【2021年最新】経営が学べる本のおすすめランキング20選

ビジネスモデル,本,おすすめ,ジャンル ビジネス書
スポンサーリンク

経営,本,おすすめ

ここ最近、起業を起こす人が増えてきています。起業を始めようと考えている方や経営者として悩みを抱えている方の強い味方と言えるのが経営本です。経営に関する様々な悩みや問題を解決してくれるヒントを導いてくれるでしょう。今回はそんな経営本のおすすめ本と本の選び方について紹介していきます。

スポンサーリンク

経営が学べる本のおすすめ人気比較ランキング

20位~6位

20位:ジェフ・ベゾス 果てなき野望


~内容~

インターネットに大きく賭け、買い物や読書の習慣を大きく変えてしまったアマゾン創業者、ジェフ・ベゾス。本書は、その奇才の生い立ちから現在までをベテランジャーナリストが追った物語である。フィナンシャル・タイムズ紙、ゴールドマン・サックス共催ビジネスブック・オブ・ザ・イヤー2013受賞!

(Amazonより)

価格 1980円
ジャンル 経営
出版社 日経BP
著者 ブラッド・ストーン
ページ数 504ページ
口コミ
口コミ

"読み終えた後の充実感を感じられる素晴らしい作品です。この本を通じて知る事の出来る、ベゾスの考え方を通じて商売を行う上での様々な心構えを知ることが出来ます。
物販に関わる全てての者達へのバイブルであり、必読書です!
"amazon.co.jpより

19位:両利きの経営-「二兎を追う」戦略が未来を切り拓く


~内容~

「両利きの経営」とは?
知の探索……自身・自社の既存の認知の範囲を超えて、遠くに認知を広げていこうとする行為
+
知の深化……自身・自社の持つ一定分野の知を継続して深掘りし、磨き込んでいく行為

両利きの経営が行えている企業ほど、イノベーションが起き、パフォーマンスが高くなる傾向は、多くの経営学の実証研究で示されている。

世界のイノベーション研究の最重要理論「両利きの経営」に関する初の体系的な解説書。日本では、クリステンセン教授のベストセラー『イノベーターのジレンマ』がよく知られているが、世界の経営学は、こちらが主流である。本書は、世界の経営学をリードするオライリー教授とタッシュマン教授による実践的な経営書である。豊富な事例を挙げて、成功の罠にはまった企業・リーダーと、変化に適応して成長できたそれとを対比させながら、イノベーションで既存事業を強化しつつ(深化)、従来とは異なるケイパビリティが求められる新規事業を開拓し(探索)、変化に適応する両利きの経営のコンセプトや実践のポイントを解説する。これは、多くの成熟企業にとって陥りがちな罠であり、イノベーション実現に必要な処方箋が、この理論の中にある。日本語版として、気鋭の経営学者である入山章栄氏による理論の背景、冨山和彦氏による実務の最前線からの日本企業への示唆という「W解説」を収録する。

(Amazonより)

価格 2640円
ジャンル 経営
出版社 東洋経済新報社
著者 チャールズ・A. オライリー, マイケル・L. タッシュマン
ページ数 411ページ
口コミ
口コミ

"経営環境の変化のスピードが速く、既存のビジネスモデルだけでは立ち行かなくなっている。そんな時代の状況をとらえながら、既存事業の深化と新規事業の探索という「二兎を追う戦略」を提唱した良書。

アメリカのビジネス書はケーススタディが多くて冗長な面があるのは否めないが、両利きの経営戦略を説いている導入と後半の実践部分は参考になるところが多かった。実践面はかなり泥臭いやりかた(戦略的意図を伝えるリーダーシップや経営陣の巻き込み、アイデンティティやビジョンの共有等)も多かったが、そのぶん現実的なものでもあった。現代の経営戦略では欠かせない視点を提供しているため、今こそ読むべき本だといえる。
"amazon.co.jpより

18位:しょぼい起業で生きていく


~内容~

「会社で働いて、お給料をもらって、それで生活をする」、いくら多様化社会だと言っても、いまの日本ではそういったいわゆる「サラリーマン」としての生き方が「普通」とされています。
ですが、日本人全員が会社で働くのに適しているとは限りません。もう会社組織の中で生きていくのが嫌な人、そもそも会社に入れなかった人、会社を辞めてしまった人、みんな大丈夫です。
しょぼい起業は、「事業計画」も「資金調達」も、「経験」もいりません。嫌なことから逃げてもやっていける生存戦略を紹介します。「会社員」でも、「ニート」でも「意識高い系起業家」でもない、新しい生き方です。やっていきましょう。

(Amazonより)

価格 1430円
ジャンル 経営
出版社 イースト・プレス
著者 えらいてんちょう
ページ数 238ページ
口コミ
口コミ

"著者の豊富な実体験を踏まえてしょぼい起業について解説した本だ。この本の骨子は、巷にありふれている「これが起業で成功する方法だ!」というキラキラした主張ではない。むしろ、もっとずっと地道な、「生き抜く方法」を語っている。

第一章の構成がそのことを物語っている。第一章では「日本にいるかぎり飢え死にはしない」だの「お金を使わなくても、楽しいことはたくさんある」だのという小見出しが並ぶ。つまり、起業の本なのに、「失敗は実は怖くないですよ。失敗しても生きていけます」というところから始まっている。これこそが、著者の愛であり、本書が「生き抜く方法」を語った本であることを示している。

また、全体で一貫しているメッセージの一つとして「自分の生活をベースにして、ついでに余剰を事業にしよう」というものがある。「生活から賢く事業を発生させる」という話なのだが、見方を変えれば「したたかに生き抜く」という話ともとらえることができる。この本は、現代社会をしたたかに生き抜く方法を語った本だ。

起業したい者だけではない。現代を生きる全ての人にとって、非常に実りのある内容だと思う。現代社会を、したたかに生き抜くために。
"amazon.co.jpより

17位:人を動かす


~内容~

人づきあいの根本原則を実例豊かに説き起こし、時代を超えて読み継がれる不朽の名著。あらゆる自己啓発書の原点となったデール・カーネギー不朽の名著。人が生きていく上で身につけるべき人間関係の原則を、長年にわたり丹念に集めた実話と、実践で磨き上げた事例を交え説得力豊かに説き起こす。深い人間洞察とヒューマニズムを根底に据え、人に好かれて人の心を突き動かすための行動と自己変革を促す感動の書。1936年の初版刊行以来、時代に合わなくなった部分を改良するなど、折々に改訂が施されてきた現行の公式版。

(Amazonより)

価格 715円
ジャンル 経営
出版社 創元社
著者 D・カーネギー
ページ数 320ページ
口コミ
口コミ

"特に難しいことは書かれてありません。人と関わる際に大切なこととして、当たり前のことと言われれば当たり前のことかもしれませんが、実際に自分ができているかと考えるとできてないよなあと思わされる内容が多くあります。
人を動かす原則、人に好かれる原則、人を説得する原則、人を変える原則、という内容で構成されていますが、どの原則にも共通して一貫した筋が通っていて説得力があります。
とにかく、「まず相手を理解しようとすること」「相手に重要感を持たせること」「穏やかに共感しながら相手が自ら気付けるように誤りを指摘すること」を意識して人と関わって行きたいと思います。
"amazon.co.jpより

16位:起業の科学 スタートアップサイエンス


~内容~

起業家が必ず直面する課題と対策を、時系列に整理。だから「今、自分が何をすべきか」が、すぐ分かる!成功を夢見る前に、ありがちな失敗を必ず潰す、ありそうでなかった「起業の教科書」。

(Amazonより)

価格 2530円
ジャンル 経営
出版社 日経BP
著者 田所 雅之
ページ数 279ページ
口コミ
口コミ

"現在、大学生の授業の教科書として使っております。自分はかつてはコンサルタントとして、ビジネスプラン作成のスクールの講師を数多く務めましたが、スクール等では最も伝えにくい部分を、見事に表現していると感じています。
学生には少し高い本ですが、「飲みに行ったり、仲間とだべる機会を減らしても、必ず購入するように」伝えています。ほんの重さが変わるくらい、ラインマーカーと書き込みをするようにと。
学生が卒業後すぐに起業するのは難しいし、教員としてなかなか勧めにくい状況ですが、彼らが起業に目覚めかけたときに背中を押してくれるような書籍であると感じております。
"amazon.co.jpより

15位:ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則


~内容~

企業の使命として株主への利益還元がさけばれて久しい。しかし、ジョンソン・エンド・ジョンソンのように企業が奉仕する優先順位として1に顧客、2に社員、3に地域社会、最後にようやく株主という基本理念を掲げる企業がアメリカの経営者から尊敬を集めているのも事実だ。 本書は、アメリカの主要企業のCEOから採ったアンケートによって選び出された18社の歴史に対する6年間の調査から生み出されたレポート。企業を組織する人間が企業内に活力を生み出すのは、カネでは計れない動機づけにあるというシンプルな「真理」が、ライバル企業と比較された各社の資料、エピソードから浮き彫りにされる。著者の1人であるコリンズはコンサルティングも手がける大学教授であるためか、随所に抽象化された概念と企業が取るべき方策が図を合わせて示される。しかし、経営指南よりも、世界を代表する大企業の決断の歴史が斜め読みできる魅力の方が大きいだろう。

(Amazonより)

価格 2136円
ジャンル 経営
出版社 日経BP社
著者 ジム・コリンズ
ページ数 475ページ
口コミ
口コミ

"40代、管理職です。原著を読むほどの英語力はないので、正確な比較はできませんが、翻訳がすばらしいと思います。訳者の強い想いが伝わってきて、気持ちを奮い起たせてもらっています。
私の勤めている会社は、幸せなことに本書のように明確な理念を持った企業ですが、それでも迷うことなど日常的な話で、本書含めたビジョナリーカンパニーシリーズには企業の理念を信じる、信じきるための後押しをしてもらっている気分です。
"amazon.co.jpより

14位:世界「倒産」図鑑 波乱万丈25社でわかる失敗の理由


~内容~

「倒産」は教訓と知恵の宝庫である。なぜ一時代を築いた企業は破綻に至ったのか。日米欧の25事例を徹底分析!

(Amazonより)

価格 1980円
ジャンル 経営
出版社 日経BP
著者 荒木 博行
ページ数 288ページ
口コミ
口コミ

"「負けに不思議の負けなし」と言われるように、倒産した会社には、いくつかのパターンに分けれる「負けた理由」があり、その理由のほとんどはかなり早期かつ好調な時期に芽生えている。「倒産の理由」の分類とは読まずに、「好調な中に起こしやすいミス」の図鑑と考えれば、ほとんどの企業のとって参考にすべき内容で、しかも会社だけでなく個人のキャリアなどにも活かせる内容でした。"amazon.co.jpより

13位:経営戦略全史


~内容~

経営戦略100年の発展史を一気読み!ビジネス革新をめぐる巨人たちの〝冒険活劇〟が知的興奮を誘い、戦略実践のための新たな気づきに導く!!

本書は20世紀初頭から現在まで、約100年の間に登場した90余りの戦略コンセプトを、その背景とともに紹介する〝ストーリーで読む経営戦略書〟です。

多くの日本の会社が採用する、世界的には古典とされる経営戦略論から、21世紀の経営環境激変の中で生まれた最新の戦略緒論まで、ビジネス史の流れとともに俯瞰的に学ぶ事ができます。

経営戦略の歴史を学ぶことは、同時にあなたの企業組織が、広大な戦略発展の歴史のどこに位置するかに気づき、さらに新しい戦略に取り組む道筋を発見することにもつながります。

これまでビジネス・経営を学んできた方の復習のために、また、これからビジネスに立ち向かう方のよき指南書として、おすすめしたい経営戦略書の新定番です。

(Amazonより)

価格 3080円
ジャンル 経営
出版社 ディスカヴァー・トゥエンティワン
著者 三谷 宏治
ページ数 432ページ
口コミ
口コミ

"経営戦略に関する入門書として読みました。これまで、色んな方が色んな事を言っていて、どれがどこまで正しいのか、何を信じればいいのか、わかりませんでしたが、それぞれの戦略の不完全性と、戦略論におけるポジショニングがわかったので、今後それぞれを学ぶ上で、一つ上の視点からみれそうです。良書だと思います!
"amazon.co.jpより

12位:マネジメント - 基本と原則


~内容~

ドラッカーが自らのマネジメント論を体系化した大著『マネジメント――課題、責任、実践』のエッセンスを、初心者向けに一冊にまとめた本格的入門書。本書は、マネジメントの仕事とは実践であり、成果を出すことであると明確に規定する。そして、そのためにマネジメントが果たすべき使命と役割、取り組むべき仕事、さらには中長期的に考えるべき戦略について、具体的に解説する。組織で働く人に、新しい目的意識と勇気を与える書。

(Amazonより)

価格 2200円
ジャンル 経営
出版社 ダイヤモンド社
著者 ピーター・F・ドラッカー
ページ数 302ページ
口コミ
口コミ

"ピーター・ドラッカーの本を初めて読みました。「もしドラ」などが流行っていて名前は知っていましたが難しそうだしそもそも自分には必要なさそうな分野だなと思っていました。読めば多くを学べるんだろうなとは思いつつも手を出さず、今回ようやく初めて手にした感じです。

ざっくり言うと「リーダーシップ、使命、目的があって、初めてマネジメントの効率性を高めることに着手しよう」ということかなと思いました。「7つの習慣」でもそうでしたが、リーダーシップがなければどんなに効率的なマネジメントも意味をなさないです。

今のところは一通り読んで「なるほどな」という程度ですが、これからの人生で読み返すうちにさらに多くの学びがあるんじゃないかと思います。

昨今はお手軽な手法ばかりもてはやされていて、こんな時代だからこそこういった本質や原則を学ぶ人だけが淡々と大きな成果を出し続けられるんじゃないかなと思いました。
"amazon.co.jpより

11位:1兆ドルコーチ シリコンバレーのレジェンド ビル・キャンベルの成功の教え


~内容~

アメフトのコーチ出身でありながら、優秀なプロ経営者。ジョブズの師であると同時に、グーグル創業者たちをゼロから育て上げたコーチ。アマゾンのベゾスを救い、ツイッター、ユーチューブCEOらを鍛え、たった1人で、シリコンバレー中の企業に空前の成功をもたらした伝説のリーダー、ビル・キャンベル。これまで謎に包まれてきたその驚くべき教えのすべてがいま、初めて明らかに―。

(Amazonより)

価格 1870円
ジャンル 経営
出版社 ダイヤモンド社
著者 エリック・シュミット, ジョナサン・ローゼンバーグ, アラン・イーグル
ページ数 304ページ
口コミ
口コミ

"GAFAすべての経営陣のレベルを引き上げたコーチと、周囲の人々が何を大事にして、どう動いたのか知れます。
様々な物のレビューを共有できるのもAmazonのベゾスさん達のおかげですが、ベゾスさんを救ったのもこのコーチです。
彼がこれさえあれば他は目をつぶったという4つの資質についてもp177に書いてあり、納得したのでより鍛えようと思いました。
"amazon.co.jpより

10位:ストーリーとしての競争戦略 優れた戦略の条件


~内容~

戦略の神髄は 思わず人に話したくなるような 面白いストーリーにある。

大きな成功を収め、その成功を持続している企業は、戦略が流れと動きを持った「ストーリー」として組み立てられているという点で共通している。戦略とは、必要に迫られて、難しい顔をしながら仕方なくつらされるものではなく、誰かに話したくてたまらなくなるような、面白い「お話」をつくるということなのだ。本書では、この「ストーリー」という視点から、究極の競争戦略と競争優位、その背後にある思考のパターンの本質を、多くの企業の事例を挙げながら解明していく。一橋大学ビジネススクールで気鋭の経営学者、初の単独著作。語り口調を使い、ストーリーを楽しめるような作りとなっている。

(Amazonより)

価格 3024円
ジャンル 経営
出版社 東洋経済新報社
著者 楠木 建
ページ数 518ページ
口コミ
口コミ

"戦略系の書籍の中では名著だと思います。同じようなことをやっている企業でも勝っている企業、負けている企業の差が何なのかが分かりました。経営者や一企業の社員として他社に勝てるビジネスをやりたい、と考えている人にとってはもちろんおススメですが、投資家の方にもおすすめです。投資家目線でどういう企業が優れていて、どういう企業が優れていないのか、目利きになるようなエッセンスがたくさん書かれていて参考になりました。"amazon.co.jpより

9位:人を生かす 稲盛和夫の経営塾


~内容~

社員を幸福にして、会社は発展。原理原則をはき違え、人材をくさらせるリーダーがなんと多いか。一丸となって危機を打開し、夢を実現するチームをどう育むか。京セラ、KDDIを創業し、経営する中で悩み抜いた末にたどり着いた、人や組織を生かすための独自の実践哲学・ノウハウを公開。若手経営者のための経営塾「盛和塾」の問答から厳選して編集。

(「BOOK」データベースより)

価格 785円
ジャンル 経営
出版社 日本経済新聞出版
著者 稲盛 和夫
ページ数 253ページ
口コミ
口コミ

"稲盛和夫氏の経営哲学の概要がわかります。各々の具体的なケーススタディになっていますので、読みやすい本です。松下幸之助氏の言葉もそうなのですが、組織のトップ=経営者の為のものなので、その立場にない人には実感が湧かず宗教書か哲学書のような精神論的な本に感じるかもしれません。決して具体的な経営手法を教えてくれる教科書ではありません。苦労を経験した人だけが本当に理解できる言葉なのでしょう。
"amazon.co.jpより

8位:図解 カール教授と学ぶ成功企業31社のビジネスモデル超入門!


~内容~

「来週までに新規事業を考えてきて」。社長に突然そう命じられた「ゆるビジ子ちゃん」。どうせ考えるなら、流行りのビジネスがいいな。ちゃっかり者のゆるビジ子は、「プラットフォーム戦略」の提唱者で大学教授でもある「カール教授」から今話題のビジネスモデルをサクッと教えてもらう事にしました。

「ソーシャルゲーム会社ってなんで球団を持つほど儲かってるの?」
「facebookって、どうやって稼いでるの?」
「プラットフォーム企業って、どこで収益をあげているの?」
「ブルー・オーシャンって、どうやって見つければいいの?」

本書では、さまざまな会社のケースを取り上げ、ビジネスモデルを解説します。新規ビジネスについてのヒントになるのはもちろん、テレビや新聞で取り上げられるあの企業について、知ったかぶりができる一冊です。

さらに、実践編として巻末には「ビジネスモデル構築ワークシート」付。さまざまなビジネスモデルを学んだ後に、自分でも新規ビジネスをつくることができます。グループワークや勉強会にも最適です。

(Amazonより)

価格 1320円
ジャンル 経営
出版社 ディスカヴァー・トゥエンティワン
著者 平野敦士カール
ページ数 109ページ
口コミ
口コミ

"著者のカール教授の「プラットフォーム・ビジネスモデル」については他のビジネスモデルよりも多くページを割いているのはご愛敬として、基本的なビジネスモデルが一通り簡潔に紹介されており、文章も生徒とのQ&A形式なので読みやすい。利用方法としては「このビジネスモデルを採用しているからこの会社は成功している」と読むのではなく、一通り読んだ後、自社の会社や製品の販売にはどの様に応用したら良いのかと考えるとより一層有益である。当然入門書と謳っているので、より深く広く知りたい方は別の関連書籍を読まれる事をお薦めする。ちなみに「ジレッドモデル」を「カミソリと刃モデル」と言い換えているのは特に問題にしない。ビジネスモデルを相手に説明する時に、相手に分かりやすい言葉・事例で説明すれば良い。他にも「プリンターとインクモデル」と言い換えても同じ事。 ザ・プロフィット 利益はどのようにして生まれるのか ではこのジレッド・モデルを「インストール・ベース利益モデル」と言っているのだから。"amazon.co.jpより

7位:戦略プロフェッショナル


~内容~

今こそ、経営のプロの思考と行動を学ぶ時――著者が実体験をもとに描く迫真のストーリー

[待望の増補改訂版]新たに「戦略プロフェッショナルの要諦」「『経営者人材』の条件」を増補!

傑作と名高い超ロングセラーが増補改訂版で登場。「戦略を実戦で使う」ためのポイントをリアリティにあふれた物語とともに解説。

三枝匡氏のデビュー作にして傑作との呼び声の高い『戦プロ』が新しくなった。戦略を考えるために必要な情報は何か? 戦略のフレームワークをどう使うか? リアリティにあふれたストーリーとともに解説される戦略ノートには実践的な示唆が満載。経営リーダー、コンサルタントを志す人のバイブルであり、これからビジネスの世界に身を投じる若い読者にもわかりやすい最適な入門書です。

(Amazonより)

価格 1760円
ジャンル 経営
出版社 ダイヤモンド社
著者 三枝 匡
ページ数 360ページ
口コミ
口コミ

"新書の増補改訂版になったことで単行本と見比べたがこちらのほうがよりわかりやすく、追加項目がとてもためになる。新書で買いなおす価値があるとおもえる珍しい一冊。単行本から予想以上に追加内容が多く何故新書で出しなおしたかが理解できる一冊でした。リマインド用として読んでみても面白いかと思います。
"amazon.co.jpより

6位:人間心理を徹底的に考え抜いた 「強い会社」に変わる仕組み


~内容~

どうしたら、会社は変われるのか?他社の成功事例を取り入れてもうまくいかない。ユニクロの急成長を支えた組織変革のプロフェッショナルが教える「どの会社でも使えるフレームワーク」。

(Amazonより)

価格 1870円
ジャンル 経営
出版社 日本実業出版社
著者 松岡 保昌
ページ数 368ページ
口コミ
口コミ

"成功している会社、成功する経営者には、必ず共通するものがある。
この本で紹介される、リクルート・ファーストリテイリング・ソフトバンクの3社でも、それぞれの視点の違いがわかりやすく示されているが、見方を変えると…やはり共通するものがある。
つまり、経営における根幹の部分は「人の動かし方」であり、それは古くから成功者が伝えて来たように、昔も今も変わらない。おそらく、AIが活躍するであろう、これから先の時代も人間が存在するかぎりは変わらないだろう。
そんなことを、あらためて実感させられると同時に、世の中にたくさんある成功事例の何を採り入れて、何を強化するか、全ては経営者(幹部)次第なのだと、身の引き締まる思いがする本であった。
"amazon.co.jpより

5位~1位

5位:みずほ銀行システム統合、苦闘の19年史 史上最大のITプロジェクト「3度目の正直」


~内容~

みずほフィナンシャルグループ(FG)が2011年から進めてきた「勘定系システム」の刷新・統合プロジェクトが2019年7月、ついに完了した。
富士通、日立製作所、日本IBM、NTTデータを筆頭に1000社ものシステムインテグレーターが参加したものの、2度にわたって開発完了が延期になったことから、なかなか完成しないスペイン・バルセロナの教会にちなんで「IT業界のサグラダファミリア」とまで呼ばれた史上最大級のITプロジェクトだ。
みずほFGは完了までに8年もの年月と、35万人月、4000億円台半ばをつぎ込んだ。
1980年代に稼働した「第3次オンラインシステム」の全面刷新は、第一勧業銀行、富士銀行、日本興業銀行の3行が統合したみずほFGにとって、2000年の発足以来の悲願だった。
しかしシステム刷新は何度も挫折し、2002年と2011年には大規模なシステム障害を引き起こした。80年代の非効率的な事務フローが残ったままになるなど、勘定系システムの老朽化は経営の足かせになっていた。
なぜみずほ銀行のシステム刷新は、これほどまでに長引いたのか。そして今回はどうやって完了に導いたのか。「メガバンクの勘定系システムとして初となるSOA(サービス指向アーキテクチャー)全面導入」「AS IS(現状通り)を禁止した要件定義」「1000社のシステムインテグレーターを巻き込んだプロジェクト管理」など、
新勘定系システム「MINORI」開発の全貌と、みずほ銀行がこれから目指す金融デジタル化戦略を、みずほFGにおける19年の苦闘の歴史を追いかけ続けた情報システム専門誌「日経コンピュータ」が解き明かす。多くの日本企業が直面する情報システムの老朽化問題、「2025年の崖」を乗り越えるヒントがここにある。

(Amazonより)

価格 1980円
ジャンル 経営
出版社 日経BP
著者 山端 宏実, 岡部 一詩, 中田 敦, 大和田 尚孝 , 谷島 宣之
ページ数 256ページ
口コミ
口コミ

"いやはや、ビジネススクール(経営大学院)でぜひ教科書として取り上げられたい御本であります。時系列をあえて逆に置いて遡及的明らかに総括を論じた構成。後世に資する社史一端の参照価値があると思います。
第6章は坂井社長への独占インタビューです。歴代経営者の責任を問われ、お茶を濁すあたりは大変に興味深い。最近、武田薬品工業の外国人経営者がメディアに向けて述べておられた日本企業の一長一短かもしれません。目上の者を尊重し、従い、決して反論しないという。
私は個人的に、歴代経営陣のIT失策は明らかだと考えています。プロジェクトを引き継ぎ、注意深く、この巨大プロジェクトを成功に導いた社長ですが、自らIT人材の功績を労いつつIT人材のビジネスリテラシーに課題を指摘するあたりには別の本音が垣間見えている気がします。そりゃそうでしょう、技術屋に商売は難しいし、商売人に技術は難しい。ITと経営の両方がわかる人材(CIO)の育成は容易ではなく一筋縄ではいきません。時間とコストを費やします。なので、自前で課題を抱えてしまうのではなく、ビジネススクールなどを通じた異業種幹部候補の交流の機会が望ましいと思うんです。
"amazon.co.jpより

4位:読まずにわかる! 「経営学」イラスト講義


~内容~

本誌は、経営学の先生が全編講義形式で教えてくれる、「誌上ビジネススクール本」です。 ビジネススクールで教わる経営学の基礎がわかります。

一番の特長は、多忙で時間のないビジネスパーソンに嬉しい作りになっているところ。全14回分の誌上講義につき、自身の興味や都合に応じて受講スケジュールを立て、無理なく学べます。各講義の要点がまとまった板書や、ポイントを押さえたイラストや図解でわかりやすく「読まずに」するっと理解できます。
習熟度がわかる振り返りテストつき。

(Amazonより)

価格 1320円
ジャンル 経営
出版社 宝島社
著者 長内 厚
ページ数 127ページ
口コミ
口コミ

"長内先生がこれまで授業やゼミで独自に解説してきた内容が言語化されて集約されている。他の教科書では見られない切り口で、読んでいて腹落ち感がある。120ページくらいで手頃な割に、経営学のエッセンスの詰まった本となっており、解説イラストは論文や著名な経営学の教科書から引用して作図しているので、想像してたよりもアカデミアに一歩近い感じ。

「ビジネスパーソンがスキルアップ目指して手軽に手にとって読む本」という内容とは少し毛色が違うように感じる。企業経営の指南入門書ではなくて、経営学という学問の入門書と捉えた方が収まりが良い。論文の構造や理論とフレームワークの違いなど、参考になる要素が多い。
"amazon.co.jpより

3位:経営戦略の基本 この1冊ですべてわかる


~内容~

◆1冊で経営戦略(全社戦略と事業戦略)がわかる
本書は企業分析と戦略策定の解説にとどまらず、全社戦略と事業戦略を俯瞰したうえで、具体的な戦略策定から実施までを1冊で図解します。初めて経営戦略を学ぼうとする人はもちろん、全体像や企業の各業務との関連性がつかみきれていないビジネスパーソンにもお勧めです。

◆戦略策定を流れに沿って効率的に学べる
経営戦略前のPEST、VRIO、3C、SWOT等を使う「環境分析」 → マーケティングの近視眼やCFTでの「事業領域設定」 → ポーターやコトラーの理論を用いる「事業戦略」 → PPMやコア・コンピタンス等を用いる「全社戦略」 → 戦略の「軌道修正」と「仕組みづくり」という、経営戦略のPDCAを流れに沿って一気に学べます。

◆経営戦略の効果をさらに高めるノウハウも紹介
本書は戦略の策定だけではなく、経営戦略を円滑に動かす「制度」「組織」等の仕組みづくりも説明します。また、状況の変化により策定した戦略がゆきづまっても、状況にフレキシブルに対応できる“創発的戦略"の活用方法についても言及しています。

◆現場で“ほんとうに使える"ノウハウが満載
コンサルティングの現場では、これまで「基本」と呼ばれていたノウハウも変わりつつあります。本書では各著者があまたの現場経験を経て得た“ほんとうに使える"基本ノウハウを厳選しました。

(Amazonより)

価格 1650円
ジャンル 経営
出版社 日本実業出版社
著者 (株)日本総合研究所 経営戦略研究会
ページ数 208ページ
口コミ
口コミ

"仕事上、経営企画や戦略を今年に入りいろいろ勉強しています。最初は読んでいて「ちょっと難しいかな」とも思いましたが読んでいくうちに様々な分析方法等を自然と覚えることが出来ました。これから勉強される方にお勧めします
"amazon.co.jpより

2位:プロフェッショナルマネジャー


~内容~

ユニクロ「幻のバイブル」初公開!「これが私の最高の教科書だ」。「経営の鬼神」ハロルド・ジェニーンの金言。ビジネスはもちろん、他のどんなものでもセオリーなんかで経営できるものではない…。米国企業史上空前の14年半連続増益という金字塔を打ちたてた経営の鬼神、ハロルド・ジェニーンの金言集。85年早川書房刊の再刊。

(Amazonより)

価格 1466円
ジャンル 経営
出版社 プレジデント社
著者 ハロルド・ジェニーン
ページ数 339ページ
口コミ
口コミ

"多くのビジネス書を読んだが、書かれている事柄の多くは、言っていることが同じで参考にならないことが多い。その点、本書は実際の企業経営での生臭い経験を基に書かれており、非常にリアルで参考になる部分が多い。
賢者は過去に学ぶ、とよく言うが、手当たり次第に読むのではなく、こうした良著に出来る限り出会えたら・・・といつも思う。それくらい良い本だった。
"amazon.co.jpより

1位:世界標準の経営理論


~内容~

■■■史上初!世界の主要経営理論30を完全網羅した解説書

世界の経営学の英知はこの1冊で完璧に得られる

ビジネスパーソンが考え抜くための羅針盤はここに

圧倒的なわかりやすさと面白さで驚くほど、一気に読める!
-----
世界の経営学では、複雑なビジネス・経営・組織のメカニズムを解き明かすために、「経営理論」(management theories)が発展してきた。

その膨大な検証の蓄積から、「ビジネスの真理に肉薄している可能性が高い」として生き残ってきた「標準理論」とでも言うべきものが、約30ある。まさに世界の最高レベルの経営学者の、英知の結集である。

しかし、その知の大部分は学者だけの財産として眠っており、体系化も十分にされず、当然ビジネスパーソンにも知られてこなかった。

これは、その標準理論を解放し、可能なかぎり網羅・体系的に、そして圧倒的なわかりやすさでまとめた史上初の書籍である。

その意味で本書は、大学生・(社会人)大学院生などには、初めて完全に体系化された「経営理論の教科書」となり、研究者には自身の専門以外の知見を得る「ガイドブック」となり、そして多くのビジネスパーソンには、ご自身の思考を深め、解放させる「軸」となるだろう。正解のない時代にこそ必要な「思考の軸」を、本書で得てほしい。(入山章栄)
-----

世界の経営学の知が凝縮された「標準理論」はあらゆるビジネス課題を解き明かす

・イノベーション、人材育成、新規事業創造≫知の探索・知の深化の理論
・M&A、スタートアップの国際化、外部との契約≫取引費用理論
・リーダーシップ、部下のマネジメント、ビジョンの実行≫センスメイキング理論

関心のあるテーマや理論を見つけて、どの章からでも読める!

(Amazonより)

価格 3190円
ジャンル 経営
出版社 ダイヤモンド社
著者 入山 章栄
ページ数 832ページ
口コミ
口コミ

"これは「世界で標準となっている経営理論」を可能なかぎり網羅・体系的に、そしてわかりやすくまとめて皆さんに紹介する、世界初の書籍である。

私は本の一番最初の節にあるこの文に著者のこだわりビンビンと感じます。それは、1. 日本ではほとんど知られていない経営理論を紹介したい、2. 経営理論という膨大に蓄積されているナレッジを網羅的に体系化したい、3. 通常の人では取り扱いにくい経営理論を分かりやすく紹介したい、4. 経営理論の素晴らしさをむしろビジネスパーソンに理解してもらいたい、5. 最後にこういった誰もが行っていない挑戦に世界で初めて取り組みたい、整理するとこんなこだわりではないでしょうか。

私がこの本を実務家に進めるのか、それはこの本でも紹介していますが、経営理論ファーストで本が書かれているからです。経営理論には不変性、汎用性、納得性という特長があります。その特長ゆえ、実務家の悩みの多くが、実は経営理論で説明できることが多くあるのです。

例えば、取引費用理論やエージェンシー理論から組織の軋轢がなぜ起きるのかを考える、リーダーシップ理論から死んでいる組織をイキイキした組織に変革する方法を考える、認知バイアス理論から組織のダイバーシティを考える、などです。

このように、実務家の悩みそのものが経営理論によって「言語化」されていることに気付く事ができると、この本の素晴らしさが理解できると思います。あーそれそれ、なるほどそうか、じゃああれって何なんだっけ。そういう風に皆さんの悩みと経営理論を往復すること、この知の往復こそ、著者が望んでいる風景だと思います。
"amazon.co.jpより

経営が学べる本のおすすめの選び方

経営,本,おすすめ,選び方

著者で選ぶ

ピーター・ドラッガー

ピーター・ドラッガーはマネジメント理論の一人者として世界的に有名な方で世界中の経営者が彼の著書を参考にしています。彼の代表作である「マネジメント」はマネジメントとは何か、何をすればいいかが書いてあります。マネジメントが難しいと思われる方はベストセラーにもなった「もし高校野球のマネジャーがマネジメントを読んだら」は非常に分かりやすく「マネジメント」の基礎的な部分を解説してあるので、こちらを先に読むのもおすすめです。

D・カーネギー

D・カーネギーは心理学に基づいた自己啓発本を数多く執筆しており、世界中でその著書は読まれています。カーネギーの代表作である「人を動かす」は出版された80年経った今でも世界中の人びとが手に取っています。従業員の育成方法や企業の構築方法を学ぶ事ができ、何度、再読しても得る事が多い名著と言えるでしょう。

松下幸之助

パナソニックの生みの親である松下幸之助は言わずと知れた日本を代表する経営者です。経営に関する様々な本も出版しており数多くの経営者が大きな影響を受けています。その中でも「道をひらく」は松下幸之助の代表作で現状を打破するヒントを見つける事ができるでしょう。心が折れそうな時に立て直しを図りたい方にもおすすめです。

柳井正

柳井正はユニクロの代表取締役を務め、ソフトバンクの社外取締役を務めたこともある日本を代表する経営者の一人です。柳井正さんは自らの経験や経営哲学を執筆した数多くの本を出版しています。ユニクロの経営ノウハウや考え方が書かれた「ユニクロ思考術」やドラッカーに影響を受け、その理論が書かれた「わがドラッカー流経営論」などが有名です。

稲盛和夫

稲盛和夫は京セラやKDDIの創業者であり、日本航空の会長に就任し、日本航空を再生させたことでも有名な経営者です。多くの本も出版しており、その経営哲学やノウハウは多くの経営者に影響を与えています。分かりやすくその経営理論を伝えるために漫画版も出版されていますので、本を読むのが苦手な方は漫画版を読むのもおすすめです。

ジャンルで選ぶ

経営,本,おすすめ,ジャンル

ビジネスフレームワーク

事業の立ち上げは「何をするか」も大事ですが、「誰がやるのか」「どうやるのか」も重要事項と言えます。そのため、さまざまな場面に応用できるようなビジネスプランのフレームワークを取得する必要があります。新規事業の立ち上げを考えている方はビジネスフレームクレームの基礎的な本を読む事をおすすめします。

安定経営

企業が成長を続けくると次の課題は業績を維持させ安定させる事と言えるでしょう。安定経営を目指すなら「両利きの経営」や「みずほ銀行システムの統合、苦闘の19年史 史上最大のITプロジェクト「3度目の正直」などがおすすめです。成功談や失敗談が載っている本はおすすめです。成功者の成功談や失敗談を自分に置き換える事で安定経営のヒントを得る事ができるでしょう。

経営戦略

企業にとって自社の強みを活かす経営戦略は経営にとって重要事項の一つと言えるでしょう。自社の強みを自分で把握し、競合他社と比べて得意分野がどこなのかを知っていれば、その強みを活かした経営戦略を立てる事ができ、事業の成功に繋がるでしょう。難しい内容の本も多いですが、経営の幅を広げるため一冊は手にとってみる事をおすすめします。

経営の立て直し

経営不振から再生し立て直す実例を交えたビジネス本は多く出版しています。名経営者が織りなす復活をつげるストーリーは心打たれるものがあるでしょう。名だたる経営者がピンチになった時の決断、ふるまいを学ぶ事ができるでしょう。危機から立ち直った実例を参考にするといいでしょう。

経営の歴史

経営の本の中には歴史上長く読まれている本があります。また、古くから読み継がれている哲学の本を現在の経営者たちは読みこなし自分の経営に参考にしています。マキアヴェッリの「君主論」M・Eポーター「競争の戦略」などがそれらに当たります。「論語」や「菜根譚」を愛読書にしています。

わかりやすさで選ぶ

経営,本,おすすめ,わかりやすさ

経営の本は内容が難しいものも多いので、経営の本を読み始めた方や本を読むのが苦手な方はわかりやすさを重視した本を選ぶ事をおすすめします。入門書のような本もおすすめですし、漫画やイラストの多い本を選ぶといいでしょう。また、小説のようなストーリー仕立てになっている本も面白く読め頭に入りやすいのでおすすめです。

事例で選ぶ

成功事例

成功している経営者と自分の経営が何が違うかを知るために成功事例の本を読むのは有効だと言えるでしょう。経営者の考え方や行動哲学も知ることができるので、実践できるところから実践する事をおすすめします。自分の尊敬する経営者の本から読むと、「自分もこのようになりたい」と刺激を受ける事もあるでしょう。

失敗事例

経営者の書いた本には自身の失敗談もおり交えて書かれている本も多くあります。失敗した時のリスク管理や失敗の回避方法を学ぶ事ができるでしょう。また、失敗からどのように学び、次の成功に導く方法も学ぶ事もできます。失敗の原因や落とし穴を知っていれば、失敗を回避しやすいですし、万が一失敗した場合でも対処法を知っていれば慌てる心配もないでしょう。

経営が学べる本のおすすめまとめ

経営,本,おすすめ,まとめ

今回は経営本のおすすめ本と選び方について紹介してきました。すでに経営者の方にはもちろんおすすめですが、これから起業を考えている方にもおすすめです。お気に入りの経営本を持っていれば壁にぶつかったときに原点回帰となるでしょう。今回の紹介で経営の参考になる経営本が見つかれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました