【真実】読書の効果やメリットとは!?効果的な読書法や読書時間まで!

ビジネス書,おすすめ 読書
スポンサーリンク

読書は脳の働きを活性化にし、楽しむだけでなく様々な効果を得ることができます。本を読む意味は人それぞれですが「読書の効果」を意識しながら読む事は重要と言えるでしょう。今回は読書の効果やメリットについて紹介していきます。

スポンサーリンク

読書の効果やメリット

読書,効果,メリット

その他の読書の効果

ストレス解消になる

読書の効果としては、ストレス解消が挙げられます。本を読んで心が安らいだ経験はあると思いますが、実は、読書のリラックス効果は科学的に認められているのです。イギリスのサセックス大学は2009年、読書によるストレス解消効果を発表しました。心拍数や筋肉の緊張状態からストレスを計測した結果、ストレスが68%も減少することが分かったのです。音楽鑑賞やコーヒーなどあらゆるストレス解消法を上回る数値となります。

脳の活性化につながる

読書,効果,脳の活性化

本の黙読により、資格情報を処理する「後頭葉」や思考・創造性に関わる「前頭前野」など、脳のさまざまな部位が活性化するそうです。音読も脳を活性化させ、学習効果を2~3割向上させることが期待できます。「前頭葉」が活性化されると勉強だけでなく、コミュニケーション能力の向上が期待できます。

仕事や日常のヒントを得られる

読書から、仕事や日常に活かせる知恵を得ることもできます。問題に突き当たったり、悩みを抱えたりしているときは、啓発本やノウハウ本を読むといいでしょう。年収が高い人ほど読書に時間をかける傾向があるというデータも出ています。ビジネスで成功をつかむには、日ごろから本で先人の知恵を吸収しておくことが大切と言えるでしょう。ただ、読むだけではなく新しい知識を見つけたらメモをつけると、より効果的に吸収できます。

長寿になる

ある調査では「1日30分以上読書すれば死亡リスクが約20%減少する」「読書を週3時間以上すると平均2年間長生きする」という研究結果があります。読書が脳に対して運動効果があるので、長寿になると言えるでしょう。また、読書をしていろいろな知識を得ようとする前向きな気持ちが、がん細胞を殺す「NK細胞」を活性化させているのではないかとも言われています。

疑似体験ができる

読書,効果,疑似体験

読書をすることで様々な疑似体験をすることができます。特に小説や伝奇は主人公をはじめ様々な人生を一冊で疑似体験することができると言えるでしょう。本を読む事で時代、地域、職業など多種多様な体験をすることが可能です。場合によっては異世界や宇宙など非現実な出来事も体験することができます。

読書で身につく効果

メタ認知能力がつく

メタ認知能力と自分自身の状態を客観的に把握する能力のことです。読書をすることによってメタ認知能力を高めることも可能です。メタ認知能力が高いと、ネガティブな感情が沸いてきたときでも冷静に分析し対処することができます。メタ認知能力があることで、感情的になりすぎずに、客観的な判断が下せます。特に小説では登場人物の心理や出来事などが第三者的な視点から描かれているため、客観的に物事を把握する力が身に付くでしょう。

創造力がつく

創造力が磨かれるのも読書の得能の一つです。読書するときはほかの活動とは違う特別な使い方をされるため、想像力が鍛えられます。文字情報をもとに想像を膨らませたり考えを構築したりすることは、想像力の鍛錬となるのです。

視野が広がる

読書は視野を広げる効果があります。読書は「著者との対話」にほかなりません。著者がどう考えているか、どう感じているか、著者の思考の過程をたどることで、自分以外の視点でものを考えることができるようになります。さまざまな角度から可能性を検討するためには、読書によって培われた広い視野が必要不可欠なのです。視野を広げたい方は様々なジャンルを幅広く読むことをおすすめします。

教養が身につく

読書の効果は教養が磨かれることも挙げられます。「思考の整理学」の著者、外山滋比古氏は教養を身に着けるためには、興味が少しでも向いた本を手当たり次第読んでみる「乱読」をすすめています。生まれた好奇心を押さえつけることなく、興味の向くままに本を読みあさることが深い教養に繋がっていくのです。

読解力がつく

読書は当然ではありますが読解力を高めてくれます。読解力、これからの時代、ますます重要になるスキルといえます。読解力は今のところAIには習得が困難な能力と言われており読解力の高い人はAIに仕事を奪われないだろうと考えられています。自分の市場価値を守る意味でも、ぜひ普段から本に親しむようにしておくといいでしょう。

文章力がつく

読書,効果,文章力

読書をすることで文章力を身に着けることもできます。自然に読んでいても語彙力、構成力を身に着けることもできますが、文章力を身につけたい方は、どのような構成で文章が作られているのか、どのような言い回しをしているか意識して読むと、文章能力が向上していきます。気に入った文書を模写することも文章能力を上げる一つの方法でしょう。

知識が増える

読書のには、思考の材料となる「知識」が得られるという効果もあります。「正しい思考」をするためには、「正しい情報」を多くインプットし積み重ねておくことが欠かせません。いざ問題に直面し、判断、解決しなければならない場面が訪れたとき、日ごろから読書でインプットしておいた知識が強い味方になってくれるでしょう。

語彙力がつく

読書には語彙力が増えるというメリットがあります。語彙力の量で生涯年収が左右される可能性があると言う学者さんもいます。語彙には「認知語彙」と「使用語彙」の種類に分かれ、認知語彙の量は使用語彙の3~5倍になります。「認知語彙」とはなんとなく意味がつかめる語彙の事で「使用語彙」は読み書きに実際に利用できる語彙の事です。本では知らない言葉に出会いやすく

認知語彙が増えます。それに伴い使用語彙も自然と増えていくでしょう。

共感力がつく

読書,効果,共感力

読書をすることにより他者への共感力を見つける事が出来ます。小説を読むということは、すなわち他人の視点を眺めれるという事です。とくに小説など人間心理を描いた本は共感力を強く身に着けることができるでしょう。人と協力して作業したり、後輩や部下を指導したり、取引先と交渉したりなど「相手が何を望んでいるか」を察する能力は仕事等でも重要な能力といいます。

記憶力がつく

読書をすることでたくさんんの知識が得られますが、その知識を詳細に覚えておこうとすることで、記憶力アップにつながります。さらに新しい知識を入れていくと、脳では古いシナプス回路が強化され、新しいシナプス回路が生まれてきます。これによって頭の回転が早くなり、記憶力上昇に繋がります。

情報処理能力がつく

読書をすることで情報処理能力がアップします。読書、特にビジネス書を読むときは目的を設定して読むため情報の取捨選択能力が上がるのです。情報をより分けることで、過度の情報にさらされることなく、情報を処理することができます。また、文学作品の精読は脳の複合的な認知能力を上げるエクササイズになるという研究もあります。

洋書であれば英語力がつく

読書,効果,英語力

英語で書かれている本を読むのは英語学習に最適と言われています。英語があまり得意でないという人でも最低限の文法を知っていれば、児童文学のように簡単な英尾で書かれた本であれば楽しめます。洋書を読むお単語の意味を文脈で判断する能力が身に付きます。英語で書かれた本を一冊読む事を経験をすれば、資格試験など長文問題が短く感じたり、英文に対する抵抗が少なくなるでしょう。英語などの外国語を学ぶ人にとって、その言語で読書することは、非常に効果の高い勉強法なのです。

効果的な読書ジャンル

ビジネス書

ビジネス書を読めば、悩み・問題の解決法をいち早く見つける事ができるでしょう。私たちの問題や悩みのほとんどは、人類最初のものではありません。先人の経験がビジネス書に書かれているので解決方法を採用する方が手っ取り早く解決することができます。ビジネス書の力を借りるのに抵抗のある方もいるかもしれませんが、素直に本の力を借りるのは立派な手段です。

自己啓発本

自己啓発本は、読者を鼓舞し、意識を高めることを目的とした本です。成功を得るためのノウハウが書かれています。自己啓発本のほとんどは何らかの成功えお収めた人によって書かれています。成功までの道のりや著者の信念、激励の言葉など「自分も頑張らなきゃ」という気持ちを高められるのです。また、成功者の失敗談を学ぶ事ができるのも利点の一つです。成功の裏には必ずそれ以上の失敗経験が潜んでいることを知るでしょう。

小説

小説を読んでいるときの脳は現実の出来事に対するときとほとんど同じ動きをしています。つまり、脳は小説を読んだ出来事と現実での経験をほとんど区別せずに処理をいていると言えるでしょう。小説は、現実世界で起こりうる出来事をシュミレーションするのに役立つと言えます。小説は共感力を育むのに役立ちます。多くの小説に触れれば、それだけ多くの経験や多くの人の気持ちに共感できる心が育まれるでしょう。

【2021年最新】ジャンル別!小説のおすすめ人気ランキング100選
【最新版】小説のおすすめ人気比較ランキングトップ100です。各小説のあらすじや価格情報からクチコミやレビューまでを徹底的にランキング形式でご紹介!みんなが選んだおすすめの小説をあなたにお届けします。

漫画

漫画は小説と同じく、多くの作品を読む事で自分の体験を追体験することができ、共感力を育むのに役に立つでしょう。小説よりも読みやすく頭に入りやすいのも魅力の一つです。また、最近ではビジネス本や自己啓発本が漫画化されわかり易く読めるものも多いので読書が苦手だが、ビジネスに役立つ知識を得たい方にも漫画はおすすめです。

雑誌

経済や趣味など一つの分野に特化した雑誌と様々なジャンルを網羅した雑誌と2種類あると言えるでしょう。前者は、専門的な知識を習得するのに役にたちますし、後者は今起きている出来事や事象を理解するのに役に立つでしょう。雑誌は、定期的に出版されますので最新号を読む事で新しい情報を得ることができるでしょう。

歴史書や自伝

歴史や自伝など、実際の出来事がつづられた作品は、先人の偉大な知恵を学ぶのに役立ちます。歴史書や自伝には激動の時代を勝ち上がってきた偉人たちの生の体験や知恵が記されているのです。歴史書などに描かれている時代の状況は現代とかけ離れていますが、仕事や会社の話に置き換えることで、現在に通用する知恵を多く得ることができるでしょう。

歴史に興味がない方は人敬遠しがちなジャンルですが、たまには、偉人たちの耳に傾けてみるのもいいでしょう。

効果的な読書の方法

読書,効果,読書法

線やコメントの書き込み

本に書き込みをすると脳が活性化され、読書の効果が高まります。

「内容を理解する」「書き込む内容を考える」「ペンを持って動かす」「文字を書く」という四つ行動でそれぞれ脳の別々の領域を活発化させます。気に入った文章や発見のあった個所に線を引き、疑問や考えが浮かんだら本の余白を使ってメモをするといいでしょう。

7回読書法

7回読み読書法とは、同じ本を7回繰り返して読む方法です。7回とも熟読するわけでなく「拾い読み」したのちに、精読するという手順をとります。

1~3回は見出しを拾い読みしながら本の全体を像をつかみ、4から5回で重傷キーワードを意識しながら普通のスピードで読み、6~7回目で内容を頭で要約しながら読む手順です。

繰返し触れた情報ほど記憶に残りやすいので、7回読み読書法は科学的な合理性があるといえるでしょう。

読書ノート

本を読み終わったら必ず読書ノートを作るようにしましょう。読書ノートに読んだ本の情報をまとめることで本の内容が残りやすくなります。効果的な読書法の一つとして「3×3マス読書ノート法」を紹介します。ノートなどで3×3の9つのマスを用意します。その9×9マスに「この本からどのようなことを学びたいか」という目的を記入します。その問いを読書中に見つけたら答えをマスに書き込んでいきます。そうすることで読書に目的意識が生まれ、積極的に情報を取り入れることができるでしょう。

【効果抜群】読んだ本を記録する効果のある読書ノート作り方 (テンプレート) とは!?【読者本部】
読んだ本の内容を頭に定着させることを助けてくれる読書ノート。今回はそんな読書ノートの5つの効果・メリットや読書ノートの作り方 (テンプレート)を徹底解説します。記憶力に自信のない方や読書で生産性を高めたい方は必見です!

並列読書

並列読書は2冊以上の本を同時に読む方法です。人間の集中力は45分が限界と言います。同じ本を2、3時間続けて読むと集中力が欠け読み方が惰性的になってしまいます。並列読書だと45分読んだら別の本を読み、また45分過ぎたら別の本を読むというように集中力を維持することができます。

複数の本の知識を関連づけられることも並列読書のメリットです。並列読書によって本と本との関連性に気づきやすくなり、知識の相乗効果を起こすこともできるでしょう。

電子書籍で読む

電子書籍は携帯電話やタブレッド等で気軽に持ち運びできるので、いつでも手に取り読むことができます。また、インターネットで調べた本をそのまま電子書籍に取り込める事も魅力といえるでしょう。紙の本には紙の本の魅力もあるので、使い分けて読む事をおすすめします。

オーディオブック

オーディオブックとは本の朗読を録音したものです。ドラマCDやダウンロード式の音量ファイルや

CDブックなど様々ですが」、最近ではオーディオブック専用アプリが主流になっています。オーディオブックはいつでもどこでも何かをしながら聞くことができ、ながら読書として注目を集めています。

効果的な読書時間

人間が集中できる時間は長くて45分、平均30分と言われています。「25分読書法」という効率的な読書法が研究されています。50分間一気に読むよりも、25分読書し5分程度休憩を挟む方が本の内容を脳に記憶する効率があがると実験によって立証されています。効果的に読書をするには集中できる時間を自分で把握するとよいでしょう。

朝読書の効果やメリット

朝に読書する効果

朝の読書が持つメリットは1日の初めに精神のコンデションを整える事です。

朝に形成された自律神経のコンディションは長時間持続する傾向があります。つまり、朝バタバタ過ごしてしまうと、その日はずっと落ち着きがなくなったり、集中力がなくなったりしてしまう可能性が高くなるのです。朝読書することで精神的なゆとりがもたらされ、心を落ち着き、良い1日のスタートをきることができるのです。朝の読書は自分のバイブル的な本を読むと1日の気分が落ち着くでしょう。

【必見】朝読書はおすすめ?効果やメリット・デメリットを徹底解説!【読者本部】
朝読書にはさまざまなメリットや効果があります。今回はそんな朝読書のメリット・デメリットから朝読書におすすめのジャンル、朝読書を効果的に習慣化するおすすめの方法までを徹底的に解説します!

夜に読書する効果

読書,効果,夜

学校や仕事が終わってからの読書には1日の疲れをいやす効果があります。

読書にはたかぶった神経を落ち着かせリラックス状態を作り出します。そして読書のリラックス効果はたった6分ほどで現れます。つまり1日の終わりに6分でも読書することで疲れを癒し睡眠の質を高めることが期待できるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました