【2021年最新】堂場瞬一の小説のおすすめ人気ランキング15選

堂場瞬一,おすすめ 小説
スポンサーリンク

堂場瞬一さんは情熱的なスポーツ小説や、人物描写が魅力的な警察小説を数多く執筆されています。今回は、堂場瞬一さんの作品をジャンルや文学賞受賞作品、本のタイプなどを基準にランキング形式でおすすめ作品をご紹介致します。ぜひ、自分好みの作品を見つけて堂場瞬一さんの作品を楽しんで頂ければと思います。

スポンサーリンク

おすすめの小説家堂場瞬一とは 

堂場瞬一,おすすめ

堂場瞬一さんといえば、スポーツ小説や警察小説が有名なのではないでしょうか。個性的なキャラクターや社会性のある作風が特徴的です。最近では、堂場瞬一さんの本は電子書籍化されているものが多いので、手軽に本を読むことができます。

多くの作品がテレビドラマ化していますので、読書初心者の方でも非常に楽しめるのでぜひ読んでみてください。

堂場瞬一の小説のおすすめ人気比較ランキング

15位:バビロンの秘文字


~内容~

恋人の里香に会いにストックホルムを訪れたカメラマン・鷹見。その眼前で、彼女の勤務先である国際言語研究所が爆破された。現場から姿を消した里香には、未解読の粘土板“バビロン文書”を持ち出した疑いが。背後に蠢く大国の陰謀、鷹見に迫る謎の襲撃者。古代文書に記された世界を変える真実とは?堂場瞬一最高傑作、堂々の文庫化!

(「BOOK」データベースより)

価格 968円
ジャンル ミステリー小説
出版社 中央公論新社
著者 堂場 瞬一
ページ数 545ページ
口コミ
口コミ

"イラクから発掘された謎の文書(楔形文字の粘土板)を巡り、北欧、アメリカ、ドイツ、そして日本を舞台に繰り広げられる一大エンターテインメント小説。ぐいぐい引き込む展開は流石の一言。まさに一気読み必至かと思います。複数いる主人公格の人物もみな、なかなかに個性的で魅力的です(ただ、ヒロインに関してだけは最後まで、キャラがよく理解できませんでしたが……)。
個人的には「古代文字」への興味から読み始めたのですが、その辺りは正直、そこそこといった感じ。『ダ・ヴィンチ・コード』並みのなぞ解きを期待すると、少々肩透かしかもしれません。古代シュメール語の面白さなどはもっと掘り下げてもらっても面白かったように思いますが、一方、古代文字解読と現代の暗号解読との関係性などは「なるほどなぁ」という感じでした。
それでも、日本発の、世界を舞台にしたスケールの大きな作品という意味で、とても貴重かと思います。
"amazon.co.jpより

14位:逸脱


~内容~

10年前の未解決事件を模倣した連続殺人。立て続けに3人の惨殺体が見つかった。県警捜査一課・澤村は、コンビを組む初美とプロファイリング担当の橋詰と犯人を追うが、上司と激しく衝突し孤立を深める。澤村は過去に自分が犯した失態により心に大きな傷を抱えていた。トラウマを払拭すべく澤村が捜査に邁進する中、さらに4人目の犠牲が出てしまう。被害者の共通点を洗うと、浮かび上がってきたのは意外な人物だった―。

(「BOOK」データベースより)

価格 880円
ジャンル ミステリー小説
出版社 KADOKAWA
著者 堂場 瞬一
ページ数 464ページ
口コミ
口コミ

"ストーリーの展開に無理なところはあるが、それを差し引いても結構面白い。澤村の特殊能力と彼をバックアップする谷口課長と後輩の初美の掛け合いが良い。
また橋詰と云うプロファイラーも良い味だしている。このシリーズ第一作が良かったので第二と第三もすぐに購入した。
"amazon.co.jpより

13位:社長室の冬


~内容~

日本新報記者・南康祐は、社内で要注意人物とみなされ、編集局から社長室へと異動。その頃、経営悪化の為、外資系企業への身売り工作が始まっていた。社長が交渉の中心になり、南も渦中に巻き込まれていく。身売りに関して社員や組合が徹底的に反発し、ライバル社への転職者も出る事態に。交渉相手は、紙メディアの存続に関わる買収条件を提示してくるが…。現代メディアのあり方を問う事件小説。

(「BOOK」データベースより)

価格 946円
ジャンル ミステリー小説
出版社 集英社
著者 堂場 瞬一
ページ数 488ページ
口コミ
口コミ

"期待せずに読んだらとても面白かった。新聞社の身売り問題。社長の急死。ありえそうな話で最後まで一気に読めた。
実際新聞まで電子になったら今あるyahooニュースと変わらなくなってしまうのかなと危機感を覚える。
"amazon.co.jpより

12位:交錯


~内容~

白昼の新宿で起きた連続殺傷事件―無差別に通行人を切りつける犯人を体当たりで刺し、その行動を阻止した男がいた。だが男は、そのまま現場を立ち去り、そして月日が流れた。未解決事件を追う警視庁追跡捜査係の沖田大輝は、犯人を刺した男の僅かな手がかりを探し求めていた。一方、同係の西川大和は、都内で起きた貴金属店強盗を追って、盗品の行方を探っていた。二人の刑事の執念の捜査が交錯するとき、それぞれの事件は驚くべき様相を見せはじめる。長篇警察小説シリーズ、待望の第一弾。

(「BOOK」データベースより)

価格 755円
ジャンル ミステリー小説
出版社 角川春樹事務所
著者 堂場 瞬一
ページ数 420ページ
口コミ
口コミ

"未解決事件を追う警視庁追跡捜査係。
西川大和は、捜査記録の行間に隠れた失敗、顧みられなかった証拠、突っ込み切れなかった証言などを探し出すのが抜群にうまい。沖田大輝は喧嘩っ早いという悪評が定着している男で、強行班からたたきだされたという噂がある。同期だが正反対で、ぶつかりあう二人。
西川は、青山での貴金属店強盗事件を追う。沖田は、新宿で無差別連続殺傷事件を起こした犯人・大山公人を刺して逃げた男を追う。
なんとまぁ、都合よく2つの事件が重なり繋がるんだろうという、ほんとに物語だなと思いますが、ここが繋がるのか!と思わせる書き方はさすがにうまいと思います。堂場さんの小説は、しょっぱい終わりもあり、そのへんもうまいなと思います。
"amazon.co.jpより

11位:脅迫者


~内容~

新人刑事時代のある捜査に違和感を抱いていた追跡捜査係の沖田は、二十年ぶりの再捜査を決意。自殺と処理された案件は、実は殺人だったのではないか―内部による事件の隠蔽を疑う沖田を、同係の西川はあり得ないと突っぱねるが、当時事件に携わった刑事たちへの事情聴取により、疑惑はさらに高まる。そんな折、沖田は何者かに尾行されていることに気づくが…。シリーズ史上最も厄介な敵を相手に、熱き男たちの正義感が爆発する!書き下ろし警察小説。

(「BOOK」データベースより)

価格 803円
ジャンル ミステリー小説
出版社 角川春樹事務所
著者 堂場 瞬一
ページ数 432ページ
口コミ
口コミ

"追跡捜査係の沖田の頭にふと蘇った、20年前の記憶。それは刑事になりたての頃、多摩川の河川敷で死体が発見された事件。非番であったためか、新米刑事だったためか、何も知らされず、聞いても誰も答えてくれないまま、早々に自殺と認定された。疑念を抱えたまま過ぎ去った20年に、沖田は今、改めて向き合う。
現代は今更のように「隠蔽」や「改竄」「でっち上げ」の話に満ち溢れているが、実は日本に限らず人間社会にはつきものの、必然的行動なのかもしれない。分かっていながら事を荒立てないのは日本人の美徳であるとも云う人もいる。
しかし、そんな美徳と正義や真実との狭間に立って決然と立ち上がる沖田には拍手を送りたくなる。著者はその両極端を上手にコントロールし、見事に収斂させている。
"amazon.co.jpより

10位:ミス・ジャッジ


~内容~

レッドソックスの先発投手として、メジャーデビューを果たした橘。暗い過去を秘めた日本人初のMLBアンパイア竹本。高校・大学時代の確執を引きずるふたりの人生が、大リーグを舞台に再び交錯する。たった1球の判定が明暗を分ける熾烈な世界で、因縁の闘いに決着はつくか―強烈な自負心と深い孤独を抱えた男たちのドラマを描く、傑作野球エンターテインメント。

(「BOOK」データベースより)

価格 755円
ジャンル スポーツ小説
出版社 実業之日本社
著者 堂場 瞬一
ページ数 432ページ
口コミ
口コミ

"本作のハードカバー版の発行は2006年3月。あの「歴史的誤審」として日本人野球ファンの脳裏に刻まれたWBC日本−アメリカ戦における「ボブ・デービッドソン事件」が起きたのが2006年3月12日。いかにメジャー通の作者といえど、本書執筆時にこのような歴史的「ミス・ジャッジ」事件が起きることなど予想もできなかったはずであり、おそるべき偶然である。おかげで、評者のようなそそっかしい読者が、「ひょっとして、デービッドソン事件のことを書いた小説か?」と一瞬勘違いをしてしまうことになる(笑)。
審判とは試合を進行管理する者である。円滑に試合を進行させるために、退場処分を含める権力も与えられている。しかしその権力は「野球の試合」という有機体を生かすために仮託されたものに過ぎない。「野球の試合」は、選手、監督・コーチ(球団・球場スタッフを含む)、観客、そして審判から成り立つ複合的有機体であり、誰かが「支配」し得るものではない。小説の本筋からは外れるが、本書に登場するメジャー審判・竹本の「審判」観は、明らかに間違っている。審判は試合を支配しない。ただ進行するのみである。
だが中立で透明であるべき審判のジャッジが、勝負に、選手に深甚な影響を与えることがある。それが「人間の行うわざ」であるところの難しさであり、面白さである。本書の主人公・橘投手は、「たった一球」をボールと判定されたことにより、のたうちまわることになる。野球のコクと面白みが堪能できる一冊。
"amazon.co.jpより

9位:8年


~内容~

オリンピックで華々しい活躍をし、当然プロ入りを期待されたが、ある理由から野球を捨ててしまった投手・藤原雄大。8年後、30歳を過ぎた彼は、突然、ニューヨークのメジャー球団に入団する。あの男ともう一度対戦したい!その悲願のためだけに…。一度は諦めた夢を実現するため、チャレンジする男の生き様を描くスポーツ小説の白眉。第13回小説すばる新人賞受賞作。

(「BOOK」データベースより)

価格 748円
ジャンル スポーツ小説
出版社 集英社
著者 堂場 瞬一
ページ数 352ページ
口コミ
口コミ

"すばる文学新人賞作品である。3作ほど同賞受賞作を読んでいるが、他の作品とは、出来が違う。これがデビュー作とは思えない筆力の確かさがある。受賞は当然といえよう。
著者は、スポーツ物と警察物を交互に書いているとのことであり、鳴沢シリーズ一冊目「雪虫」も読んだが、私は、スポーツ物の方が、筆が伸びやかだと感じた。
"amazon.co.jpより

8位:解


~内容~

バブル経済絶頂期、大学生の大江波流と鷹西仁は、政治家と小説家になる夢を語り合う親友同士。代議士の息子の大江は、大蔵省へ入省。鷹西は、社会勉強と文章修業のため新聞記者になった。目標実現のためにキャリアを積む二人だったが、大江の父親が急逝したことで忌まわしい殺人事件が…。めまぐるしく転変する彼らの人生を辿りながら、“平成”という時代を抉り出す骨太の長編社会派ミステリー。

(「BOOK」データベースより)

価格 814円
ジャンル ミステリー小説
出版社 集英社
著者 堂場 瞬一
ページ数 472ページ
口コミ
口コミ

"両方とも時代考証がよく判る私より少し上の世代が主人公となる話で、こんな時代こんな風に社会が流れていたというのがよく判るだけに入り込みやすいです。
新聞記者と政治家という大学時代の同級生がある事件を通じて描かれている話ですが、エンディングを含め読まされました。
"amazon.co.jpより

7位:アナザーフェイス


~内容~

警視庁刑事総務課に勤める大友鉄は、息子と二人暮らし。捜査一課に在籍していたが、育児との両立のため異動を志願して二年が経った。そこに、銀行員の息子が誘拐される事件が発生。元上司の福原は彼のある能力を生かすべく、特捜本部に彼を投入するが…。堂場警察小説史上、最も刑事らしくない刑事が登場する書き下ろし小説。

(「BOOK」データベースより)

価格 803円
ジャンル ミステリー小説
出版社 文藝春秋
著者 堂場 瞬一
ページ数 428ページ
口コミ
口コミ

"話の筋はわりと早いうちになんとなくわかる。そういう本はわりと多いと思うけどれど筋がわかってその後つまらない・読む気が失せる場合とわかっていても続きが読んでいきたくなる場合があって著者のものは後者だと思う。
テンポも良いしキャラ立てもしっかりしていて面白く読めました。
1巻目だからしょうがないでしょうが、脇が少し弱い(魅力に欠けた)気がしたのが残念。もう少し、ズシンと来る読み応えが欲しい気も。
"amazon.co.jpより

6位:蝕罪


~内容~

行方不明者を捜す専門部署として、警視庁に設立された失踪人捜査課―実態は厄介者が寄せ集められたお荷物部署。ある事件により全てを失い酒浸りになった刑事・高城賢吾が配属される。着任早々、結婚を間近に控え、なぜか失踪した青年の事件が持ちこまれるが…。待望の新シリーズ、書き下ろしで登場。

(「BOOK」データベースより)

価格 943円
ジャンル ミステリー小説
出版社 中央公論新社
著者 堂場 瞬一
ページ数 483ページ
口コミ
口コミ

"「失踪者を探す」ことを業務とする警視庁失踪課。政治的思惑によって「帳面消し」的に作られた失踪課は「使えない」警察官の吹き溜まりと化している。主人公からして登場当初からひどい二日酔いという体たらく。すでにして「失われている」かのような組織に、「終わってしまった」刑事が配属されてくる。
その失踪課に婚約者(息子)の突然の失踪に呆然とする女性二人が廻されて来る。結婚を間近に控えた温厚な会社員の突然の失踪。仕事のトラブルもなく、カネに困っていたわけでもないのになぜ?。失踪課の捜査が始まる。
失踪課とは、まさに「失われた人を見つけ出す」ことを使命とする組織である。
物語が進むうち、私たち読者は「失踪」とは残された者にとっては、「癒し」も「回復」もない、「確定した喪失」(=死)ですらない、極めて残酷な「宙ぶらり」状況であるということを突きつけられる。そしてその捜査を進める主人公・高城こそ、もっともそのような「残酷さ」に耐え続けてきた存在であることが明らかにされる。
本シリーズは、「失われしもの」を回復する物語となるのではないか、という予感とともに本書は閉じられる。続巻が楽しみである。
"amazon.co.jpより

5位:大延長


~内容~

公立の進学校・新潟海浜と、私立の強豪・恒正学園との夏の甲子園決勝戦は延長15回でも決着がつかず、再試合にもつれこんだ。両チームの監督は大学時代のバッテリー。中心選手はリトルリーグのチームメイト。互いの過去と戦術を知り尽くした者同士の壮絶な闘いのなかで、男たちの心は大きな変化を遂げていく―野球を愛するすべての人に贈る、感動の傑作長編。

(「BOOK」データベースより)

価格 755円
ジャンル スポーツ小説
出版社 実業之日本社
著者 堂場 瞬一
ページ数 432ページ
口コミ
口コミ

"久しぶりに、まっすぐなそしてドキドキする物語を読みました。野球ファンとしては平均以下の者だと思いますが、選手一人一人の心の動き、両軍の監督達の試合の駆け引きの裏側が手にとるようにわかり、これまでの甲子園全国高校野球大会の名試合の場面を思い出しました。そして年々自分とはとしが離れて行く若い選手に重ね合わせた人生の日々を振り返り、青春をこうしてゆっくりと味わいなおすことができました。堂場さん、熱い人生の応援物語をありがとうございました。"amazon.co.jpより

4位:破弾


~内容~

俺はまだ、死んでいない―故郷を去り、警視庁多摩署で現場に戻った了は、署内で冷遇を受ける女性刑事・小野寺冴と組むことに。厄介払いとして押しつけられたホームレス傷害事件に腐る二人だが、周囲にはなぜか公安の影が。心に傷を抱えた二人の刑事が今、最高のコンビとして立ち上がる。シリーズ第二弾。

(「BOOK」データベースより)

価格 935円
ジャンル ミステリー小説
出版社 中央公論新社
著者 堂場 瞬一
ページ数 589ページ
口コミ
口コミ

"鳴沢シリーズを全て読んだが、小野寺冴とのコンビを組んだこの巻が一番好きだ。他にも良い相棒はたくさんでてくるのだが、鳴沢と同じくある過去を抱えている冴が一番しっくりくる。"amazon.co.jpより

3位:ラストダンス


~内容~

プロ野球チーム「スターズ」の同期、真田誠と樋口孝明。ドラフト5位からスター投手にのし上がった真田に対し、即戦力と期待された捕手・樋口は準レギュラーに甘んじていた。そして今季、40歳のふたりに引き際が訪れる。優勝争いにからむシーズン終盤、真田と樋口は17年ぶりにバッテリーを組むことになるが―予想外の展開を見せる引退ドラマを濃密に描く感動作。

(「BOOK」データベースより)

価格 755円
ジャンル スポーツ小説
出版社 実業之日本社
著者 堂場 瞬一
ページ数 448ページ
口コミ
口コミ

"ストーリーについてはもうほかの方がたくさん書かれていますので。すごく脳裏に画が浮かぶ小説です。
それと、読んでいると幻聴が起きます(自分は)。「Save The Last dance for Me (ラストダンスは私に)」が、いろんな人の歌声で。タイトルがおかしい、っていう方がいらっしゃるようですが。自分はこれしかないっていうくらい素敵な題名だと思います。
"amazon.co.jpより

2位:雪虫


~内容~

俺は刑事に生まれたんだ―祖父・父を継いで新潟県警捜査一課の刑事となった鳴沢了は、晩秋の湯沢で刺殺された老女が、かつて宗教団体の教祖で、五十年前の殺人事件に関わっていたことを突き止めた。了は二つの事件の関連を確信するが、捜査本部長の父はなぜか了を事件から遠ざけるのだった。正義は、真実を覆い隠すのか?

(「BOOK」データベースより)

価格 935円
ジャンル ミステリー小説
出版社 中央公論新社
著者 堂場 瞬一
ページ数 546ページ
口コミ
口コミ

"改めて読みましたが、刑事小説の枠に収まらない人間ドラマに心揺さぶられました。"amazon.co.jpより

1位:チーム


~内容~

箱根駅伝出場を逃がした大学のなかから、予選で好タイムを出した選手が選ばれる混成チーム「学連選抜」。究極のチームスポーツといわれる駅伝で、いわば“敗者の寄せ集め”の選抜メンバーは、何のために襷をつなぐのか。東京~箱根間往復217.9kmの勝負の行方は―選手たちの葛藤と激走を描ききったスポーツ小説の金字塔。巻末に、中村秀昭(TBSスポーツアナウンサー)との対談を収録。

(「BOOK」データベースより)

価格 755円
ジャンル スポーツ小説
出版社 実業之日本社
著者 堂場 瞬一
ページ数 448ページ
口コミ
口コミ

"よくある展開だと思っても、思わず一気読みできてしまうほどの面白さ。
でも単に面白いだけでなくチームのまとめかたや、適材適所の配置など
経営にも通じるところがある。即「チーム2」も購入してしまったことは
言うまでもない。
"amazon.co.jpより

堂場瞬一の小説のおすすめの選び方

ジャンルで選ぶ

スポーツ小説 

堂場瞬一,おすすめ,スポーツ

堂場瞬一さんは警察小説のほかに、スポーツ小説も得意としておられます。そんな堂場瞬一さんのデビュー作は、スポーツ小説でした。スポーツ作品のジャンルは多岐に渡り、野球、陸上競技、ラグビー、プロレス、フリークライミングなどを出されています。自分が経験したことのあるスポーツの小説を選ぶと、共感できるところも多く、より楽しむことができるのではないでしょうか。堂場瞬一さんは、10年間の新聞記者キャリアを経て小説を書き始められました。そして、2000年にスポーツ小説「8年」で小説すばる新人賞を受賞し、作家デビューを果たしました。そういった背景も踏まえて、堂場瞬一さんの作品といえばスポーツ小説です。

堂場瞬一さんが小説を書く上で大切にしていることは、ストーリーとキャラクターであるそうです。ストーリーやキャラクターの動きを邪魔するような文章は書きたくないという思いがあるそうで、そういった思いからストーリー展開が分かりやすく、読みやすくなっております。

【2021年最新】青春小説のおすすめ人気比較ランキング30選
【最新版】青春小説のおすすめ人気比較ランキングトップ30です。各青春小説のあらすじや価格情報からクチコミやレビューまでを徹底的にランキング形式でご紹介!みんなが選んだおすすめの青春小説をあなたにお届けします。

警察小説 

堂場瞬一,おすすめ,警察

ミステリーやサスペンスがお好きな方には、やはり警察小説がおすすめです。堂場瞬一さんは多くの警察小説を執筆されておられます。王道の刑事ものから、珍しい部署をピックアップしている作品など種類も多く、斬新なものもあります。

堂場瞬一さんの警察小説は、登場キャラクター達の強い個性が特徴的です。人物描写に大変力が入っております。キャラクター達の掛け合いが面白いものが多く、ミステリーやサスペンスに興味がなかったりあまり読まないという方でも楽しんで読むことができます。

社会問題をテーマにしているものなど難しそうな内容でも、読みやすくなっていますのであまろ読書をされないという方にもおすすめです。

【2021年最新】ミステリー小説のおすすめランキング50選
【最新版】ミステリー小説(推理小説) のおすすめ人気比較ランキングトップ50です。各ミステリー小説(推理小説) のあらすじや価格情報からクチコミやレビューまでを徹底的にランキング形式でご紹介!みんなが選んだおすすめのミステリー小説(推理小説) をあなたにお届けします。

文学賞受賞作品を選ぶ 

文学賞とは、優れた文学作品を執筆した作家などの優れた文学活動をされた方に対して与えられる賞のことです。有名なのは芥川賞や直木賞ですよね。文学に詳しくない人でも一度は耳にしたことがありますよね。文学賞候補というものもあり、候補にノミネートされるだけでもかなりの注目度を得ることになります。文学賞受賞作品や候補作品は、書店でもわかりやすい位置に並べられ、ポップでも紹介されますので、手に取りやすいですよね。何から読めばいいかわからないという方は、受賞作品から読まれてはいかがでしょうか。

【徹底解説】文学賞の種類や各小説の賞の特徴・代表作をご紹介!!
日本や世界の文学賞の種類や特徴、代表作を徹底的にご紹介!ご応募をご検討の方や文学賞受賞作品を読んでみたい方はぜひこの記事をご覧ください!

本のタイプで選ぶ

堂場瞬一,おすすめ,タイプ

紙の本 

読書と言ったら、紙の本という方も多いのではないでしょうか。最近では電子化が進み、電子書籍が数多く販売されていますが、紙の本が良いという方はかなり多く、時代が進んでも紙媒体の人気は衰えることはないでしょう。堂場瞬一さんの作品は、急激なストーリー展開が多いので、紙の小説の場合は「残り数ページでどう解決するのか」と次の展開を楽しむことが出来ます。また、電子書籍は疲れるという方も多いのではないでしょうか。長時間、本を楽しみたいという方には紙の本をおすすめ致します。

電子書籍 

紙の本は読みやすい反面、持ち運ぶのには少々不便ですよね。また、どうしても本棚を圧迫してしまいますので、たくさんの本を読まれる方には電子書籍をおすすめします。KindleやiPad、スマートフォンにアプリをインストールするだけで、本棚を買う必要なく端末1つで何作品も読むことができます。通勤や通学中、休憩中に少しずつ読みたいという方も多いのではないでしょうか。そういった方にも非常におすすめです。荷物を増やしたくないと思ってる方は電子書籍を選んでみてはいかがでしょうか。

【2021年最新】電子書籍リーダーのおすすめ人気ランキング10選
【最新版】電子書籍リーダーのおすすめ人気比較ランキングトップ10です。各電子書籍リーダーの価格情報からクチコミやレビューまでを徹底的にランキング形式でご紹介!みんなが選んだおすすめの電子書籍リーダーをあなたにお届けします。

オーディオブック 

オーディオブックとは、音声で読書をするというサービスです。スマートフォンに対象アプリをインストールすることで、ナレーターが小説を朗読してくれるのです。

音楽を聴く感覚と同じなので、イヤホンをつけながら通勤時間や散歩をしながら小説を聴くことができます。シーンに合わせて有名ナレーターさんが声色を変えてくれるので、描写を鮮明にイメージすることが出来ておすすめです。

【無料お試し】おすすめオーディオブック(audiobook)比較厳選!利用料金からアプリの特徴まで!
おすすめのオーディオブックを徹底的に比較解説します!オーディオブックの利用料金から選び方、おすすめポイントまでを一挙ご紹介!あなたにぴったりなおすすめのオーディオブックをお届けします!無料でお試し可能です!

デビュー作を選ぶ 

基本的に、作家のデビュー作にあたる作品は文学的評価が高い作品になります。堂場瞬一さんは2000年に「8年」という作品でデビューされました。こちらの作品は、第13回小説すばる新人賞を受賞されています。こちらのデビュー作は堂場瞬一さんの原点となる作品ですので、堂場瞬一さんの作品を一から知りたいという方はぜひ、こちらの作品を読んでみてはいかがでしょうか。

映像化されている作品を選ぶ 

堂場瞬一さんの作品を読んだことがないという方や読書習慣がないという方には映像化された作品がおすすめです。堂場瞬一さんの多くの作品がドラマ化されていますので、堂場瞬一さんの作品を読んだことがないという方でも、ドラマは見たことがあるという方は多いのではないでしょうか。一度見たことのある映像を小説で読むと、あまり本を読まれない方でもスラスラと読めるのでぜひ映像化された作品をお手にとってみてください。

また、映像だと臨場感が味わえますよね。読んだことがある方もまた違った楽しみ方ができますのでぜひ映像の方も見てみてください。

【2021年最新】ドラマ化した小説のおすすめランキング10選
【最新版】ドラマ化した小説のおすすめ人気比較ランキングトップ10です。各ドラマ化した小説のあらすじや価格情報からクチコミやレビューまでを徹底的にランキング形式でご紹介!みんなが選んだおすすめのドラマ化した小説をあなたにお届けします。

口コミで選ぶ 

口コミやレビューを見て作品を選ぶという方も多いのではないでしょうか。作品の口コミを見ると、その作品を読んだ方の感想からどんな作品かイメージすることが出来ます。作品紹介よりさらに踏み込んだ作品内容が分かるので、自分好みの作品を探しやすくなります。しかし、中にはネタバレを含んだものもありますので、注意が必要となります。

堂場瞬一のおすすめまとめ 

堂場瞬一,おすすめ,まとめ

今回は、堂場瞬一さんのおすすめ小説をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。シリーズ化されている作品も多くあるので、長く楽しむことが出来ます。今回ご紹介したおすすめの探し方を参考にして、ぜひ堂場瞬一さんの作品を楽しんでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました