【2021年最新】鮎川哲也賞受賞作品のおすすめランキング10選

日本ミステリー文学大賞新人賞,おすすめ,まとめ 小説
スポンサーリンク

鮎川哲也賞受賞作品のおすすめ人気比較ランキングトップ10です。各鮎川哲也賞受賞作品のあらすじや価格情報からクチコミやレビューまでを徹底的にランキング形式でご紹介!みんなが選んだおすすめの鮎川哲也賞受賞作品をあなたにお届けします。

スポンサーリンク

おすすめの作品がいっぱい!鮎川哲也賞とは!? 

鮎川哲也賞,おすすめ

鮎川哲也賞とは東京創元社によって運営されている、新人向けの公募の文学賞を指します。対象となる作品が「創意と情熱溢れる鮮烈な推理長編」なのが特徴です。1990年から毎年実施されていて、正賞はコナン・ドイル像、賞金は印税全額です。

2021年最新の鮎川哲也賞受賞作品

『五色の殺人者』


~内容~

高齢者介護施設・あずき荘で働く、新米女性介護士のメイこと明治瑞希(めいじみずき)はある日、利用者の撲殺死体を発見する。逃走する犯人と思しき人物を目撃したのは五人。しかし、犯人の服の色についての証言は「赤」「緑」「白」「黒」「青」と、なぜかバラバラの五通りだった!ありえない証言に加え、見つからない凶器の謎もあり、捜査は難航する。そんな中、メイの同僚・ハルが片思いしている青年が、最有力容疑者として浮上したことが判明。メイはハルに泣きつかれ、ミステリ好きの素人探偵として、彼の無実を証明しようと奮闘するが…。不可能犯罪の真相は、切れ味鋭いロジックで鮮やかに明かされる!選考委員の満場一致で決定した、第30回鮎川哲也賞受賞作。

(Amazonより)

価格 1760円
ジャンル ミステリー小説
著者 千田 理緒
ページ数 246ページ

鮎川哲也賞受賞作品のおすすめランキング

10位:Bハナブサへようこそ


~内容~

僕―中央―は、大学院に通いながら、元世界チャンプ・英雄一郎先生が経営する、良く言えばレトロな「ビリヤードハナブサ」でアルバイトをしている。ビリヤードは奥が深く、理論的なゲームだ。そのせいか、常連客たちはいつも議論しながらプレーしている。いや、最近はプレーそっちのけで各人が巻き込まれた事件について議論していることもしばしばだ。今も、常連客の一人が会社で起きた不審死の話を始めてしまった。いいのかな、球を撞いてくれないと店の売り上げにならないのだが。気を揉みながらみんなの推理に耳を傾けていると、僕にある閃きが…。この店には今日もまた不思議な事件が持ち込まれ、推理談義に花が咲く―。事件解決の鍵はビリヤードにあり。安楽椅子探偵、中央のデビュー戦。第24回鮎川哲也賞受賞作。

(「BOOK」データベースより)

価格 5413円
ジャンル ミステリー小説
出版社 東京創元社
著者 内山 純
ページ数 320ページ
口コミ
口コミ

“鮎川哲也賞受賞作だけあって、本格的なトリックミステリーなのですが、後味はあくまでも爽やかで軽い。
話のテンポが良く、トリックの謎解きを、登場人物達と競争しながら、解いていくような気分になります。
新人作家さんらしい初々しさもあり、鮎川哲也賞審査員の北村薫さんの言葉にあるように『品性』もある、心地よい作品です。
amazon.co.jpより

9位:時空旅行者の砂時計


~内容~

瀕死の妻のために謎の声に従い、二〇一八年から一九六〇年にタイムトラベルした主人公・加茂。妻の先祖・竜泉家の人々が殺害され、後に起こった土砂崩れで一族のほとんどが亡くなった「死野の惨劇」の真相の解明が、彼女の命を救うことに繋がるという。タイムリミットは、土砂崩れがすべてを呑み込むまでの四日間。閉ざされた館の中で起こる不可能犯罪の真犯人を暴き、加茂は二〇一八年に戻ることができるのか!?“令和のアルフレッド・ベスター”による、SF設定を本格ミステリに盛り込んだ、第二十九回鮎川哲也賞受賞作。

(「BOOK」データベースより)

価格 1870円
ジャンル ミステリー小説
出版社 東京創元社
著者 方丈 貴恵
ページ数 313ページ
口コミ
口コミ

“ 始めは横溝正史の金田一耕助シリーズの様なおどろおどろしい怪奇ミステリーの味わいでスタート。別荘で繰り広げられる連続猟奇殺人事件である。主人公は2018年の現在から1960年にタイムトラベルした雑誌ライターで、何故彼が主人公になったのかの理由や、タイムマシンである砂時計のメカニズム、マイスター・ホラーの謎・・・等々SFというよりファンタジーに近いという印象。

ところが、物語がスタートすると俄然本格ミステリー色の濃いものになる。一行進めば登場人物を確認したり、また一行読んでは家系図や別荘の見取り図を参考にしたりで、なかなか前進できない。これも本格推理の楽しさなのかもしれない。と同時にファンタジーからダイナミックにSFっぽくなる。例えばタイムトラベル上の各種規制をくぐり抜けながらも密室殺人(或いは不可能犯罪)が成立する。ミステリーファンやSFファンの問題解決欲求をいやが上にも刺激する。

241ページ。必要な全ての条件が整った上で、読者への挑戦状が提示される。読者はSF的シチュエーションを理解しながら推理しなければならない。
SF/タイムパラドックス+本格ミステリーの醍醐味を十分に堪能できる作品です。
amazon.co.jpより

8位:海賊丸漂着異聞


~内容~

時は幕末の動乱期。御蔵島にアメリカの商船が漂着した。島民はやむなく異人たちの上陸を許可するが、その処遇に島の上役らは頭を抱える。時同じくして島内で起きた事件の始末もあり、難題絶えぬ中、やがて各集団で怪死や失踪が相次ぐ…。事態の打開に腐心する若き指導者の前に現れたのは、かのジョン・万次郎だった。時代小説とミステリの妙味が融合した第七回鮎川哲也賞受賞作。

(「BOOK」データベースより)

価格 693円
ジャンル 時代小説
出版社 東京創元社
著者 満坂 太郎
ページ数 263ページ
口コミ
口コミ

“ 1996年に出た単行本の文庫化。
第7回鮎川哲也賞の受賞作。著者はシナリオライターとして文筆業に携わっていた人物のようで、文章もしっかりしているし、構成もうまい。
1863年にアメリカの商船バイキング号が、伊豆七島のひとつである御蔵島に漂着した事件を題材とした歴史ミステリ。事件の詳細はもちろん、島の文化や地形なども良く調べられており、足腰のしっかりした時代物に仕上がっている。主人公の成長物語としても面白い。
ただ、ミステリとしては物足りない。トリック、探偵ともにいまいちだし、解決のカタルシスにも欠ける。このひとは時代小説に転向した方が良いのではないかと思った。ちょっと検索してみると、本作以降は『榎本武揚―幕末・明治、二度輝いた男』PHP研究所,1997年や『真説 仕立屋銀次』光文社,2001年、を手がけているようだ。賢明な選択だろう。
amazon.co.jpより

7位:鬼に捧げる夜想曲


~内容~

―昭和二十一年三月十七日。乙文明は九州大分の沖合に浮かぶ満月島を目指して船中にあった。鬼角島の異名を持つこの孤島には、戦友神坂将吾がいる。明日は若き網元の当主たる将吾の祝言なのだ。輿入れするのは寺の住職三科光善の養女優子。祝言は午後七時に始まり、午前一時から山頂に建つ寺で浄めの儀式があるという。翌朝早く、神坂家に急を告げる和尚。駆けつけた乙文が境内の祈祷所で見たものは、惨たらしく朱に染まった花嫁花婿の姿であった…。―この事件に挑むのは、大分県警察部の兵堂善次郎警部補、そして名探偵藤枝孝之助。藤枝が指摘する驚愕のからくりとは?続発する怪死、更には十九年前の失踪事件をも包含する真相が暴かれるとき、満月島は震撼する。第十四回鮎川哲也賞受賞作。

(「BOOK」データベースより)

価格 879円
ジャンル ミステリー小説
出版社 東京創元社
著者 神津 慶次朗
ページ数 297ページ
口コミ
口コミ

“巷では同時受賞のもう一作のほうが評価が高いようだが、どちらか一方を選べと言われたら私はこちらに点を入れます。
これが正賞受賞に値するか?と問われれば正直答えに窮するが、京極風の「長大で、圧倒的な」モノに恋焦がれ、それを目指したであろう若い作者の「やんちゃ」ぶりは新人らしく好感が持てるし、結果は力及ばずといったところだが、最近の鮎川賞の中では面白いほうだった。
良くも悪くも「年齢」が評価の際の最大要因になってしまうのがツライところだが、じっくり時間をかけて精進してほしいと思います。
amazon.co.jpより

6位:眼鏡屋は消えた


~内容~

部室で目覚めると、8年間の記憶が失われ高校時代に逆戻り。どうやら母校で教師をしているらしい。おまけに親友の実綺が高二の文化祭前に亡くなっているなんて!?二人で『眼鏡屋は消えた』を上演するべく奮闘していたのに。あたしは最も苦手としていた、イケメンの元同級生・戸川涼介とともに真相を探る決意をしたが…。ハイテンションな筆致で贈る、第21回鮎川哲也賞受賞作。

(「BOOK」データベースより)

価格 804円
ジャンル ミステリー小説
出版社 東京創元社
著者 山田 彩人
ページ数 397ページ
口コミ
口コミ

“とっても読みやすくって、面白い!
そして、表紙が魅力的であること。
これは、かなり重要ですよ。
いわゆるジャケ買いってやつです。(某ディナーの…がまさにそれ?)
で、読んでみると読みやすい上に作品世界に引き込まれていく。
主人公の千絵と涼介のコンビも魅力的。
以上が良かった点。
ただ、読み始めてまもなくオチがわかってしまったのが…。
ラストの驚きが半減してしまった点は残念でした。
そして、選考委員も指摘しているのですが推理ではなく推論が繰り返されている点。
そこが惜しいと思った点でもあります。
しかし、それでも魅力的な作品には間違いありません。
読んで損はないと思います。

個人的には、是非このコンビで続編を書いていただきたいのです。
千絵の語り口と涼介の推理は一作だけではもったいないですよ。
amazon.co.jpより

5位:千年の黙 異本源氏物語


~内容~

帝ご寵愛の猫はどこへ消えた?出産のため宮中を退出する中宮定子に同行した猫は、清少納言が牛車に繋いでおいたにもかかわらず、いつの間にか消え失せていた。帝を虜り左大臣藤原道長は大捜索の指令を出すが―。気鋭が紫式部を探偵役に据え、平安の世に生きる女性たち、そして彼女たちを取り巻く謎とその解決を鮮やかに描き上げた絢爛たる王朝推理絵巻。鮎川哲也賞受賞作。

(「BOOK」データベースより)

価格 1100円
ジャンル 時代小説
出版社 東京創元社
著者 森谷 明子
ページ数 480ページ
口コミ
口コミ

“『源氏物語』を執筆中の紫式部が、宮中の謎をとく連作です。
第一部「上にさぶらふ御猫」は定子中宮さまの猫が行方不明になった背景を探るもので、当時の風習や政治権力のバランスなどを縫いながらの謎解きで、あてきという女童の視線が、物語を生き生きさせています。童子岩丸とのほのかな初恋も含めて、この部分は文体も、荻原規子さんの古代ファンタジーの風合いを感じます。

けれど小説として凄いと思ったのは、つづく「かかやく日の宮」の部分です。源氏物語中のこのタイトルの巻が行方不明になった(実際に現存していない)、という事件ですが、彰子中宮の入内にまつわる世の中の政治のからくりの非情さとともに、それに押しつぶされまいと、作家の自覚を固める式部の人間像が心を打ちます。物語が宮中で人気を博し、手写本がつぎつぎと出回ってゆく、現代とは全くちがった文学事情の中で、式部は「物語が愛される、そして伝わってゆく(あるいは改変される)とはどういうことか」を思い、慄然とするとともに、物語に寄せる人々の思いをあだやおろそかにうけとめてはいけない、と考えます。

さらに、物語とは耳障りよく愛されるべきか、それともそれに(政治的な思惑ふくめ)逆らってまで真実を書き留めたいのか、とも。

そうして最後の第三部「雲隠」では、式部のこの覚悟が、「かかやく日の宮」の巻を紛失せしめた犯人にみごとなしっぺ返しを・・・
しかも、これで終わりかと思うと、最後にさらにどんでん返しがあり、式部の幼い娘が知らずにはたした役割など伏線が鮮やかに回収されます。
これはあくまでミステリなのですが、千年ののちまで伝わってきた『源氏物語』への大きな大きなオマージュと思い入れで幕を閉じます。深い余韻が残りました。

『源氏物語』の異本と銘打つだけあって、『源氏』を好きな人には、当時の宮中の読者の熱い反応などこたえられない楽しみがありますし、式部によりそって、物語について深く考えてゆく、そうした物語論としての楽しみも大きいです。
(解説にも『源氏物語』はいまでこそアカデミックな作品になっているが、当時の宮中の女たちにもてはやされた作り物語で、同人誌のようなものでもあった、という言葉がありますが、その側面にも切り込んでくれたミステリとして、興趣は尽きません。)
amazon.co.jpより

4位:体育館の殺人


~内容~

風ヶ丘高校の旧体育館で、放課後、放送部の少年が刺殺された。密室状態の体育館にいた唯一の人物、女子卓球部部長の犯行だと警察は決めてかかる。卓球部員・柚乃は、部長を救うために、学内一の天才と呼ばれている裏染天馬に真相の解明を頼んだ。アニメオタクの駄目人間に―。“平成のエラリー・クイーン”が、大幅改稿で読者に贈る、第22回鮎川哲也賞受賞作。待望の文庫化。 –このテキストは、paperback_bunko版に関連付けられています。

(「BOOK」データベースより)

価格 858円
ジャンル ミステリー小説
出版社 東京創元社
著者 青崎 有吾
ページ数 379ページ
口コミ
口コミ

“正統派のトリックと明快な解説。
ワトソン君が集めてきた情報を的確に分析して、最後の謎解きを迎えます。
探偵役のキャラはたつけど嫌みなほどではないですし、浮世離れしてるけど、現実とは程遠いという訳でもありません。今までにないタイプの探偵で立ち居振舞いが面白いです。
謎解きから大団円まで読後感が良かったです。またこの著者の本を買ってみようと思わされました。
amazon.co.jpより

3位:午前零時のサンドリヨン


~内容~

ポチこと須川くんが一目惚れしたクラスメイトの女の子、不思議な雰囲気を纏う酉乃初は、凄腕のマジシャンだった。放課後にレストラン・バー『サンドリヨン』で腕を磨く彼女は、学内の謎を抜群のマジックテクニックを駆使して解いていく。それなのに、人間関係には臆病で心を閉ざしがち。須川くんは酉乃との距離を縮められるのか―。“ボーイ・ミーツ・ガール”ミステリの決定版。第19回鮎川哲也賞受賞作。

(「BOOK」データベースより)

価格 836円
ジャンル ミステリー小説
出版社 東京創元社
著者 相沢 沙呼
ページ数 386ページ
口コミ
口コミ

“自分が読んだ中ではかなり面白い方でした。
最後まで読むにあたって、苦痛になる様な時はありませんでした。
意外と緻密に伏線が張られており、見応えのある内容になっていると思います。
マジックなどの豆知識も豊富に盛られており、マジックとミステリ好きの自分には最高の一冊でした。
amazon.co.jpより

2位:探偵は教室にいない


~内容~

わたし、海砂真史には、ちょっと変わった幼馴染みがいる。幼稚園の頃から妙に大人びていて頭の切れる子供だった彼とは、別々の小学校に入って以来、長いこと会っていなかった。変わった子だと思っていたけど、中学生になってからは、どういう理由からか学校にもあまり行っていないらしい。しかし、ある日わたしの許に届いた差出人不明のラブレターをめぐって、わたしと彼―鳥飼歩は、九年ぶりに再会を果たす。日々のなかで出会うささやかな謎を通して、少年少女が新たな扉を開く瞬間を切り取った四つの物語。青春ミステリの新たな書き手の登場に、選考委員が満場一致で推した第28回鮎川哲也賞受賞作。

(「BOOK」データベースより)

価格 1650円
ジャンル ミステリー小説
出版社 東京創元社
著者 川澄 浩平
ページ数 224ページ
口コミ
口コミ

“ミステリーでありながらとても爽やかな作品。さらっと読ませていただきました。
タイトル通り学園物で、アームチェア系です。
大きな事件、難解な謎。その類を求めている方にはお勧めできませんが、奇抜な舞台装置や特異な設定に頼らず、中学生の少年少女達の日常と、彼らがそこで起きる(大人にとっては)小さな謎に立ち向かう様がとても好ましく、丁寧に描かれているように感じました。
舞台となった北海道も、いい味を出しているように思います。
鮎川哲也賞の過去の受賞作とは趣は異なりますが、楽しませて頂きました。
amazon.co.jpより

1位:屍人荘の殺人


~内容~

神紅大学ミステリ愛好会の葉村譲と明智恭介は、曰くつきの映研の夏合宿に参加するため、同じ大学の探偵少女、剣崎比留子とペンション紫湛荘を訪れる。しかし想像だにしなかった事態に見舞われ、一同は籠城を余儀なくされた。緊張と混乱の夜が明け、部員の一人が密室で惨殺死体となって発見される。それは連続殺人の幕開けだった!奇想と謎解きの驚異の融合。衝撃のデビュー作!

(「BOOK」データベースより)

価格 814円
ジャンル ミステリー小説
出版社 東京創元社
著者 今村 昌弘
ページ数 381ページ
口コミ
口コミ

“まだ事件前の部分ジャンプで漫画化されててそれ見て本編も読みました。ミステリーは学生のころ金田一とかコナンくらいしか触れてないライト勢です。ミステリーの基本用語考え方を登場人物が語ってくれたり事件の前に登場人物をおさらいして覚え方を語ってくれる等親切設計。kindleはページ飛びしにくいので前の登場人物表に飛ばなくていいのがありがたかった。
読者への配慮をこめつつストーリーもミステリーとしても作者のアイディアが詰め込まれていて非常に面白かったです。娯楽作品としてはハリウッドが動いてもおかしくないと思いました
amazon.co.jpより

鮎川哲也賞以外のおすすめの作品賞は?

直木賞

直木賞は、大衆文学に贈られる賞で日本で有名な賞の一つと言えるでしょう。娯楽性の高い面白い本が受賞される傾向があります。娯楽性の高い小説や本当に面白い小説を読みたい方はこの賞の受賞作を手に取ってみると良いでしょう。

【2021年最新】直木賞受賞作品のおすすめランキング15選!芥川賞との違いや特徴まで!
【最新版】直木賞受賞作品のおすすめ人気比較ランキングトップ15です。各直木賞受賞作品のあらすじから芥川賞との違いや特徴までを徹底的にご紹介!みんなが選んだおすすめの直木賞受賞作品をあなたにお届けします。

芥川賞 

芥川賞は純文学を対象にした文学賞で、直木賞と並び日本で最も有名な賞といえるでしょう。

芸術性や文章の美しさなどが審査の対象になります。純文学が好きな方や小説に芸術性を求める方は芥川賞受賞作品を読むのをおすすめします。

【2021年最新】芥川賞受賞作品のおすすめランキング20選!直木賞との違いや特徴まで!
【最新版】芥川賞受賞作品のおすすめ人気比較ランキングトップ20です。各芥川賞受賞作品のあらすじから直木賞との違いや特徴までを徹底的にご紹介!みんなが選んだおすすめの芥川賞受賞作品をあなたにお届けします。

江戸川乱歩賞 

江戸川乱歩賞はミステリー小説や推理小説などを対象とした賞です。ミステリー好きな方や意外性を求める方におすすめです。また、受賞後のサポートがしっかりしているのもこの賞の特徴と言えるので、気に入った作品があったら、その作家さんの他の作品を取って見るのもいいでしょう。

【2021年最新】江戸川乱歩賞受賞作品のおすすめランキング25選!特徴や歴史まで!
【最新版】江戸川乱歩賞受賞作品のおすすめ人気比較ランキングトップ25です。各江戸川乱歩賞受賞作品のあらすじや価格情報からクチコミやレビューまでを徹底的にランキング形式でご紹介!みんなが選んだおすすめの江戸川乱歩賞受賞作品をあなたにお届けします。

本屋大賞 

本屋さんの書店員だけが投票して選ばれる賞です。本屋さんが選ぶ作品ですので有名無名にかかわらず、本当に面白い小説が選ばれることが多いです。作品選びに失敗したくない方や作品世界に引き込まれたい方におすすめです。

【2021年最新】本屋大賞受賞作品のおすすめランキング15選!特徴や歴史まで!
【最新版】本屋大賞受賞作品のおすすめ人気比較ランキングトップ15です。各本屋大賞受賞作品のあらすじや価格情報からクチコミやレビューまでを徹底的にランキング形式でご紹介!みんなが選んだおすすめの本屋大賞受賞作品をあなたにお届けします。

星新一賞 

SFなどの「理系文学」を対象にした賞です。星新一さんがショートショートの名手だったこともあり、短編やショートショートが対象になります。SF小説が好きな方はもちろんですが、短編で読みやすいので読書慣れしていない方や読書の時間があまり取れない方におすすめです。

【2021年最新】星新一の小説のおすすめ人気比較ランキング20選
【最新版】星新一の小説のおすすめ人気比較ランキングトップ20です。各星新一の小説のあらすじや価格情報からクチコミやレビューまでを徹底的にランキング形式でご紹介!みんなが選んだおすすめの星新一の小説をあなたにお届けします。

日本SF大賞

日本SF大賞は、1980年に日本SF作家クラブが設立した文学賞です。SFジャンルの中で、プロの作家がプロの作品を選ぶ形式の賞では初めてで、小説以外にも漫画やノンフィクションなども受賞しているのが特徴です。

【2021年最新】日本SF大賞受賞作品のおすすめランキング10選
【最新版】日本SF大賞受賞作品のおすすめ人気比較ランキングトップ10です。各日本SF大賞受賞作品のあらすじから特徴、価格までを徹底的にご紹介!みんなが選んだおすすめの日本SF大賞受賞作品をあなたにお届けします。

すばる文学賞

「すばる文学賞」とは集英社主催の純文学の公募新人文学賞で、エンターテメイト性を兼ね備えた作品が選ばれることが多いのが特徴です。芥川賞の候補にも挙がる文学賞でもあり、注目度の高い文学賞の一つと言えるでしょう。ストーリー重視の純文学を読みたい方におすすめの賞です。

【2021年最新】すばる文学賞受賞作品のおすすめランキング10選
【最新版】すばる文学賞受賞作品のおすすめ人気比較ランキングトップ10です。各すばる文学賞受賞作品のあらすじから特徴、価格までを徹底的にご紹介!みんなが選んだおすすめのすばる文学賞受賞作品をあなたにお届けします。

山本周五郎賞

「山本周五郎賞」は三島由紀夫賞と同時に1988年に創設されました。昭和期に大衆文学や時代歴史小説で有名な山本周五郎にちなんで、目を見張るような物語性を有する小説に贈られる文学賞です。一般には「山本賞」や「山周賞」などと呼ばれています。

【2021年最新】山本周五郎賞受賞作品のおすすめランキング10選
【最新版】山本周五郎賞受賞作品のおすすめ人気比較ランキングトップ10です。各山本周五郎賞受賞作品のあらすじから特徴、価格までを徹底的にご紹介!みんなが選んだおすすめの山本周五郎賞受賞作品をあなたにお届けします。

日本ファンタジーノベル大賞

日本ファンタジーノベル大賞は1989年に創設された、未発表の創作ファンタジー小説を対象とした、プロ・アマを問わない公募型の文学賞です。 日本ファンタジーノベル大賞を受賞した作品は、新潮社から刊行されるのが特徴で、受賞作の中にはアニメ化された作品もあります。

【2021年最新】日本ファンタジーノベル大賞のおすすめランキング10選
【最新版】日本ファンタジーノベル大賞受賞作品のおすすめ人気比較ランキングトップ10です。各日本ファンタジーノベル大賞受賞作品のあらすじから特徴、価格までを徹底的にご紹介!みんなが選んだおすすめの日本ファンタジーノベル大賞受賞作品をあなたにお届けします。

日本ホラー小説大賞

日本ホラー小説大賞とは、株式会社KADOKAWAと一般財団法人角川文化振興財団が主催していた日本の公募新人文学賞です。1994年から2018年まで続いた文学賞で、『同じ時代を生きている全ての読者と、恐怖を通して人間の闇と光を描こうとする才能豊かな書き手のために』をコンセプトとしているのが特徴です。

【2021年最新】日本ホラー小説大賞受賞作品のおすすめランキング10選
【最新版】日本ホラー小説大賞受賞作品のおすすめ人気比較ランキングトップ10です。各日本ホラー小説大賞受賞作品のあらすじから特徴、価格までを徹底的にご紹介!みんなが選んだおすすめの日本ホラー小説大賞受賞作品をあなたにお届けします。

鮎川哲也賞のおすすめまとめ

鮎川哲也賞,おすすめ,まとめ

ここまでおすすめの鮎川哲也賞受賞作品やその他の文学賞を紹介してきましたがいかがでしたか。この記事がみなさんの小説選びの一助になっていれば幸いです。みなさんの読書生活がよりよいものになることを切に願っております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました