【2021年最新】ブログ運営に必読の本のおすすめランキング20選

ブログ,本,おすすめ ビジネス書
スポンサーリンク

ブログは当初、自己表現をする場として情報発信する方が多かったのですが、近年では自己表現プラス収入を得る手段として活用している方が増えています。ブログに関する本も増えてきており、ブログの書き方はもちろんのこと、ブログを副業として収入を得る方法を綴った本も数多く存在します。今回はブログ運営に関するおすすめの本とその本の選び方について紹介していきます。

スポンサーリンク

ブログ運営におすすめの本とは

ブログ,本,おすすめ

ブログに関する本は実践してこそ読む価値があると言えるでしょう。自分のブログと参照し、役立つかどうかを考えながら読むのが重要です。本を読み終わったら実践したい部分や三個になった部分をノートやスマホのメモ帳などに書きだし、そのメモを元に実践する事が重要と言えるでしょう。

ブログ運営に必読の本のおすすめ人気比較ランキング

ブログ初心者におすすめの本

5位:バカ売れキーワード1000


~内容~

組み合わせて使える「売れるコトバ」の単語帳がオールカラーで登場!
「業界最安値」「入手困難」など、そのまま組み合わせて使える「バカ売れキーワード」を1000語収録! 意味と用法や使用例、類義語なども掲載した、「売れるコトバ」の単語帳がオールカラーで登場!

(Amazonより)

価格 1650円
ジャンル ブログ
出版社 KADOKAWA
著者 堀田 博和
ページ数 224ページ
口コミ
口コミ

“テーマごとにキーワードが羅列してあり例文まで載せてくれているので、このまま素直に各々のシーンに合わせてコピペするだけでいいと思います。
こういうのは素直に丸パクリして効果測定してみるのが一番。効果あるよって言われているんだからブログのタイトルやメルマガやチラシには絶対に本書のワードを混ぜるべし。
amazon.co.jpより

4位:プラス月5万円で暮らしを楽にする超かんたんアフィリエイト


~内容~

趣味や体験談をおこづかいに変えよう!
アフィリエイトは、元手ゼロではじめられる副業です。無料のブログサービスなどを利用すれば、1円も使わずにスタートできます。パソコンのスキルも不要で、インターネットで買い物をしたことがあるような人なら、誰でもできます。

アフィリエイトの基本は、記事を書くこと、続けること、楽しむこと。本書は毎月5万円稼ぐことを目標にしていますが、正しい方法で続ければ難しい目標ではありません。図解や具体例もたくさん掲載しているので、はじめての人も、過去に挫折してしまった人の再入門にもぴったりです。

(Amazonより)

価格 1628円
ジャンル ブログ
出版社 翔泳社
著者 鈴木 利典
ページ数 176ページ
口コミ
口コミ

“これから、ブログやHPを立ち上げ、加えてアフィリエイトと思っていた時に、とても初心者に参考になる本です。一通り、書いてあるのは大変助かります。逆に、若干網羅性と裏腹に専門的な補足・詳細がもう少し欲しなと思う内容もありました。”amazon.co.jpより

3位:ゼロから学べる ブログ運営×集客×マネタイズ 人気ブロガー養成講座


~内容~

ウェブマーケター・実力派ブロガー「かん吉」が、ネットマーケティングの最前線から教える「本物」の人気ブログの作り方と運営ノウハウ!

ブログ運営ノウハウをまとめた有料kindle書籍がたった4カ月で5,000部突破の売り上げを誇る著者の、初のALL書き下ろし書籍。
ブログ運営から集客、マネタイズまでのすべてを解説しています。

「どうせブログをやるなら、たくさんの人から愛されるブロガーになりたい」
しかし、やみくもにブログを更新し続けても、人気ブロガーにはなれません。
そこには成功ルールがあります。
2010年から「わかったブログ」にて、ブログによる様々な集客テストを繰り返してきた著者だからこそ書ける、人気ブロガーになる方法です。

ただアクセスが多い、ただ広告収入がある……それだけの話ではありません。
「本物」の人気ブログはあなたの「資産」になります。

これからブログをはじめる人も、いまのブログが上手くいっていない人も、必見のブロガー指南書です。

(Amazonより)

価格 1980円
ジャンル ブログ
出版社 ソーテック社
著者 菅家 伸, かん吉
ページ数 256ページ
口コミ
口コミ

“集客の専門家たちはこぞってブログをやりなさいと言いますが、「じゃあ何からすれば?」「何を書けば?」「どんなお作法で?」「そもそも、何のために?」と考えていくと結局、書けなくなるものです。しかし、この書籍はそんな思考に陥ってしまいがちな方の不安や悩み、そして、『不満』を吹き飛ばしてくれました。なぜならば、前述のポイントがすべて書いてあるからです。

特に素晴らしいと感じたのは「そもそも、何のためにブログを書くのか」といったマインドセット的なことがしっかりと書かれており、そこを飛ばさずに「読みたくなるように」書かれている点です。通常、マインド的なことはついつい飛ばしたくなります。しかし、逆に夢中になって読んでしまうように書かれているところに著者の読者に対する誠実さを感じました。(ここは大事だから、しっかり読むんだぞと勝手にメッセージを受け取ったつもりです^^)

中でもグッときたのは、「自力でタイムマシンを回せ!」の項です。私はこれまでどうしてもブログを毎日続けることができずに悩んでおりました。しかし、そんな私にピッタリの解決策と言いますかマインドが、この項に書かれていました。ネタバレになるので書くのは控えますが、私と同じ悩みを抱えている方には是非ともお薦めしたいですね。

もちろん、中級者以上の方が必要とするテクニックもふんだんに盛り込まれています。普遍的で大事な根っこの部分をしっかりと学んだ後に必要なテクニックがこれでもかというほど惜し気もなく書かれていますので、初心者から上級者に至るまで幅広い層に支持される良書だと思います。私は、特に重要な箇所に付箋を貼り、すぐに手に取れるようデスクの上に置いてあります。情報発信をされる方であれば、必読の書と言えるのでは無いでしょうか。
amazon.co.jpより

2位:沈黙のWebマーケティング


~内容~

本書は、初心者の方にもわかりやすいよう、Webマーケッター「ボーン・片桐」が活躍するマンガ風のストーリーと、理解を深めるための解説記事を交えた構成になっています。今回の改訂では、Webマーケティングの世界の変化に合わせるため、主に解説記事をアップデートしました。

本書では、Webマーケティングを「Webを通し、その商品の価値をあらゆる形で顧客に届ける一連の施策」と位置づけています。
そして、Webマーケティングとは、商品が本来もつ「価値」を2倍、3倍……と膨らませる魔法ではありません。Webマーケティングで伝えられるのは、その商品が本来もっている価値の「100%まで」です。

だからこそ、実直かつ真摯に商品と向き合い、その価値を顧客へと適切に届ける導線づくりが大切になります。本書には、そのためのエッセンスや具体的な施策の考え方が詰まっています。
Webマーケッターであるボーン・片桐たちは、どのようにして商品の「価値」を「人」に伝えていくのか……。あなたご自身のWebサイトに置き換えながら、本書をご一読ください!

(Amazonより)

価格 2420円
ジャンル デジタルマーケティング
出版社 エムディエヌコーポレーション
著者 松尾 茂起
ページ数 496ページ
口コミ
口コミ

“ストーリー形式でセリフなどのデザインも凝っています。とても読みやすく勉強になりました。パソコンを使って稼ぎたい人にオススメだと思います。IT業界への興味などが湧くと思います。
amazon.co.jpより

1位:本気で稼げる アフィリエイトブログ


~内容~

大人気ブログ「ルカルカダイエット」「ルカルカアフィリエイト」の亀山ルカと「ブログの教科書1年生」の染谷昌利が初タッグ!
いよいよ、誰でも稼げるようになる「アフィリエイトのとどめの入門書」が完成しました!

【初心者の人へ・完全無欠のバイブル登場! 】
悩んでいる暇があったら、この本を読んで、ドンドン始めてみましょう。
初心者が知りたいこと、不安なこと、よくわからないこと、みんな、著者のルカさんが実践したテクニックで解決します。
このとおりやっていけば、アフィリエイトで稼げるようになります。

【再入門の人へ・救いの女神降臨! 】
すでにやっているけど、アフィリエイトなんかで稼げないよというあなた、この本に書かれているテクニック、試してみてください。
うまくいくまで、何度も何度も読み返してみてください。
答えが出るはずです!

【アフィリエイトブログで夢を叶える】
夢を叶える人生のために、好きを仕事にするためのブログを書き方、目的や意味、そしてマインドの持ち方まで、アフィリエイトブログで夢をつかんだ亀山ルカと染谷昌利だから書ける極意満載!

【こんな人におすすめ】
・会社辞めてフリーになりたい
・ものを書くのが好きだからブログを始めてみたい
・ブログを書いて生活できるようになりたい
・ブログはやっているけど全然稼げない!
・アクセス数がほとんど上がらない
・記事にするネタがなくて、続けられない
・自分のメッセージをたくさんの人に伝えたい
・アフィリエイトブログで夢を叶えたい

(Amazonより)

価格 1738円
ジャンル ブログ
出版社 ソーテック社
著者 亀山 ルカ,染谷 昌利
ページ数 288ページ
口コミ
口コミ

“元々作者のファンだったので迷わず購入しました。
アフィリエイトというと、いまだにどうしても怪しげな雰囲気がつきまといます。ですが、これほど真摯な本は読んだことがありません。
タイトルは「稼げる」と書かれていますが、お金を稼ぐ行為自体よりも「どうすれば読者に役立つコンテンツになるか」という面に重きが置かれており、その結果が「お金を稼ぐ」につながるとあります。とても信頼性の高い一冊です。
精神論だけでなく、コンテンツ作りに役立つツールや便利ワザ、アフィリエイトサービスなど、具体的なことも紹介されているので、辞書的に使える本でもあります。本に入り切らなかった内容は、別途PDFファイルがもらえるようになっており、コスパ高すぎです。
amazon.co.jpより

ライティングのブログおすすめ本

5位:20歳の自分に受けさせたい文章講義


~内容~

「話せるのに書けない!」人のための“文章の授業”
どうすれば自分の気持ちや考えを「文章だけ」で伝えることができるのか? この授業のスタート地点はそこにある。そう、僕らは「話せるのに書けない!」のだ。人に口で伝えることはできても、それを頭の中で文章に変換しようとすると、とたんに固まってしまう。メールの一通すら、うまく書けない。「話すこと」と「書くこと」はまったく別の行為なのだ。決して「同じ日本語じゃないか」などと思ってはいけない。この授業では、現役のライターである僕が、現場で15年かけて蓄積した「話し言葉から書き言葉へ」のノウハウと哲学を、余すところなく伝えていく。学校では誰も教えてくれなかった“書く技術”の授業をいま、始めよう!

(Amazonより)

価格 924円
ジャンル ライティング
出版社 星海社
著者 古賀 史健
ページ数 280ページ
口コミ
口コミ

“色々とライター関連の本を探している時に出会いました。様々な本がある中で、この本程わかりやすい本はないと思います。ライティングの基礎を学びたいのであれば是非お勧めの一冊です。ライティングの仕事中に常に懐に入れておける本です。
amazon.co.jpより

4位:人を操る禁断の文章術


~内容~

本書では、メンタリズムの得意とする「人心掌握」「大衆煽動」のエッセンスを文章に応用し、読み手の心を自在に操る「メンタリズム文章術」を大公開。その文章術の軸となるのは、「読み手の見たい現実を見せてあげる」という、相手の心理を先回りした「想像力を刺激する」書き方のテクニックである。

本書では、解説するテクニックに対して心理学の見地から裏付けの説明を随所に加える。扱うテーマは、セールス、プレゼン、恋愛、依頼など、書き手の腕が求められるシーンを幅広く網羅。また、人間の感情をゆさぶる7つ引き金(トリガー)と、今すぐ文章にそのまま応用できるテクニックを紹介。

本書を読むことで、書くべき内容とその書き方が一目にわかるようになる。

(Amazonより)

価格 1540円
ジャンル 仕事術
出版社 かんき出版
著者 メンタリストDaiGo
ページ数 224ページ
口コミ
口コミ

“相手に自分が思ったとおりに行動させるための文章の書き方が書かれています。文章の書き方というと、手紙というイメージがありましたが、
こちらの本の内容は、
・セールスレター
・日常のメール
・ブログ
・店頭のポップ
などに使えます。ビジネスに使える文章の知識が豊富に書かれているので、すべてのビジネスマンにおすすめすることができます。相手のことを考えることで、思ったものと違うものでも買ってもえる方法がわかりました。
amazon.co.jpより

3位:新しい文章力の教室


~内容~

◆文章を「書きながら」考えていませんか?

文章が書けないのはなぜでしょうか?うまい人はどうやって書いているのでしょうか?ニュースメディアで新人教育を担当する著者が、書ける人が自然にやっている基本を誰にでも学べる方法として伝授する初めての書籍。企画書、報告書、レポート、ブログ、SNSなどあらゆる文章に有効です。

◆こんな人におすすめです
————————-
□ 言いたいことはあるのにうまく伝えられない。
□ どこから書き始めればいいのか分からない。
□ 言い回しに悩んでなかなか書き終わらない。
————————-

◆文章力を付けるポイントが分かります
・地図を調べてから出かける
・悩まず書くために「プラモデル」を準備する
・「サビ頭」構成を基本形にする
・音読と黙読で読み返す
・体言止めは読者に負担を与える
・完読のためにスピード感を調節する

(Amazonより)

価格 1430円
ジャンル ライティング
出版社 インプレス
著者 唐木 元
ページ数 208ページ
口コミ
口コミ

“全5章からなる本書ですが、第1章は文章の作り方について。第2章から第5章は文章を整える章であったと思います。第1章は文を作る上で、参考になります。
第2章から第5章は言われてみたらそうだよなという内容ですが勉強、意識しないと整った文は作れません。
その意識づけのためこちらの本は参考になりました。
amazon.co.jpより

2位:何を書けばいいかわからない人のためのうまくはやく書ける文章術


~内容~

「もっと上手な文章を書けるようになりたい」「文章を書くのに時間がかかってしまう」と悩んでいませんか?本書を読めば、実務的なビジネス文章から、ホームページや販売ページの文章、ブログやFacebookへの投稿記事、自己PR文まで、さまざまな文章をスラスラと書けるようになります!

書けずに頭を抱えている人は、頭の中で「そもそも何を書けばいいのか」が整理されていない状態です。ここをクリアにして、文章が「うまく」「はやく」書ける習慣を身につけていきましょう。

本書では、5つのステップに分けて徹底的に伝授していきます。
(1)外部の情報収集(ネット、本、テレビ、新聞)
(2)内部の素材集め(自分の中の情報整理)
(3)素材を表(見取り図)で可視化
(4)フォーマットに落としこむ(5つのシーン別)
(5)磨き上げる(テクニック)

これにより、誰でもスラスラと「うまい」文章が「はやく」書けるようになります!

(Amazonより)

価格 1540円
ジャンル ライティング
出版社 日本実業出版社
著者 山口 拓朗
ページ数 224ページ
口コミ
口コミ

“自分が書く文章は、誰に読んでもらい、何を伝え、どんな反応をしてもらうのか。
その説明を全体像から、細分化して、具体的なやり方、事例まで落とし込んで書いてある本です。なんとなく書いている文章にきちんとした理由を持たすことが重要であるということがこの本を読むと分かります。

私は、ブログをやっていますが、どういう考え方で文章を書けばいいのか、という全体像が分かりました。内容が濃かったのでまだ自分の中に落とし込めていませんが、なんども読んで実践していきたいと思います。
amazon.co.jpより

1位:沈黙のWebライティング


~内容~

Webで「成果を上げる」ための文章の書き方を実用入門書。謎のWebマーケッター「ボーン・片桐」が活躍するストーリーを通じて、SEOに強いライティングのノウハウを学ぶことができます。

本書はWeb上で連載され、大人気を博したコンテンツを書籍化したものです。

連載をまとめた本編全7話に、書籍だけの書き下ろしとなる本編エピローグ、Webで成果を上げる文章を書くための手法や思考法を伝える特別解説(約100ページ)を加えました。

特別解説は、ストーリーを通じて語られるさまざまなノウハウや考え方を、より深く具体的に掘り下げた実践的な内容になっています。

Webサイトやブログの記事だけではなく、ビジネス文書などにも活用できるライティング教本の決定版です!

(Amazonより)

価格 2200円
ジャンル ライティング
出版社 エムディエヌコーポレーション
著者 松尾 茂起
ページ数 632ページ
口コミ
口コミ

“オウンドメディアの編集を担当するに当たって、入門書として読みました。
「ゴリゴリマッチョメンが30kgのノートパソコンを持ってWebライティングする」というのが概要ですが、中身は至ってまともです。
とても参考になる良い書籍ですので、ヤバそうだなと思わずに気軽に読んでみると良い学びを得られます。
amazon.co.jpより

SEOのブログおすすめ本

5位:これからのSEO内部対策 本格講座


~内容~

安易な外部対策よりも内部対策は“効く”。外部対策と連動させれば“もっと効く”。外部対策だけでも内部対策だけでもダメ。両者の融合が、これからのSEOには必須!

(「BOOK」データベースより)

価格 1980円
ジャンル WEBマーケティング
出版社 秀和システム
著者 瀧内 賢
ページ数 264ページ
口コミ
口コミ

“1番ためになると感じました。具体的な方法が書いてあり、とても実践向きだと思います。内容もSEO初心者の方にもわかりやすく、上級者の方も非常に勉強に
なる中身となっていました。
筆者の方は常に情報を最新のものにアップデートされている方だと感じました。
おススメです!
amazon.co.jpより

4位:10年つかえるSEOの基本


~内容~

すぐに変わってしまうトレンドを追うより変わらない“考え方”をおさえよう。フルカラーの紙面でかけあいを追いながらたのしくわかる!

(「BOOK」データベースより)

価格 1628円
ジャンル WEBマーケティング
出版社 技術評論社
著者 土居 健太郎
ページ数 136ページ
口コミ
口コミ

“ブラックハットSEOではなく、きちんとした意味のあるページを作るというのが繰り返し説かれています。安易に結果が欲しいと考えてしまいがちなSEOという言葉ですが、結局はいいものを愚直に作るしかないのだと感じました。ただし、最初に結論から書くとかそういうちょっとしたテクニックは紹介されています。それも全て検索している人 = 読み手にとって価値があるかどうかという観点ですね。
地味とも言えますが、確実に10年使える基本だと思います。
amazon.co.jpより

3位:Googleを支える技術


~内容~

Googleを支える基盤システムの数々について、論文やWebなどで公開されているパブリックな情報をもとに技術的な側面から解説を試みる。

(「BOOK」データベースより)

価格 2508円
ジャンル WEBマーケティング
出版社 技術評論社
著者 西田 圭介
ページ数 288ページ
口コミ
口コミ

“本書を読むと、世界的に名だたるハイテクベンダー(あそこや、あそことか・・)が、グーグルを脅威と感じている理由がよくわかります。
グーグル創生や、そのビジネスモデル、マーケティング、さらにユーザ向けのガイドは数々ありましたが、内部のテクノロジーにここまで踏み込んで解説した本は、他にない。技術面で、グーグルの基盤のカバレージの広さに驚嘆するとともに、技術へのこだわりもよくわかります。
検索システムのソフト面が前半で解説されますが、後半は、分散処理の基盤とデータセンター、さらに開発体制にまで言及します。圧巻なのは、分散処理を支える基盤コンピュータの性能と、消費電力、熱問題を解説する章。ちまたで、エコ・データセンターが唱えられている昨今、しかし、ここまで親切丁寧に、CPU性能、クロック数と消費電力、熱問題を解説した書籍は少ない。しかも、驚きべきことに、下敷きがグーグルの調査資料、論文というから、びっくりです。
グーグルは、システムベンダーでもあると同時に、巨大なホスティングベンダー、データセンタービジネスでもあったということで、システムの隅々にまで、低コスト、汎用品を使いながら、自前の革新的な技術で、最先端のICTシステムを展開していたとは、驚きです。まさに、テクノロジー面での革新者でもある、グーグルの内幕を見ることができると同時に、分散処理システムの
アーキテクチャの勉強にもなる、珍しい良書です。ただ、業界人、技術者向けなので、読者は限られるでしょうね。
なお、親切なことに、原典となる、公開されているグーグルが書いた多数の白書、論文などの参照が
丁寧に紹介されています。一度あたっておいて損はなさそうです。
amazon.co.jpより

2位:現場のプロから学ぶ SEO技術バイブル


~内容~

セマンティックWebに対応するための構造化マークアップ。MFI時代におけるモバイル対応からAMP対応まで。検索意図・共起語を意識したコンテンツSEO。Googleの特許から紐解く被リンク・サイテーション獲得戦略。レンダリング・ネットワークの仕組みから理解する高速化技術。施策だけで終わらせないモニタリングレポート。

(「BOOK」データベースより)

価格 3278円
ジャンル WEBマーケティング
出版社 マイナビ出版
著者 西山 悠太朗
ページ数 432ページ
口コミ
口コミ

“普段業務ではWebデザインをしていますが、ページのデザインに関して、SEO担当者と会話することが多いです。「文字を画像化したい!」「ここにテキストは入れたくない!」とSEO担当者とよく”ケンカ”していました…
しかし、今はもうSEOを無視したWebデザインを求められることがかなり少なくなってきたように感じるので、しっかりとSEOについて勉強すべきだと重い腰を上げました。ちょうどSNSで良書だという噂を目にして、本書を購入しました。
結論、読んで本当に良かったです。「SEOとは」から始まりながらも、フロントエンジニアやデザイナーが意識すべき実装方法にまで踏み込んで解説されています。今この本でSEOの知識を一通り頭に入れられて、Webデザイナーとしてのキャリアを1ステップ前進できたように思います。
amazon.co.jpより

1位:いちばんやさしい新しいSEOの教本


~内容~

SEO(検索エンジン最適化)とは、「検索結果の上位にサイトを表示すること」ではありません。「訪問者の目的に応えるサイトを作ること」です。そのために、対策すべきキーワードを選定し、サイトの構造を整えることが大切なのです。
経験豊富な講師陣が、実践的なノウハウを「なぜそうするべきなのか」からやさしく丁寧に解説してくれます。
はじめてSEOを学ぶ人に最適な1冊です。

(Amazonより)

価格 1738円
ジャンル WEBマーケティング
出版社 インプレス
著者 安川 洋
ページ数 256ページ
口コミ
口コミ

“そもそもSEOってなに?というところから業界・業種毎の必要に適切なサイトの作り方まで網羅されている気がします。自身は競合が弱い分野だったので、チャプター2までの内容で十分効果が出そうです。
「何をしたら良いのかわからない」という状態から具体的な行動ベースにまで落とし込めました。
効果がでることを期待して、サイト改修します!
amazon.co.jpより

Webマーケティングのブログおすすめ本

5位:世界基準で学べる エッセンシャル・デジタルマーケティング


~内容~

デジタルマーケティングの新コンパス!

自社製品のプロモーションや、新規事業、起業のためにデジタルマーケティングに取り組みたいと考えている人は多いのに、成功している人は極端に少ない。デジタルマーケティングの現実です。
代理店に丸投げしても、自社も代理店も疲弊するだけ。よい戦略や施策をまとめ上げるためには、デジタルマーケティングの本質をベースにすることが筋です。
Googleで国内外の事例を吸収し、独立後はマーケティングの戦略設計、広告運用で活躍する著者が、これからデジタルマーケティングに乗り出す方や、自社のマーケティング力を向上させたい方に向けて、デジタルマーケティングのエッセンスをこの1冊に凝縮しました。

(Amazonより)

価格 2288円
ジャンル デジタルマーケティング
出版社 技術評論社
著者 遠藤 結万
ページ数 256ページ
口コミ
口コミ

“大学院のデジタルマーケティングの授業が内容が薄くて不満だったので購入。幅広い分野が網羅されており分かりやすくまとまっています。参考情報もセクションごとに充実しており、本で得た知識を実践するための環境を整えやすいです。実務に活かしやすい良書だと思います。
amazon.co.jpより

4位:最小の手間で最大の効果を生む! あたらしいWebマーケティングの教科書


~内容~

「Webサイトを作っただけでは成果はでないって本当?じゃあほかに何をやればいいの?」「やることが多過ぎて何からやればいいのかまったく分からない! 」-そんな悩みに応えるのがこの1冊です。Googleのアルゴリズム変更(ハミングバード)、リスティング広告の変化、ソーシャル&スマホの潮流など、現在のWebマーケティングの必須知識、ノウハウを凝縮。Webマーケティングに関するセミナー登壇経験120回以上の著者が、無駄なく楽して最大の効果がでるWebマーケティング戦略をお教えします。

(Amazonより)

価格 3500円
ジャンル デジタルマーケティング
出版社 技術評論社
著者 西 俊明
ページ数 256ページ
口コミ
口コミ

“Webプロモーションを強化するために購入しました。具体的なホームページの言葉や表現だけではなく、GoogleやYahooの広告、SEOの手法、そしてLINEやFaceBookによる広告まで網羅されています。特定の手法に特化した書籍が多いなかで、現代のWebマーケティングを一通りチェックできるにの役立ちました。
amazon.co.jpより

3位:沈黙のWebマーケティング


~内容~

本書は、初心者の方にもわかりやすいよう、Webマーケッター「ボーン・片桐」が活躍するマンガ風のストーリーと、理解を深めるための解説記事を交えた構成になっています。今回の改訂では、Webマーケティングの世界の変化に合わせるため、主に解説記事をアップデートしました。

本書では、Webマーケティングを「Webを通し、その商品の価値をあらゆる形で顧客に届ける一連の施策」と位置づけています。
そして、Webマーケティングとは、商品が本来もつ「価値」を2倍、3倍……と膨らませる魔法ではありません。Webマーケティングで伝えられるのは、その商品が本来もっている価値の「100%まで」です。

だからこそ、実直かつ真摯に商品と向き合い、その価値を顧客へと適切に届ける導線づくりが大切になります。本書には、そのためのエッセンスや具体的な施策の考え方が詰まっています。
Webマーケッターであるボーン・片桐たちは、どのようにして商品の「価値」を「人」に伝えていくのか……。あなたご自身のWebサイトに置き換えながら、本書をご一読ください!

(Amazonより)

価格 2420円
ジャンル デジタルマーケティング
出版社 エムディエヌコーポレーション
著者 松尾 茂起
ページ数 496ページ
口コミ
口コミ

“ストーリー形式でセリフなどのデザインも凝っています。とても読みやすく勉強になりました。パソコンを使って稼ぎたい人にオススメだと思います。IT業界への興味などが湧くと思います。
amazon.co.jpより

2位:はじめてでもよくわかる! デジタルマーケティング集中講義


~内容~

デジタルとマーケティングの「いま」と「これから」がわかる、いちばんやさしい入門書!

まったく初めての人から勉強し直しの人まで、マーケティングを勉強している人からビジネスに役立てたい人まで、これでお任せ、のデジタルマーケティング入門書です。

Web、SNS、スマートフォン、IoT、人工知能……私たちの生活により「デジタル」が入り込んでいます。そして、「マーケティング」は、そのデジタルの進化に応じてどんどん領域を広げています。
本書では、そのデジタルマーケティングを「ざっくり押さえる」ことができるよう、トピックごとに章を分け、講義形式で解説していきます。
講義の最後には「考えてみよう! 」や「さらに深掘り」といった、より理解を深めるための記事も用意。そして確認のクイズも入れてありますので、理解度をチェックしながら読み進めることができます。

(「BOOK」データベースより)

価格 2977円
ジャンル デジタルマーケティング
出版社 マイナビ出版
著者 カティサーク 押切 孝雄
ページ数 264ページ
口コミ
口コミ

“本書は第7〜9講が白眉だった。
それはコンテンツマーケとSEO、SNSマーケという基本を扱ったところ。
例えばSEOの基本は「検索する人の問に対して、回答を提示」や、Facebook広告のカスタムオーディエンスと類似オーディエンスをわかりやすく解説し、かつGoogle広告とFacebook広告での類似用語もしっかり解説してくれるところだ(例えばターゲットとオーディエンス、広告グループと広告セットとかね)。
読了後にしっかり頭の整理が出来てよかったね!
amazon.co.jpより

1位:マンガでわかるWebマーケティング


~内容~

Web担当者Forum発の人気漫画「Webマーケッター瞳」を書籍化した「マンガでわかるWebマーケティング」が装いも新たに登場!

初版からの
・マンガとストーリーに沿った丁寧な説明でWebマーケの本質をわかりやすく解説
・企業のマーケティング担当者のみならず、ウェブに関わるすべての人々が楽しみながら学べる入門書
という特長をそのままに、内容を近年のデジタルマーケティングに
対応したほか、現場で役立つノウハウをさらに盛り込んでいます!

【おススメの理由】
○マンガと解説がセットだから、楽しみながら読み進められる
○DMP? MA? 最新デジタルマーケの専門用語もしっかりフォロー
○著者の実体験やインタビュー取材に基づく実践的なノウハウ満載
○Webだけじゃない! 事業活動に必要なマーケティングの基本がわかる

(Amazonより)

価格 1980円
ジャンル デジタルマーケティング
出版社 インプレス
著者 村上 佳代
ページ数 296ページ
口コミ
口コミ

“デジタルマーケティングの全体像がギューっと詰まってます。「マンガがでわかる」、本当によくわかります。
デジタルマーケティングに関わることになって、本を色々と読みましたが、広いデジタルマーケティングの領域を、まず最初に俯瞰するにはベストの一冊ではないでしょうか。まずこの本で全体像をつかんで、それぞれの専門領域の本を、というのがイイと思います。

しかも、マネジメントの視点で書かれているところが、またイイ。デジタルマーケティング関連の本は、どちらかというと担当者視点の個別最適な感じが多いと思いますが、こちらはマネジメント視点で書かれていて、デジタルマーケティングをマネジメントする立場として何を見るべきか、どこが勘所なのかといったところにも踏み込んでいます。
WEB担当者からデジタルマーケティングのマネジャーまで、いろんな人にオススメです。デジタルマーケティング領域の本で何を読めば良いか、迷ったらコレ!
amazon.co.jpより

ブログ運営に必読の本のおすすめの選び方

ジャンルで選ぶ

ブログ,本,おすすめ,ジャンル

ブログ運営の心得

ブログを始める前にブログの簡単な考え方や心構えを知っていると挫折しにくくなるでしょう。ブログでどう稼ぐのかや人気の出るブログの特徴を知りたい方は「個性を収入に変える生き方 ブログ飯」がおすすめです。ブログの本質を丁寧に分かりやすく書かれておりブログを始めるとっかかりとして読むといいでしょう。また、心構えやメンタルリセットについて知りたいのであれば「ゼロから学べる ブログ運営×集客×マネタイズ 人気ブロガー養成講座」もおすすめです。

ライティング

ブログで人気を得るためには読者を惹きつける文章力が必要で基本的なスキルになってきます。文章のコツを身につけることは中々難しいですが、ライティングの本は多く出版されているので、そのような本は参考になるでしょう。「何を書けばいいかわからない人のための「うまく」「はやく」書ける文章術」は記事のネタや情報の集め方が綴っており、フォーマットもあるので即実践することができ、おすすめです。「新しい文章力の教科書」は書きたいことのまとめ方や文章上達の練習方法など読まれる文章を学ぶのに参考になるでしょう。

SEO

SEOとはネット検索をする際に上位検索にあがるようにする技術を言います。ブログで収入を得ようとした際にSEOの技術は必須と言えるでしょう。SEOの本質について書かれている「10年つかえるSEOの基本」や物語方式で分かりやすくSEOを学べる「沈黙のウェブライティング」がおすすめです。

【2021年最新】SEO対策が学べる本のおすすめランキング15選
【最新版】SEO対策が学べる本のおすすめ人気比較ランキングトップ15です。各SEO対策が学べる本のあらすじや価格情報からクチコミやレビューまでを徹底的にランキング形式でご紹介!みんなが選んだおすすめのSEO対策が学べる本をあなたにお届けします。

アフィリエイト

アフィリエイトとは広告収入のことでブログ運営の主な収入源の一つです。ブログで収入を得たいと思われている方は早めにアフィリエイトの仕組みを知っておく必要があると言えるでしょう。「プラス5万円で暮らしを楽にする超かんたんアフィリエイト」はアフリエイトの簡単な仕組みや法律、SEOをイラストで分かりやすく説明してあるので初心者の方も安心して読むことができるおすすめの1冊です。

Webマーケティング

ある程度ブログを書き馴れてきた方は、マーケティングを考えるのもいいのかもしれません。利益を得るためにどのような事を考え、どのような記事を書くのかを戦略的に考えるのです。マーケティングの基礎を学びたいのなら「ドリルを売るには穴を売れ」がおすすめです。ユニークなストーリーで分かりやすくマーケティングの基礎を学ぶ事ができます。

【2021年最新】WEBマーケティング本のおすすめランキング15選
【最新版】WEBマーケティング本のおすすめ人気比較ランキングトップ15です。各WEBマーケティング本のあらすじや価格情報からクチコミやレビューまでを徹底的にランキング形式でご紹介!みんなが選んだおすすめのWEBマーケティング本をあなたにお届けします。

SNS

TwitterやFacebookなどのSNSを利用してブログに活用する手法もあります。精神科医の樺沢紫苑さんのはSNSを利用して精神医学や心理学の情報を発信しています。そんな樺沢紫苑さんの「Twitterでビジネスを加速する方法」はビジネスで成功させるための方法や便利ツールも書かれており、SNSを利用してブログを活用したい方にお勧めに1冊です。

自身のレベルで選ぶ

初心者ブロガー

初心者ブロガーの方はブログについて網羅的に書かれている本や分かりやすく書かれている本を手に取ることをおすすめします。本を読むだけでなく、その内容を実践する事が重要と言えるでしょう。初心者ブロガーは「沈黙Webマーケティング」や「沈黙のWebライティング」など沈黙シリーズが物語仕立てで分かりやすく解説しているので特におすすめです。

熟練ブロガー

ブログで一定以上の利益を得ると税金を納める必要がでてきます。税金をどのように払えばいいのか分からない方も多いでしょう。税金についての本を1冊読んでおくのをお勧めします。特に「お金のこと何も分からないフリーランスになっちゃいましたが税金で損しない方法を教えてください」は漫画で分かりやすく解説しておすすめです。

ブログ運営に必読の本のおすすめまとめ

ブログ,本,おすすめ,まとめ

今回はブログ運営に役立つおすすめの本とその本の選び方について紹介してきました。本を読む際に読むだけではなく参考になった箇所を実践し、上手くいかなかったところを読み返して実践していくという試行錯誤がブログを運営する上で重要と言えるでしょう。今回の紹介であなたのブログ運営に役立つ本が見つかれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました