらわれないよう


~内容~

遠い未来、衰退の危機を認めた人類は、「母」のもと、それぞれの集団どうしを隔離する生活を選ぶ。異なる集団の人間が交雑することにより、新しい遺伝子を持ち、進化する可能性がある人間の誕生に賭けた―。かすかな希望を信じる人間の行く末を、さまざまな語りであらわす「新しい神話」。泉鏡花文学賞受賞作。

(「BOOK」データベースより)

価格 858円
ジャンル SF小説
出版社 講談社
著者 川上 弘美
ページ数 416ページ
口コミ
口コミ

“凄まじい、美しい、そしてただただ面白い‼
川上文学という大きな鳥に、たいそう遠くまでさらわれた。
元生物教師で、SFのバックグラウンドを持つ芥川賞作家である著者しか、到達出来なかった域だと思う。「うちのめされた」という筒井康隆御大の帯に偽りなし。

長く積読してたのを、ふと読み始めたら止まらず、一気に読了してしまった。そしてもう一度読み返し…いや明日も仕事だし寝ないと、でも時間のベクトルがどっちに向かってたのか、もいちど確かめないと…あー幸せ。
5人のお客
amazon.co.jpより

3位:怪しい来客簿


~内容~

私が関東平野で生まれ育ったせいであろうか、地面というものは平らなものだと思ってしまっているようなところがある―「門の前の青春」。亡くなった叔父が、頻々と私のところを訊ねてくるようになった―「墓」。独自の性癖と感性、幻想が醸す妖しの世界を清冽に描き泉鏡花賞を受賞した、世評高い連作短篇。

(「BOOK」データベースより)

価格 660円
ジャンル 文芸作品
出版社 文藝春秋
著者 色川 武大
ページ数 310ページ
口コミ
口コミ

“ 相撲取りの話は「楡家の人びと」にも出てきた話だった。
話者と、話者の生きてきた履歴に関わる底辺の人々をさまざま思い出して綴っている。その語りようはなにか庶民的でかつ冥界に誘うような、どこか懐かしくて何世代もの人々によって生きられた、死につながる世界を語っているかのようだ。
なにかしら弱くて懐かしい人々をゆるすという態度からも、温かいけどあの世に関わっているような、郷愁を感じさせる怪談が書かれているかのようだ。
amazon.co.jpより

2位:飛ぶ孔雀


~内容~

石切り場の事故以来、火が燃えにくくなった世界。真夏の夜の庭園の大茶会で火を運ぶ娘たちは、孔雀に襲われる。一方、男は大蛇が蠢く地下世界を遍歴し―。煌めく言葉が奇異なる世界へと読者を誘う。不世出の幻想作家による、泉鏡花文学賞・日本SF大賞・芸術選奨文部科学大臣賞、3冠達成の傑作小説。

(「BOOK」データベースより)

価格 814円
ジャンル SF小説
出版社 文藝春秋
著者 山尾 悠子
ページ数 264ページ
口コミ
口コミ

“「伝説の幻想作家の八年ぶりの新作」といった宣伝文句に引力を感じて思わず購入したのですが、期待以上でした。
幻想そのものの密度でありながら、あまりにも確固としたモチーフの描写、登場人物たちの生々しいまでの存在感、自分がこの幻想世界に引きずり込まれているという自覚すらさせずに引きずり込む魔術のような手並み。
「ある時から突然火が燃えにくくなり、場所によってその『燃えにくさ』が左右される」「突如大園遊会が開催され、それに参加した『火を運ぶ娘』に孔雀が襲い掛かる」不可解で脳みそを揺さぶられますが、通り一遍ではない独創的なモチーフ、なんとなく「感覚的に」理解できる幻想性(冷静に考えれば理解できる訳がないのにそう思わせる)、その「幻想性と実在感が表裏一体になった、言い表しづらい感覚」が、この本の醍醐味でしょう。
amazon.co.jpより

1位:グロテスク


~内容~

名門Q女子高に渦巻く女子高生たちの悪意と欺瞞。「ここは嫌らしいほどの階級社会なのよ」。悪魔的な美貌を持つニンフォマニアのユリコ、競争心をむき出しにし、孤立する途中入学組の和恵。ユリコの姉である“わたし”は二人を激しく憎み、陥れようとする。圧倒的な筆致で現代女性の生を描ききった、桐野文学の金字塔。

(「BOOK」データベースより)

価格 759円
ジャンル 文芸作品
出版社 文藝春秋
著者 桐野 夏生
ページ数 397ページ
口コミ
口コミ

“社会的立場の高い女性には行動の自由が許される。生活に困らない収入もある。その自由が自我の肥大を生み出す。東電OL事件に興味を持って読んだ感想。本当にグロテスクである。
いみじくも作中のQ女子高の木島教師が「僕たちは学校で科学的なことしか教えていなかった。もっと人間性を教えるべきだった」と悔いるように、Q女子高という小さな世界の中に進化論的なパワーゲームの世界が縮約されている。そこで育った4人のグロテスクな女たち。
この小説は悪意に満ちている。まったく歯に衣を着せないやりとりが読んでいて爽快になるぐらい。そして4人の女性とも孤独である。孤独への恐怖が4人をねじ曲げていく。
作品中、もっともグロテスクなのはやはり和恵である。自己が分裂してしまった彼女は、しだいに社会と自分、という壁を失っておぞましい怪物になっていく。なぜ高校時代の地味な彼女が変貌したのか。それは多分、ユリコの姉が言うように、自分や世間に対して、あまりにも鈍かったから。彼女の変貌を彼女なりの「成功」と呼べるだろうか。私はそれは違うと思う。彼女が摂食障害であるというエピソードはあまり語られていないが、摂食障害というのはまさに「自分」と「世間」の境界を失っていく病気だし、その根本的な原因は和恵が直面した問題と、基本的に同じである。ミツルがカルト教団の幹部になってしまった所や、容疑者チャンの身上書(彼の作り話かもしれないが)は多少演出が大仰だと思うが、チャンの住んでいた中国内陸部の貧困と日本に来てからの底辺の生活は、現代の日本で起きている「過剰と腐敗」の鏡となっている。
女は年を取るごとに「モノ」ではなく「人」になっていく。だからモノとして扱われる売春の世界では、客も本人も辛くなっていくのである。もっと「人」として輝いていく道などたくさんあったのに。私たちは和恵や「ユリコの姉」に似た部分はあるけれども決して同じにはなれない。
amazon.co.jpより

泉鏡花文学賞以外のおすすめの作品賞は?

直木賞

直木賞は、大衆文学に贈られる賞で日本で有名な賞の一つと言えるでしょう。娯楽性の高い面白い本が受賞される傾向があります。娯楽性の高い小説や本当に面白い小説を読みたい方はこの賞の受賞作を手に取ってみると良いでしょう。

【2021年最新】直木賞受賞作品のおすすめランキング15選!芥川賞との違いや特徴まで!
【最新版】直木賞受賞作品のおすすめ人気比較ランキングトップ15です。各直木賞受賞作品のあらすじから芥川賞との違いや特徴までを徹底的にご紹介!みんなが選んだおすすめの直木賞受賞作品をあなたにお届けします。

芥川賞 

芥川賞は純文学を対象にした文学賞で、直木賞と並び日本で最も有名な賞といえるでしょう。

芸術性や文章の美しさなどが審査の対象になります。純文学が好きな方や小説に芸術性を求める方は芥川賞受賞作品を読むのをおすすめします。

【2021年最新】芥川賞受賞作品のおすすめランキング20選!直木賞との違いや特徴まで!
【最新版】芥川賞受賞作品のおすすめ人気比較ランキングトップ20です。各芥川賞受賞作品のあらすじから直木賞との違いや特徴までを徹底的にご紹介!みんなが選んだおすすめの芥川賞受賞作品をあなたにお届けします。

江戸川乱歩賞 

江戸川乱歩賞はミステリー小説や推理小説などを対象とした賞です。ミステリー好きな方や意外性を求める方におすすめです。また、受賞後のサポートがしっかりしているのもこの賞の特徴と言えるので、気に入った作品があったら、その作家さんの他の作品を取って見るのもいいでしょう。

【2021年最新】江戸川乱歩賞受賞作品のおすすめランキング25選!特徴や歴史まで!
【最新版】江戸川乱歩賞受賞作品のおすすめ人気比較ランキングトップ25です。各江戸川乱歩賞受賞作品のあらすじや価格情報からクチコミやレビューまでを徹底的にランキング形式でご紹介!みんなが選んだおすすめの江戸川乱歩賞受賞作品をあなたにお届けします。

本屋大賞 

本屋さんの書店員だけが投票して選ばれる賞です。本屋さんが選ぶ作品ですので有名無名にかかわらず、本当に面白い小説が選ばれることが多いです。作品選びに失敗したくない方や作品世界に引き込まれたい方におすすめです。

【2021年最新】本屋大賞受賞作品のおすすめランキング15選!特徴や歴史まで!
【最新版】本屋大賞受賞作品のおすすめ人気比較ランキングトップ15です。各本屋大賞受賞作品のあらすじや価格情報からクチコミやレビューまでを徹底的にランキング形式でご紹介!みんなが選んだおすすめの本屋大賞受賞作品をあなたにお届けします。

星新一賞 

SFなどの「理系文学」を対象にした賞です。星新一さんがショートショートの名手だったこともあり、短編やショートショートが対象になります。SF小説が好きな方はもちろんですが、短編で読みやすいので読書慣れしていない方や読書の時間があまり取れない方におすすめです。

【2021年最新】星新一の小説のおすすめ人気比較ランキング20選
【最新版】星新一の小説のおすすめ人気比較ランキングトップ20です。各星新一の小説のあらすじや価格情報からクチコミやレビューまでを徹底的にランキング形式でご紹介!みんなが選んだおすすめの星新一の小説をあなたにお届けします。

日本SF大賞

日本SF大賞は、1980年に日本SF作家クラブが設立した文学賞です。SFジャンルの中で、プロの作家がプロの作品を選ぶ形式の賞では初めてで、小説以外にも漫画やノンフィクションなども受賞しているのが特徴です。

【2021年最新】日本SF大賞受賞作品のおすすめランキング10選
【最新版】日本SF大賞受賞作品のおすすめ人気比較ランキングトップ10です。各日本SF大賞受賞作品のあらすじから特徴、価格までを徹底的にご紹介!みんなが選んだおすすめの日本SF大賞受賞作品をあなたにお届けします。

すばる文学賞

「すばる文学賞」とは集英社主催の純文学の公募新人文学賞で、エンターテメイト性を兼ね備えた作品が選ばれることが多いのが特徴です。芥川賞の候補にも挙がる文学賞でもあり、注目度の高い文学賞の一つと言えるでしょう。ストーリー重視の純文学を読みたい方におすすめの賞です。

【2021年最新】すばる文学賞受賞作品のおすすめランキング10選
【最新版】すばる文学賞受賞作品のおすすめ人気比較ランキングトップ10です。各すばる文学賞受賞作品のあらすじから特徴、価格までを徹底的にご紹介!みんなが選んだおすすめのすばる文学賞受賞作品をあなたにお届けします。

山本周五郎賞

「山本周五郎賞」は三島由紀夫賞と同時に1988年に創設されました。昭和期に大衆文学や時代歴史小説で有名な山本周五郎にちなんで、目を見張るような物語性を有する小説に贈られる文学賞です。一般には「山本賞」や「山周賞」などと呼ばれています。

【2021年最新】山本周五郎賞受賞作品のおすすめランキング10選
【最新版】山本周五郎賞受賞作品のおすすめ人気比較ランキングトップ10です。各山本周五郎賞受賞作品のあらすじから特徴、価格までを徹底的にご紹介!みんなが選んだおすすめの山本周五郎賞受賞作品をあなたにお届けします。

日本ファンタジーノベル大賞

日本ファンタジーノベル大賞は1989年に創設された、未発表の創作ファンタジー小説を対象とした、プロ・アマを問わない公募型の文学賞です。 日本ファンタジーノベル大賞を受賞した作品は、新潮社から刊行されるのが特徴で、受賞作の中にはアニメ化された作品もあります。

【2021年最新】日本ファンタジーノベル大賞のおすすめランキング10選
【最新版】日本ファンタジーノベル大賞受賞作品のおすすめ人気比較ランキングトップ10です。各日本ファンタジーノベル大賞受賞作品のあらすじから特徴、価格までを徹底的にご紹介!みんなが選んだおすすめの日本ファンタジーノベル大賞受賞作品をあなたにお届けします。

日本ホラー小説大賞

日本ホラー小説大賞とは、株式会社KADOKAWAと一般財団法人角川文化振興財団が主催していた日本の公募新人文学賞です。1994年から2018年まで続いた文学賞で、『同じ時代を生きている全ての読者と、恐怖を通して人間の闇と光を描こうとする才能豊かな書き手のために』をコンセプトとしているのが特徴です。

【2021年最新】日本ホラー小説大賞受賞作品のおすすめランキング10選
【最新版】日本ホラー小説大賞受賞作品のおすすめ人気比較ランキングトップ10です。各日本ホラー小説大賞受賞作品のあらすじから特徴、価格までを徹底的にご紹介!みんなが選んだおすすめの日本ホラー小説大賞受賞作品をあなたにお届けします。

泉鏡花文学賞のおすすめまとめ

泉鏡花文学賞,おすすめ,まとめ

ここまでおすすめの泉鏡花文学賞受賞作品やその他の文学賞を紹介してきましたがいかがでしたか。この記事がみなさんの小説選びの一助になっていれば幸いです。みなさんの読書生活がよりよいものになることを切に願っております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました